So-net無料ブログ作成
検索選択

●決定!か?末尾ルコ版「凄いプロレスラー&格闘家トップ6」!! [「言葉」による革命]

●決定!か?末尾ルコ版「凄いプロレスラー&格闘家トップ6」!!

末尾ルコ「プロレス格闘技で知性と感性を鍛えるレッスン


なんてこったい!
一体これでいいのか?

というのが正直な感想である。

何がって?わたしがプロレスファンになって以来の「わたしの凄いプロレスラー&格闘家トップ6」を並べてみた時に受けたある種の衝撃である。
もちろん(なかなかおもしろいレスラーじゃねえか)とか(こいつはちいとばかし見どころありだぜ)とかいう対象であればかなり多く挙げられるのだが、「魅了された」となると次の6人に絞られる。

ザ・デストロイヤー(知った時は、既に日本勢の味方 笑)
ハーリー・レイス
アントニオ猪木
ヴォルク・ハン
エメリヤーエンコ・ヒョードル
ロンダ・ラウジー

どうです?
各時代の超メジャーばかりじゃないですか!
しかし「ちょっと好きだった」とかでなく、「身も世もなく熱狂した」となると、この6人なのですわ。
しかしこのあまりのメジャーさ。
やはり長年プロレス安堵、いや&格闘技を愛してきた者としては、名前を挙げて、「え?それ誰でしたっけ?」と言われるような選手も混ぜて「通」ぶりたかったところだけれど、この「誰でも知ってる王道路線」ってどうなのだろう。
まあでもこれが現実だ。
わたしのプロレス&格闘技思考はここに立脚して発展させていかねばならないのだ、とあらためて気合いを入れている次第である。
雄!いや、押忍!

例えばフリッツ・フォン・エリックとかの最盛期をリアルタイムで観ておれば、身も世もなく熱狂しただろうけれど、わたしがプロレスファンになった頃はもう晩年で、馬場とテキサス・デスマッチなんかやっていて、その試合もとても観たかったのだけど、巨人戦の中継で高知では放送されなかったのである。
ふふふ、やけに今日は椋鳥が騒がしいぜ。

nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 25

コメント 2

いっぷく

>馬場とテキサス・デスマッチなんかやっていて
この試合は、馬場とエリックの決別の試合だったなんていわれましたよね。馬場がブリスコに挑戦する予定なのに、エリックが割り込んできて挑戦者決定戦として行われて、でもこれによって2人の関係はこわれたから「心のデスマッチとなってしまった」と当時書いていたプロレスライターがいました。
でもその後もカブキや園田がダラスで仕事をしているし、昔のレスラーを呼ぶ企画でエリックは来てるし、ケビンとケリーが新日に行ったときも、デビットの急死があったから、馬場としてもエリック一家と少し距離を置こうかと思っているようだったので、まあ、プロレスライターの妄想だったんだろうと思います。
というのも、やっぱりあれは、馬場が勝つ試合だったですね。でも2つのハプニングがあって、ひとつはエリックの耳にボールペン刺した客がいて、それでエリックが大流血して一時的にエリックが失速して、試合の組み立てをアドリブで変えなければならなくなったのと、エリックの何かの攻撃がまともに馬場に入ってしまい、馬場が起きられなくなって、ジョー樋口が困ってカウントを止めたまずいシーンもありました。
そもそもエリックは受け身が下手なので、名勝負にならないのですが、ハプニングをうまくごまかせず、見せてはいけないものが見えた試合になってしまい、馬場はもともとそういう不器用なレスラーを嫌うので、エリックに見切りをつけて以後レスラーとしては呼ばなくなったのではないかと思っています。

馬場とデストロイヤーは、私も古い試合は見ていないのですが、1969年の東京体育館はリアルタイムで見ました。youtubeにもアップされてますね。馬場がモンキーフリップで勝った試合ですね。デストロイヤーは逆に、すでに体力的にも下り坂といわれていた馬場にモンキーフリップを決めさせるほど巧いレスラーで、日本陣営にはいる前から、馬場の好きなレスラーだったのだと思います。

JWPの福岡晶。期待されていましたが、スパッとやめちゃいましたね。その一方で、今も頑張ってるコマンドボリショイはすごいですね。40過ぎているだろうに筋肉隆々にして。孤児院出身のボリショイ・キッドで売り出した頃は、感情移入しましたけど、たしかジャパン女子時代は素顔でやってたこともありましたよね。
by いっぷく (2017-04-24 00:46) 

TBM

やはりロシア!
2階級制覇する頃までのBJは結構好きでした。
by TBM (2017-04-24 23:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: