So-net無料ブログ作成

●山田姉妹の目標の一つが『紅白歌合戦』であれば、わたしもそれをリスペクとすべきであるという話から、和田アキ子の歌唱についてへと。 [「言葉」による革命]

●山田姉妹の目標の一つが『紅白歌合戦』であれば、わたしもそれをリスペクとすべきであるという話から、和田アキ子の歌唱についてへと。

末尾ルコ「音楽の話題で知性と感性を鍛えるレッスン」

7月11日のNHK『うたコン』はなかなか充実した内容だった。
地上波で放送される歌番組もすっかり少なくなっているが、『うたコン』は原則まともに歌を聴かせる番組の一つであり、特にまださほど実績のない歌手にとっては出演が励みになっているようだ。
「励み」と言えば、NHK『紅白歌合戦』について、わたしは子どもの頃からずっと何せロックリスナーであり、時にパンクバンドのヴォーカルでもあったもので、もちろん『紅白歌合戦』など鼻で嗤っていたものだが、最近演歌を愉しみ始めてから、過酷な芸能生活を送る多くの演歌歌手がいかに『紅白歌合戦』主演を「励み」にしているか知り、考えを少々変えているところだ。
演歌歌手だけでなく、クラシック性がクエリーである山田姉妹も目標の一つを『紅白』出演としており、そうなるとわたしも山田姉妹の『紅白歌合戦』初出場を応援すべきであり、かと言って昨今うようよ出演しているつまらないJ POP(すべてのJ POPを指しているわけではありません)と相容れるつもりはまったくないぞと楽しくジレンマしているわたしです。(←山田姉妹「水色のてがみ」風に。
『紅白歌合戦』と言えば、昨年は「和田アキ子が外された」という話題があったが、この和田アキ子という歌手、「言わずもがなのことを言ってしまう」正確にも難があると思うのだけど、特にかなりの歌関係や音楽関係の人たちから、「極めて優れた歌唱力がある」と見做されており、本人ももちろんそう信じているようだが、どうもわたしの心に沁みたことはないのである。
これは単に、わたしの音楽的嗜好が和田アキ子の歌唱に反応しないだけかもしれないけれど、単純な言葉で言えば、「味」とか「ニュアンス」を感じられないのだけれど、和田アキ子の歌唱からは。

nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 25

コメント 2

いっぷく

>単純な言葉で言えば、「味」とか「ニュアンス」を感じられない

それは、和田アキ子が歌を仕事としか思っていないからだと思います。
大きい(公称172センチ)と言うだけで売り出した人ですからね。
でもデビューの頃は、いずみたくの薫陶を受けた今陽子(公称168センチ)がいたわけです。口をはっきり開けて歌えといういずみたくの教えを忠実に守って歌うニキビヅラの今陽子に、腹から大きい声を出しているだけのガラの悪い和田アキ子は敵わなかったのです。
ピンキーとキラーズ人気に陰りが生じた頃から頭角を現しましたが、今陽子と違い師匠がいるわけではないので、和田にとって歌は楽譜通りに声を出していればいいという「仕事」でしかないのだと思います。

和田アキ子が叔父の養女になって帰化した話は有名ですが、週刊誌のインタビュー記事を読んでも、あまり葛藤は感じませんでした。にしきのあきらや、金村義明や、ソニンなど、何らかの形で在日を反映したキャラクターを自分で求めた気配はありません。
ご意見番を気取っていますが、踏み込まないほうがいいことは絶対に踏み込まず、一見放言しているようで実は無難なところでしか言わない、使う側からすると実は優等生なのです。たとえばネットで炎上はしても、スポンサーとはトラブルを起こさないですよね。

ネットではとやかくいわれますが、勝った者が正義という実利主義と言うか利口な人なんだと思います。それだけに、自分の価値観と世の荒波との衝突に悩むなんていうのは、ないし、あったとしても見せない。でもそういう生き様を歌に反映しなければ歌手としての面白味はないような気がします。
by いっぷく (2017-07-16 01:06) 

hana2017

和田アキ子がレコード大賞で最優秀歌唱賞を受賞した「あの鐘を鳴らすのはあなた」」ですが、ただ怒鳴っているとしか思えない歌唱、あるドラマ内で天海祐希が軽やかに歌ったのを聞いて「ああ。こんな良い曲だったんだ」・・・と認識した私でした。
実力うんぬんよりも、周囲のタレントを脅してを怖がらせるキャラで、テレビに出演し続けるのは如何なものか?
それを良しとする人が多いと言う事なのかしら?疑問でしかありません。
児島美ゆきの袋とじ・・・記事中のいっぷくさんのコメント中の吉村実子さんは、司会者として活躍されていた・・・芳村真理の妹さんです。
最近の出演作では、映画「凶悪」で山田孝之の認知症のお母さん役として久しぶりに拝見しました。
作品中での認知症については、全くのきれいごと、現実離れした描かれ方でありましたけれど。。

by hana2017 (2017-07-16 21:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0