So-net無料ブログ作成
検索選択

●いりません、フロイド・メイウェザーVSコナー・マクレガー。アントニオ猪木VSモハメッド・アリとは違うのです。 [「言葉」による革命]

●いりません、フロイド・メイウェザーVSコナー・マクレガー。アントニオ猪木VSモハメッド・アリとは違うのです。

末尾ルコ「MMAとプロレスで知性と感性を鍛えるレッスン

フロイド・メイウェザーVSコナー・マクレガーとか、やらなくて構いません。
このカードが実現したところで、メイウェザーに有利なルールでということになるでしょう。
それでもマクレガーが勝つ可能性はあるけれど、どちらにしても、「パンチしか攻撃武器のない」ボクシングが他の格闘技と試合することに最早興味が持てません。
さらに言えば、メイウエザーの試合で動く莫大なファイトマネー
それだけの価値のある、例えばモハメッド・アリやマイク・タイソンらの最盛期なら文句はないけれど、メイウエザーの試合ぶりにそんな価値があるとは思えないのです。
マニー・パッキャオとの「世紀の一戦」も全然おもしろくなかった。

そもそもMMA(総合格闘技)が競技として定着しているこのご時世に、異種格闘技戦とか全然ワクワクしません。
その意味で、アントニオ猪木VSモハメッド・アリはいい時代に実現した。
いまだに謎の多い試合であって、しかし「事前の試合展開打ち合わせが決裂」→「猪木がルールで縛られて、出たとこ勝負の試合になった」という、大雑把に言えばそんな流れが有力説になっています。

それにしてもあの試合、一瞬とはいえ、猪木がアリをグラウンドへ引きずり込むシーンはいまだに戦慄的です。
なにせ相手は、あのモハメッド・アリなのですから。

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 2

いっぷく

猪木の異種格闘技戦は、猪木がグローブしたり、空手着着たりしてないですよね。
その点でもう、プロレス最強とか言っても説得力ないなあという気持ちが当時ありました。
私個人の感想としては、異種格闘技戦といえるかどうかわかりませんが、ドン・レオ・ジョナサンとアントン・ヘーシンクの柔道ジャケットマッチがいちばん印象に残ってますね。
柔道王ヘーシンクが、お互い柔道着を着た(つまり柔道技が出せる)試合で、柔道の心得こそあるが「レスラー」であるジョナサンに負けそうになった……というより、ジョナサンが勝ちを譲ったと思うのですが、レスラーというのは柔道の試合でも、本職の柔道王より強いというシーンにお目にかかれたのは心地よかったですね。
ヘーシンクがレスラーとして短命だったのは、あの試合で、契約した日本テレビだけでなく、ヘーシンク自身が落胆したことがあったからだと思います。
と同時に、当時からジョナサンは、本気出せば強いのに欲がない、人がいい、というようなことをいわれていましたが、ああ本当だなあと思いました。
動画が残ってたら是非またみたい試合ですね。ゴリラ・モンスーン戦はあるようですが、あれは上だけ着た「柔道コスプレマッチ」でしたから、あまり参考になりません(笑)
by いっぷく (2017-03-13 02:33) 

TBM

最近のUFC。対戦カードが微妙?
GSPは復帰して、いきなりタイトル戦となる
予定もあるとか...
それでよいのか? 注目されればよい?

by TBM (2017-03-13 21:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: