So-net無料ブログ作成

●大日本プロレス「蛍光灯デスマッチ」の不思議と、かつてプロレスラーは「最強だった」説。 [「言葉」による革命]

●大日本プロレス「蛍光灯デスマッチ」の不思議と、かつてプロレスラーは「最強だった」説。

末尾ルコ「プロレスで知性と感性を鍛えるレッスン」

大日本プロレスという団体では、例えば、

「蛍光灯&剣山デスマッチ」
「超高層ラダー蛍光灯&有刺鉄線四面地獄デスマッチ」

などという企画をやっていて、「蛍光灯」を使ったデスマッチでは当然ながら試合中に蛍光灯が破裂するシーンが続出するのだという。
そういうのを観て「おもしろい」という感覚はわたしにはないし、そもそも大仁田厚の有刺鉄線とそこから派生した数々のデスマッチにもまったく興味を引かれなかった。
そもそもこうした人たちは、「なぜプロレスラーになろうとしたのか」よく分からない。
というのは、わたしも(あくまで)小中学時代だけれど、ほぼ本気でプロレスラーになりたいとトレーニングしていた時期があり、時代が違うと言えばそれまでだけれど、当然「強さ」を求めていたのであり、「強くなって、そんな自分の戦う姿を観客に観てもらいたい」と、これが「プロレスラーになりたい」動機だった。
現在はMMA(総合格闘技)が定着しているから、確かに「セメントならプロレスラーが最強だ!」とは主張できなくなっている。
こう書くと、「プロレスは今も昔もショーなのだから、もともと強いわけないじゃないか」と言い出すわからんちんが出てくるけれど、違うのである。
少なくともへヴィー級のMMAが出現し、定着するまでは、190cm、100㎏を超す巨体で、「打・投・極」すべて使える人類が集まっているのはプロレスしかなかった。
もちろん興行スタイル上、普段の試合は多くが予定調和の世界だけれど、しかしあの巨体であらゆる技が使用可であるという事実は、「本気でやれば、プロレスラーが最強なのでは」との感覚を持たせるに十分な説得力があり、そして事実、他の多くの格闘技とフリールールでやっていれば、プロレスラーが勝っているケースはとても多かったのだと思う。
例えば、モハメッド・アリVSアントニオ猪木にしても、あの「プロレスラーの技のほとんどを禁止されたルール」であっても、せめて「グラウンド状態2分以内ならOK」であったならば、猪木がサブミッションで勝利していただろう。

nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 18

コメント 1

いっぷく

要するに、リングに上がるには、何かオンリーワンが必要だということで、強くなりたいではなく、手っ取り早く目立てばいい、という方向に行ったんでしょうね。多団体(しかもほとんどインディー)時代の弊害だと思います。
試合そのものも痛そうなだけのデスマッチですが、どうも彼らの中には、プロレスラーの報酬とはいえない金額(何千円)でやってる人もいるそうですね。大日本のレスラーの多くは、レスラーズ運輸という別会社の引越し屋さんの「生業」で食べてますよね。
Youtubeにあった動画でグレート小鹿が、「最近の若いやつはタンメンにライスをつけない」とか、意味不明なたとえで食が細いことを嘆いていましたが、そもそもたくさん食べるだけの金をもらってないだろうと思います。
でもそんな彼らにも満足な報酬を払えないのは大日本だけでないようで、全日本プロレスはアジアタッグのベルトを関本&岡林に渡しましたよね。金で折り合えないからしばらくベルトを貸し出したのでしょう。
私が思うに、ひとつの興行で使うレスラーが多すぎますね。しかも、10分ぐらいで終わる試合で8人タッグとか。
枯れ木も山の賑わい状態です。人数減らせば、一人あたりの報酬も上がるし、試合に出られるレスラーが絞られるので、狭き門になるだけレベルアップするかもという期待もあるのですが、そうならないのは、今は弱小劇団と同じで、レスラーにもチケットのノルマがあるので、ひとりのレスラーではたくさんのチケットをさばけず、いきおい、たくさんのレスラーで少しずつチケットをさばくしかなく、そのレスラーたちみんなの試合を組む、そのため報酬も以前とはケタ一つ少ない、ということではなかろうかと推理しています。

ハンセンの全日登場は、色々いわれていますが、ファンクスに対する恩讐が一番ではないかなと思います。自分で引導を渡したかったのでしょう。とくに、ドリーに冷遇されて、厳しいテリトリーで仕事をさせられたらしいですから。馬場に対する唯一の批判点は、ファンクスをエースにしていたことでしたから。事実、ファンクスが人気絶頂の頃が、実は全日本が一番お客が入っていない頃だったんですよね。
by いっぷく (2017-04-20 00:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0