So-net無料ブログ作成
検索選択

●梅雨空の下、ある午後、北海道乳業『れん乳マンゴープリン』とサラ・ガドン。 [「言葉」による革命]

●梅雨空の下、ある午後、北海道乳業『れん乳マンゴープリン』とサラ・ガドン。

末尾ルコ「食とサラ・ガドンの話題で知性と感性を鍛えるレッスン

わたしはここ数年、夕方アイス食べる習慣を続けている。
しかも日によって気分によって、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスを見事に食べ分ける様は、カナダのサラ・ガドンも(然り!)と思うだろうこと疑いはない。
さらに言えば、毎日ではないけれど、午後2時くらいにコンビニあるいはスーパーで、プリンないしシュークリームを食するパターンもできつつある。
そしてこの前初めて食べたプリンが、北海道乳業の『れん乳マンゴープリン』である。
「北海道乳業」・・・食べ物に「北海道」という固有名詞が付けば、(美味しそう)と感じるのが多くの日本人だろうが、さらに社名に「乳業」が付くと、(美味そうじゃねえか!)と感じるのがわたしでもある。
その日のわたしは最寄りのローソンで『れん乳マンゴープリン』を購入し、いささか腕白に過ぎるかなとも思ったけれど、店舗の前で梅雨空を眺めながら初めてのプリンを頬張った。
特に期待したのは「れん乳」の味だったのだけれど、結果的には、(ん?どこがれん乳?)という肩透かし感はあった。
もちろんマンゴーの味は十分感じられる。
滑らかな舌触り。
濃厚なプリンの味わいとは少し違うさっぱり味。
(これはこれでいいのガドン・・・)などと、心の中でサラ・ガドンとコラボしながら、(そう言えば、子どもの頃は「プリンの素」的商品で、家の冷蔵庫でプリンを作っていたっけ)なんてことを思い出してもいた。
(あのザラメのような舌触りのカラメルソースが美味しいんだよね~)なんてことをね。
さらに(そう言えば、今時カルピスを原液から作っている家はどのくらいあるのだろう)なんてこともね。


nice!(24)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 24

コメント 3

いっぷく

これはまだ食べたことがないですね。
たくさんの会社が新商品を発売するので、なかなか追いつけません。ネットのレビューも参考にはしますが、アイスのみ、とかプリンのみのようにジャンルを絞らないと、次の新商品までに間に合わないですね。

>食べ物に「北海道」という固有名詞が付けば、(美味しそう)と感じるの
私は昔、「雪印乳業」とつくと、栄養たっぷりのおいしそうなアイスや牛乳をイメージしましたが、集団食中毒事件でぶち壊しになりました。後に雪印メグミルクという合併新会社に衣替えしましたが、メグミルクの牛乳は安くて気に入っていたのに、こちらもそれ以来飲まなくなってしまいました。

私も、ルーファス・ジョーンズの試合を改めてネットの動画で見ました。大熊元司は一応、頭突きを得意技にしていたはずで、頭突きをして相手が倒れてからグリコポーズでリングを走り回っていたので、ジャンピングヘッドバットでフォールを取られたのは意外でした。てっきりブッチャーが大熊を仕留めるのかと思いました。小鹿が助けに行っても大熊は寝たままでカウントが入っていましたから、フィニッシュはアドリブだったのかもしれません。
ルーファス・ジョーンズの頭突きは、それだけ硬いのだろうと思いますが、もしブラジルなら、頭突きが得意な大熊の商品価値を尊重して、たぶんそれはしなかったと思います。ブラジルは大木金太郎に対しても、ジャンピングヘッドパットを使いませんでした。自分のほうが頭突き合戦で勝てるとわかっているので、大木の商品価値を守ったのですね。その代わり馬場にはガツンガツンやってましたけどね(笑)馬場は馬場でいかにも苦しそうに受けるから、説得力ありました。
ルーファス・ジョーンズは、エマニエル坊やが大きくなったような顔で、あのチョップ攻撃しかないと思っていましたから、どうもシリアスなイメージがないのですが、当時思っていたよりも実はスゴイレスラーだったのかもしれません。
逆にレイ・キャンディは、もうちょっと身体が絞れていた印象があったので、今見ると少しがっかりですね。インタータッグを取った時の表情が良かったので好印象だったのですが、元ヘビー級ボクサーということで幻想を抱きすぎていたかもしれません。
当時しっかり見ていたつもりでも、今あらためて見直すと、また違う感想になっちゃいますね。
by いっぷく (2017-06-30 01:22) 

tsun

フルーチェも憧れ的食べ物でしたが、この今現在でも売っている(需要がある)のが不思議です。
by tsun (2017-06-30 11:06) 

hana2017

「北海道」が付けば、美味しそうと感じるのが多くの日本人
・・・同感ながら、素材の良さが返って邪魔して進歩の見られないのが・・・道内の旅館やホテルの食事。
確かに下手に手を加えた、〇〇風と名付けた創作料理にウンザリする機会は多々あるものの。。

そう、蒸してから冷やすプディングなど田舎では食べた事などありませんでしたから、インスタントのプリンの素を使って作って食べるものでした。
>今時カルピスを原液から作っている家はどのくらいあるのだろう
カルピス・・・と言えば、アメリカのオズモンズファミリーのコマーシャル♪ 外人タレントがまだ貴重な存在だった頃。
また本国では絶対にしないコマーシャルの仕事で稼ぐ、映画スターのコマーシャルが盛んに流れていた時代を思い出してしまいました。

by hana2017 (2017-06-30 22:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: