So-net無料ブログ作成
検索選択

吉高由里子の映画性と文学性。香椎由宇「赤鼻の先生」と水川あさみ「オルトロスの犬」 [吉高由里子]

吉高由里子は「トンスラ」で作家の役を演じたわけだが、
それは吉高由里子以外にはまったく考えられないほどのはまり役だった。
「トンスラ」の中で描き出された吉高由里子の美しさはまったく「テレビ」の限界を超えたもので、
しかも何度も自殺を試みることが象徴するように、濃厚なタナトスを帯びていた。
そんな吉高由里子の映画性(映像性)とともに、
「作家」の役がまったく自然に見えるのは、吉高由里子自身が豊かに湛えている文学性から来るものに他ならない。

「重力ピエロ」に関して吉高由里子は、「MovieWalker」のインタヴューで
「水面」のようだと語っていた。
それは「透き通った」ものではなく「底は見えない」が「自分の姿」が映っていると説明している。
唖然とするほどのポエティックぶりではないか。
わたしはこんな吉高由里子を退屈な「芸能用語」や「日常語」でのみ語ることを罪とさえ感じている。

さて話題は変わって、7月の新ドラマについてだ。
「赤鼻の先生」の主演は大泉洋と小林聡美。手堅いキャスティングだ。
このような「手堅い」もの、「しっかりとした作りが予想されるもの」は案外化けることがある。
注目は香椎由宇。
これまでは退屈な女優の一人だと見ていたが、ドラマ「名探偵の掟」では実におもしろく使われていた。
あの過度に古典的な顔だとは、いろんな生かし方があると思う。

「オルトロスの犬」の広告写真を見ると、
滝沢秀明・錦戸亮・水川あさみがカッコつけている。
「ここまでカッコつけるのか~」というほどである。
まあ、それはいいとして・・主演の2人がジャニーズというのはあんまりな気もするが、
実は水川あさみには多少注目している。
テレビドラマではつまらない役が多い水川あさみだが、
実は映画ではなかなかいいのだ。
実績を積んできたので、
そろそれテレビドラマでも「まともな」役が与えられるのではないだろうか、と。

そんなわけで、上記2本の初回は観ることにしている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1