So-net無料ブログ作成

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「現代日本映画女優概観 小松菜奈の真っ赤な口紅、あるいは有村架純にはどうか?」。2018年1月13日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「現代日本映画女優概観 小松菜奈の真っ赤な口紅、あるいは有村架純にはどうか?」。

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

さて、前回6人の女優を挙げました。

安藤サクラ
深津絵里
二階堂ふみ
有村架純
宮沢りえ

そして、
小松菜奈 です。
(現在、二階堂ふみへのわたしの期待値はぐうっと下がっています)

この女優たちが「真っ赤な口紅」を引く姿を想像してくださいと書きました。
いわば、あなたの心の中で、あなたがこの女優たちの唇に口紅を引くのです。
どうでしたか?
もちろんこの女優たちが作品の中で必ずしも「真っ赤な口紅」を引いているというわけではない。
作品によって演じるキャラクターは違いますから。
そしてわたしは別に、「日本人女性もどんどん真っ赤な口紅を塗るべきだ」と言っているわけでもない。
日本の一御案的社会生活の中で「真っ赤な口紅」というのは普通は浮いてしまいます。
基本的に、「映画女優として」です。
テレビドラマ中心の女優も「真っ赤な口紅」が活躍する可能性はさほどないでしょう。
「日常性」が基本であるテレビドラマにとって、「真っ赤な口紅」は非日常に過ぎるのです。

ところでこれら6人の女優の中で、「真っ赤な口紅」はどうかな、という人もいますね。
有村架純です。
おぼこいイメージのある、そんな顔立ちもしている有村架純だから、普通は「真っ赤な口紅」とはならない。
けれどあの顔立ち、有村架純が「真っ赤な口紅」で退廃的な役を演じたとすれば、それはとてもおもしろい作品になる可能性を秘めています。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0