So-net無料ブログ作成
検索選択

●「悪徳のレシピ、あるいはマルキ・ド・サドも吃驚か」~アイス売り上げNO1の「エッセルスーパーカップ」と「ホヤ」を頬張る山内惠介の話。 [「言葉」による革命]

●「悪徳のレシピ、あるいはマルキ・ド・サドも吃驚か」~アイス売り上げNO1の「エッセルスーパーカップ」と「ホヤ」を頬張る山内惠介の話。

末尾ルコ「食の話題で知性と感性を鍛えるレッスン

「エッセルスーパーカップ」が、アイス全ジャンルの中で圧倒的に売り上げトップなのだという。
それはとても納得できるところだ。
安い、多い、そして味も「ラクトアイス」の中では十分リピートに足るレベルを保ってる。
特にわたしは「エッセルスーパーカップ バニラ」が好みである。

ところで話は変わるけれど、わたしは「ホヤ」という生き物を食べたことがなく、しかし最近いくつかの番組で目にして、(う、こ、これは・・・)と感じた。
「ホヤ」とはなかなかに不気味な形態の生物である。
一見トロピカルフルーツのようでもあるが、ホヤの専門家(?)の人たちがそれをさばいている様子を見ると、内部はヌルヌルぷにょぷにょした状態となっている。
恐るべきことに、指で押すと「ぴゅー」と水分が水鉄砲のように噴出する。
BSプレミアムで放送された紀行番組の「旅人」が若手演歌歌手の山内惠介だったのだが、何と「ホヤが大好物」だと述べる。
(ホヤが大好物?この人はまだ30そこそこの人生の中で、それほどまでにホヤを食べる機会があったのか・・・)
当惑するわたしだが、そうこうしている内に山内惠介は、取れたてのホヤの刺身を躊躇なく頬張り、(マイウ~~)とのたまうではないか!
(こ、この男、やるじゃねえか・・・)と畏敬の念を抱きつつ、一切れの食パンにマーガリンと黒蜜をつけて頬張るおれなのさ。
その食パンは、6枚切りだったぜ。

nice!(33)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 33

コメント 2

いっぷく

ホヤはやはり酒のつまみですね。それもかなり珍味だと思います。
私はここ数年全くアルコールは口にしていないのですが、御飯のおかずにホヤを食べてみたい、という気にはさすがになれないですね。昔、健康食品と言うので、ナマコを食べてみようと思いましたが、やはり食べることはできませんでした。まだまだ私もチャレンジ精神が足りません。

>こうして市販の商品に自分の写真を載せるって、どうなんでしょう(笑)
自分を晒せば、とくに今のようなネットで勝手なことを書き込める時代は、必ず悪口も出てくるので、私はそれが嫌で仕方ないのですが、そんなこと気にせず自分を晒したいというのは、マゾヒストというか、人格の何処かが壊れているか、壊していなければできないと思いますね。
芸能人、作家、政治家、考えてみればみんなそうで、大学教授なども、名前が出るチャンスを狙っているんです。
もう20年ぐらい前の話ですが、近鉄にいた谷という野球選手の夫人が、日大で心理学を専攻していたそうで、卒論に、能見正比古らが流行らせた「血液型性格判断」について書いたことがきっかけで、指導教官の大村政男さんも血液型性格判断に取り組むようになり、大村さんは血液型問題の識者としてテレビや雑誌に登場するようになりました。
で、私がそれを紹介する記事を雑誌で書いたのですが、大村さんからは血液型関連の資料をどっさりいただいたのです。それで、そのまま捨ててしまうのはもったいないと思い、その資料で私も一冊啓蒙書を書いたのです(血液型性格判断には科学的根拠はなかった、という話です)。
そうしたら、出版社には、重箱の隅つつきのような意見がどっと寄せられ、それがみんな心理学者でした。
大村さんは、血液型の本を出したらメディアに注目され、大橋巨泉事務所と契約したタレント学者になったので、他の心理学者もそうなりたかったらしいのです。
ところが、心理学者でもない、これまで血液型問題に関わったこともない無名の私がいきなり本を出したので、先を越されたと、ヤキモチを焼いたらしいのです。
ですから私は、大学教授もろくなもんじゃないなとそのとき思いました。
地味に論文を書く日々を送っていると、世間から注目されたい、という気持ちになるんでしょうかね。
by いっぷく (2017-06-19 01:16) 

caveruna

けいちゃん、やるね~(笑)
by caveruna (2017-06-19 12:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: