So-net無料ブログ作成
検索選択

●「ヅラ疑惑」で人気(?)の細川たかしが、太り過ぎる、歌詞間違うなど、大暴れか? [「言葉」による革命]

●「ヅラ疑惑」で人気(?)の細川たかしが、太り過ぎる、歌詞間違うなど、大暴れか?

末尾ルコ「音楽話題で知性と感性を鍛えるレッスン

細川たかしが「ヅラ疑惑」でバラエティ番組などへの出演が増えているという報道を見かけた。
わたしは民放地上波のバラエティ番組は観ないので、そんな細川たかしの姿を見かけたことはないが、この4月に演歌に興味を持ち始めて以来まめに歌番組はチェックしているので、大御所としての細川たかしが健在なのはよく分かっている。
確かに現在の細川たかしのヘアスタイルは「ヅラ疑惑」を持たれても致し方ないような不可思議な形態をしており、いわば「不自然でかつ柔らかそうな髪の毛の集まりが頭部に載っている」といった様子を呈してはいる。
細川たかしのプロフィールをチェックすると、いくつかの不祥事を起こしてはいるけれど、なにせわたしが演歌に興味を持ったのが今年の4月からなもので、そうしたことは知らなかったというか、興味はなかった。
とは言え、別に演歌好きでなくても細川たかしのヒット曲の数々が日本に暮らしていて耳に入ってこないわけはなく、ヒット曲の多さでは演歌界でも稀有な存在だな、という認識は以前からあった。
それにしてもふと思うのであるが、人は人に対して、(ヅラじゃないか?)などという失敬な疑問を持っていいのか?
けれど現実的には、日常生活の中でも不自然なヘアスタイルの御仁を見かけたら、(ひょっとして・・・)と感じてしまうのは致し方ないところではある。
それにしても細川たかしの場合、「ヅラ疑惑」よりも太り過ぎの方が問題で、顔の大きさなど、若い頃の1.8倍ほどはありそうである。
しかもここ数カ月で観た歌番組の中でも、歌唱中に泣き出す、歌詞を間違えると、「大丈夫か、細川先生!!」と叫びたくならないこともないのだ。
ただ、『イヨマンテの夜』などスケールの大きな歌唱は迫力抜群で聴き応えがあるが、反面、繊細な歌唱、あるいは滑らかな声と言った要素は薄らいでいる感はある。

nice!(30)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 30

コメント 1

いっぷく

細川たかしの、ちょこんと乗っかったような頭髪は、プロレスライターの故・菊池孝氏もそんな感じでしたね。あれこそカツラっぽかったですが、でも誰も何も言わなかったですね。馬場が結婚していたこともプロレスマスコミもプロレスラーも長く黙っていたし、プロレス村らしい対応です。でも歌手はやはり、そうはいかないんでしょうね。
外国はわかりませんが、日本では、著名人のヅラとホモと在日探しが好きですね。芸能界は「異形の者」であってほしいとか、秘密の真相を知っているんだとか、そういう発想で暴きたいのかもしれませんね。でも検査薬と同じで、「偽陽性」がたくさん出ているように思います。
今週号の「週刊現代」では、加茂田組長とのツーショットが出ていますね。加茂田組長は先ごろ上梓した自伝の中で、芸能人に小遣いをやっていた、というようなことが書かれていましたが、細川たかしだったんですね。チケットを買ってもらったり、興行を手伝ってもらったりする関係で、付き合いができるらしいですが、なべおさみの本などを見ても、昭和の芸能界との関わりがよくわかります。もっとも、プロレス、とくに力道山時代のつながりはそれ以上だったようですが。何しろ、日本プロレス協会の副会長が、田岡一雄山口組三代目と、町井久之東声会会長ですからね。
ジャイアント馬場が、力道山の死後、グレート東郷に高額な報酬でアメリカにとどまることを求められ、本人もその気になったそうですが、豊登では客が入らないと思った大物プロモーターが、アメリカの馬場に直接帰国を説得し、馬場はせめて力道山が掠め取ったファイトマネーを返済してもらう条件で、桁が2つぐらい少ない報酬の日本に返ってきたと『1964年のジャイアント馬場』にかかれています。
同書には、馬場に帰国を要請したのは、日本プロレス協会の副会長だったことを示唆していますね。
私は、ハゲだのホモだの探しよりは、そういう話のほうが興味あるんですけどね。
by いっぷく (2017-06-16 01:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0