So-net無料ブログ作成

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「映画『GONIN』と『GONINサーガ』、根津甚八の目」。2017年8月7日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画『GONIN』と『GONINサーガ』、根津甚八の目」。

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

2016年夏、WOWOWで石井隆監督の特集をやっていたので久々に『GONIN』を観たけれど、その充実ぶりにあらためて感服した。
『GONIN』を再鑑賞するまえに新作『GONINサーガ』を観たのだけれど、完璧に鑑賞順序を間違えましたな。
『GONIN』で語られた細かいストーリーはかなり忘れていたので、当然ながら、『GONINサーガ』で語られる細かいストーリーをきっちりフォローできなかった。
それでも楽しめたのだけど、『GONINサーガ』も。

石井隆、やはり映像が官能的だ。
鏡面を使った映画らしい画作りも随所に見られ、しかも効果的だし、カメラの移動、ライティングの配分なども間延びすることなく、気分よく鑑賞できる。
しかしけっこう痛感したのが、『GONIN]と『GONINサーガ』のキャストの差。
『GONINサーガ』、東出昌大、桐谷健太、柄本佑ら・・・悪くない。
しかし『GONIN』は、佐藤浩市、根津甚八、本木雅弘、竹中直人、椎名桔平、さらにビートたけしが殺し屋の役で出ている。
この充実ぶり、濃厚さ、肝の据わり方・・・ちょっと『サーガ』のメンバーとは比べられない。
特に現在、残念ながら引退をし、しかし「一作だけ」ということで『サーガ』にも特別出演している根津甚八の目の殺気。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 12

コメント 1

TBM

「サーガ」は観ていないので、観ねば。
by TBM (2017-08-07 18:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0