So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

末尾ルコ詩D「猫、素敵」篇。末尾ルコ「今、一番好きな女優、サラ・ガドン論、その美、話し方」その3。~その代表作、あるいはアリシア・ヴィキャンデルの。 [吉高由里子]

★「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★ 「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
★ 「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
? その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ詩D「猫、素敵」篇。

「猫、素敵」

困難
苦悩
懊悩
ああ、
素敵!

・・・・・・

ぼくの素敵なネコのために
これらをすべて
素敵に変化(へんげ)させる!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

●末尾ルコ「今、一番好きな女優、サラ・ガドン論、その美、話し方」その3。~その代表作、あるいはアリシア・ヴィキャンデルの。

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン

さて、サラ・ガドンの代表作は何だろう。
ある俳優や歌手、ミュージシャンなどのファンになったら、

「代表作は何か?」

という視点を持ちましょう。
それは別に変わってもいいのです。
でもいつも持ちましょう。

サラ・ガドンの代表作は?

しかしその前に同世代の、既にオスカー獲得者であるアリシア・ヴィキャンデルの代表作について考えてみよう。
まずすぐに思い出すのは、ヴィキャンデルがオスカー助演女優賞を獲得した

『リリーのすべて』

そして美しく神秘的なガノノイドを演じた

『エクス・マキナ』

・・・・・・この2本だけでも大変なキャリアである。

が、わたしはアリシア・ヴィキャンデルの代表作として、スウェーデン時代に主演した、

『ピュア 純潔』を挙げる。

この映画のヴィキャンデルは正しく
映画主演女優の名に相応しい、ものの見事な「存在」として鑑賞者を魅了する。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●「悪徳のレシピ、あるいはマルキ・ド・サドも吃驚か」~「竹輪の悪徳レシピ」篇。その1 [「言葉」による革命]

●「悪徳のレシピ、あるいはマルキ・ド・サドも吃驚か」~「竹輪の悪徳レシピ」篇。その1

末尾ルコ「食の話題で知性と感性を鍛えるレッスン

高知スーパーに行けば、練り物のコーナーが充実している。
各地のスーパーに訪問して調査したわけではないから比較はできないが、高知のスーパーには竹輪、蒲鉾、す巻きなどが、(これがあなたのソウルフードよ!)とばかりに並んでいる。
中でも最も日常に近しい練り物はまぎれもなく竹輪だ。
竹輪のね
 ハマナスの佐渡
  夕べ笛

と、丘みどりの「佐渡の夕笛」にちなんだ出鱈目短歌も捻り出てくるほど近しいのが竹輪である。

へ、てやんでえ、べらぼうめえ!!
へへ、この竹輪さんよう!
ンナロー、と来たもんだ!

と、さらに出鱈目短歌、
いや、これは出鱈目啖呵だったねえ~。

というわけで、

竹輪である。

しかし竹輪といっても販売されているものによってクオリティはけっこう違う。
だいたいが価格に比例していると言って差し支えないけれど、クオリティの高い竹輪は、

・歯応えがしっかりしている
・ジューシーで味わい深い
・魚感が十分にある

などの特徴がある。
「ジューシー」と言っても、噛んでじゅわあと魚スープが溢れるとか、そこまでのジューシーではなくて、もっと穏やかな、そう、「ジューシー感」とでも言うべき味わいである。
(つづく)

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、マルコム」篇。2017年4月29日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、マルコム」篇。

「猫、マルコム」

キング牧師と
マルコムXの関係
マルコムXと
ブラックパンサーの関係
ブラックパンサーと
カーマイケルの関係
あるいは
ジーン・セーバーグ

・・・・・・

ぼくと
ぼくの素敵なネコだけの
世界!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●わたしは見過ごさない [「言葉」による革命]

●わたしは見過ごさない、「愚劣な言葉を使う者たち」を。その者たちは、「言葉を貶めている」だけではなく、「社会」を、そして「人間」をも貶めているのだから。●●●
nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年4月28日 [愛の景色]

(愛なんて、くだらない!)と
虚しさを味わった瞬間から
「真の愛」が始まることも
けっこうあるのですよ。

nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -