So-net無料ブログ作成
検索選択

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「カッコいいタトゥ、ケイン・ヴェラスケスの胸の」。2017年8月2日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「カッコいいタトゥ、ケイン・ヴェラスケスの胸の」。

末尾ルコ「タトゥ論で知性と感性を鍛えるレッスン

ケイン・ヴェラスケスのタトゥもカッコいい。
という話をしたわけだけれど、ケイン・ヴェラスケスはMMAファイターで、ブロック・レスナーを軽々と撃破してUFCへヴィー級チャンピオンになった時には、「最強ヒョードルの後継者だ!」と確信したものだが、初防衛戦でジュニオール・ドス・サントスにあっさり敗退。
リマッチで王座復帰し、アントニオ・シウバを子ども扱い、ドス・サントスとの三度目の対戦も圧倒的な強さを見せて勝利し、「ついに長期政権か!」と思いきや・・・長期政権ではなく、長期欠場だ!
そして長期欠場明けのファブリシオ・ヴェウドゥム戦でチョークスリーパーを食らってタップアウトという醜態。
UFCにどうも芯がない、そんな状態が続いているのはケイン・ヴェラスケスの迷走に大きな因があるとわたしは考えている。
なぜそこまで期待していたのか?
ヴェラスケスには、「王者の風格」があるのだ。
その点も、エメリヤーエンコ・ヒョードルに共通していた。
その風格を醸し出す一つの大きな要素として、「ヴェラスケスのタトゥ」が挙げられる。

ケイン・ヴェラスケスの胸のタトゥ。
鎖骨に添って、やや弓なりの形の装飾文字の英語
クラシックスタイルの装飾文字なので、ラテン語か何かかと思うのだが、よく見れば英語で、「BROWN PRIDE」と記されている。
しかし何よりも、そのデザインやスタイルがケイン・ヴェラスケスに似合っているのだ。

「似合うかどうか」・・・タトゥに限らず、ファッションを考える上で、最重要のポイントだ。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 13

コメント 1

TBM

上位陣の顔ぶれが変わらないUFCヘビー級。
つまらないですよね。
ヴェラスケスの長期政権、見たかったです!
by TBM (2017-08-02 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0