So-net無料ブログ作成
検索選択

●「プロ」と「強さ」の意味を考える。「ドン・フライVS高山善廣」をモチーフに。 [「言葉」による革命]

●「プロ」と「強さ」の意味を考える。「ドン・フライVS高山善廣」をモチーフに。

末尾ルコ「格闘技プロレスで知性と感性を鍛えるレッスン


例えば「プライド」が最盛期だった時代の名勝負の一つとされる「ドン・フライVS高山善廣」。
これは試合スタートと同時に両者が互いに片手で相手の頭部をホールドし、もう一方の手でノーガードの顔面を殴り合うムーブで観客を熱狂の坩堝と化した。
が、わたしはこの試合、あまり好きではない。
リアルファイトにしては、「やり過ぎ」なのである。
リアルファイトに対してわたし、そして多くのファンが望むのは、「どちらが強いか」を明確にする試合であって、「ノーガードで殴り合う」ことが「どちらが強いか」と大きく関わるとは思えない。
高山善廣はプロレスラーであって、他にもリアルファイトの試合に挑んだプロレスラーは少なからずいるけれど、高山は最も「観客に見せる」ことを意識していた一人だろう。
ドン・フライの方は言うまでもなく、マーク・コールマンが登場するまでは「UFC最強」だったファイターだけれどとてもプロ意識が強い。
だから高山との試合は「あうん」の呼吸で「観客を沸かせる」殴り合いになったのだろう。
結果はリアルファイトの力ではずっと上のドン・フライ勝利となったが、わたしとしては苦笑いしながら観た試合だった。

ただ、高山のトップロープを大股で跨いでリングインする堂々たる姿はいつも素晴らしく、と言うのは、リアルファイトに挑戦するプロレスラーは試合前からナーバスになっていることが多かったので、あるMMAファイターが高山について「プロレスラーはリングに立つだけで華やかで羨ましい」という意味のコメントをしていたのが印象的だった。

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 15

コメント 2

いっぷく

ドン・フライは少なくともダン・スバーンよりもプロレスができたんでしょうね。
ダン・スバーンは、小川に敗れてNWAをあっさり明け渡しましたが、いくらWCW以降のNWA選手権がオフィスチャンピオンに成り下がったといっても、そりゃないでしょうと思いました。そんなベルトの移動を気にしている私はたぶんかなり時代遅れなのですが、小川は2度も戴冠してるんですよね。
高山善廣は、プロレスラーとしても素晴らしいですね。自分の取ったタイトルのレプリカをその都度作っているんですよね。戴冠をたんなる「仕事」ではなく、栄冠とする姿勢は、ファンと思いを共有できそうな気がします。
ノアに来ながら、すぐにフリーになって総合格闘技に参戦したのは、ノアの烏合の衆とのたたかいだけに、自分の時間を使うのが惜しいと思ったんでしょうね。
ノーフィアー時代、プロレス雑誌の投稿で、高山と大森と浅子が、巡業中の昼食で、チャーシューメンとご飯と餃子を食べていたというのがあったので、それであんな体になれるのかと思い、しばらく真似をしていたことがあります。
by いっぷく (2017-03-21 02:18) 

TBM

UFCでもなく、MMAでもない、
日本のU系の試合だった気もします。
高山選手でしたので。
ドン・フライだからこそ、成立したのでしょうけど。
by TBM (2017-03-21 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: