So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、芸術」篇。2017年3月1日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、芸術」篇。

「猫、芸術」

建築」が
第1芸術なり
「彫刻」が
第2芸術なり
絵画」が
第3芸術なり
音楽」が
第4芸術なり
「詩」が
第5芸術なり
「演劇」あるいは「写真」が
第6芸術なり
そして
映画」が
第7芸術なり

・・・・・・

ぼくの素敵なネコは
すべての芸術を
統合した存在さ!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●「オルト・ライト」マイロ・ヤノプルスの「小児性愛」発言。2017年2月28日 [「言葉」による革命]

※2017年5月15日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「言葉の戦士」訓練&「真の恋愛講座」~「オルト・ライト」マイロ・ヤノプルスの「小児性愛」発言

「オルト・ライト」に関するニュースとしてこの2月に(とても悪い意味で)注目を浴びたのは、マイロ・ヤノプルスの「小児性愛」発言です。
マイロ・ヤノプルスとは「トランプ大統領を操る男」とも称されるステイーブン・バノンの存在で米国以外でもか有名になった保守系メディアブライトバイト・ニュース」のシニアエディター。
この人物が小児性愛を容認していると受け取れる発言をして、予定されていた出版の計画が中止になるなど、大きな批判を浴びています。
この件について今回はこれ以上言及しないけれど、オルト・ライト運動の中心人物の一人と目されるリチャード・バートランド・スペンサーなどを見て感じるのは、

「極めて危険な幼児性」です。

オルト・ライトなど、「今までとまったく異なる時代に入った」とされる世界情勢については、当メルマガ、そしてメインブログで適宜お話していきます。

(続きは有料メルマガでお願いします)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。

nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「スポーツ美学論」~冷戦時代のモスクワ、ロス五輪、ルーマニアのアウレリア・ドブレとダニエラ・シリバシュ。2017年2月28日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「スポーツ美学論」~冷戦時代のモスクワ、ロス五輪、ルーマニアのアウレリア・ドブレとダニエラ・シリバシュ。

ロス五輪と言えば、ソ連と大方の東欧共産圏がボイコットした大会です。そんな中でルーマニアが参加してきたんですね。
これも本当に、まだ耳に聞こえてくる。テレビを通じての音声だったけれど、ロスの大歓声。

ロス五輪にソ連主導で東欧共産圏ほとんどが不参加を決めたのは、その4年前のモスクワ五輪の際に米国主導で多くの西側諸国が不参加だった報復でした。
ソ連のアフガン侵攻に反発して米国はじめ多くの国々がモスクワ五輪をボイコットしてのでしたね。
今や懐かしき冷戦時代のお話です。
モスクワ五輪ボイコットに(米国の言いなり)日本も同調し、物議を醸したものです。

ロス五輪当時、ルーマニアは長きに渡るチャウシェスク政権でしたが、かねてからソ連に対しても独自路線を取っている国という評価があり、ロス五輪に参加したもので、「ルーマニアは違う!」「チャウシェスクは違う!」と称賛した人たちもいたけれど、実はルーマニアも極めて過酷な共産主義独裁国家、「チャウシェスク王朝国家」だったことは、「ルーマニア革命」前後に世界中が知るところとなりました。

ソウル五輪は1988年でしたね。
ルーマニア女子はアウレリア・ドブレ、ダニエラ・シリバシュという魅力的な2大エースを中心としたチームでした。
立ち塞がったのはソ連女子。
エレーナ・シュシュノワ、スヴェトラーナ・ボギンスカヤら個性的なアスリートを擁したソ連女子は団体で優勝。
さらに熾烈だったのが女子個人だったのですが、それはまた後日のお話にしましょう。

冷戦自体のことを最早「歴史授業」でしか知らない人も多くなっていると思いますが、共産圏に住んでなかったから言える言葉だけれど、「ある種のロマンティシズム」が世界を覆っていた時代でもありました。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年2月28日 [愛の景色]

(君のすべてへの愛)

最高級の宝石だけでできた
あの星よりも
君の
愛しさの確信を!

nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

末尾ルコ詩D「猫、愛」篇。末尾ルコ「遠藤周作『沈黙』だけでなく、アメリカやフランスで映画化されてほしい日本の小説は多い」。 [吉高由里子]

★「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★ 「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
★ 「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

●末尾ルコ詩D「猫、愛」篇。

「猫、愛」

まずは自らの心を鍛えよ
磨け 休むな
その上で世界を見よ
愛を想え



・・・・・・

ぼくの素敵なネコこそ
純粋で深い
唯一の


(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

●末尾ルコ「遠藤周作『沈黙』だけでなく、アメリカフランス映画化されてほしい日本の小説は多い」

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン

遠藤周作の『沈黙』は間違いなく日本文学史上における「凄まじい小説」の一つで、「カトリック信仰」という一般の日本人とは掛け離れた精神活動を日本語によって、しかも一般の日本人にも理解しやすい作品として完成させているのは驚異としか言いようがない。
『沈黙』は篠田正浩監督によっても映画化されているが、日本映画の場合どうしても予算や撮影期間などに限度があり、もちろんかつての黒澤明、溝口健二作品などは例外だが、どうしてもスケール感に乏しい作品となる。
その分、表現に先鋭性を持たせたりして補うわけで、上手くいけば素晴らしく刺激的な映画ができるけれど、やはり素晴らしい小説を、予算も時間もじっくりかけた映画も観たい。
そこへマーティン・スコセッシの『沈黙 サイレンス』だ。
やはり違う。
日本人監督が日本で撮った映画とはまったく違う。
ある意味複雑な気持ちにはなる。

[スペード]マスメディアの操作」と「日本人の弱さ」によって膨張した人気者たちは、もちろん本物ではないし、「スター」でもありません。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -