So-net無料ブログ作成

●末尾ルコ選定「現在の演歌トップ5人」と、その域に迫る市川由紀乃の表現力。 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ選定「現在の演歌トップ5人」と、その域に迫る市川由紀乃の表現力。

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

演歌を愉しみ始めて数か月でどうこう言うわたしです(←山田姉妹「水色のてがみ」風に)。が、それはそれ、気づいたことは言います、現在の演歌状況とはどのようなものか。
演歌界には「大御所」と見做される人たちがいて、その中でも常に文句なしで「聴きたくなる」のが、

五木ひろし
細川たかし
石川さゆり
八代亜紀
坂本冬美

であって、坂本冬美を「大御所」とするのは年齢的にもまだ早いかもしれないが、既に不動にして唯一の歌唱とステージングが際立っているので入れてみた。
個人的にこの中で、「最も観たい、聴きたい」のは坂本冬美だ。
その坂本冬美以外の何物でもない声、強弱自在の歌唱、そして指先から爪先まで計算されたその動きは洗練の極みであって、間違いなく日本の歌謡史において、誰も到達したことのない高みまで来ている。
細川たかしは、普段は(このおじさん、酔っ払ったまま出てきてるのか?)という風情だが、『イオマンテの夜』や『オ・ソレ・ミオ』など、豊かな声量を必要とするスケールの大きい歌となれば比類ない歌唱をする。
「観客が圧倒される」・・・そのような歌いっぷりなのだ。
八代亜紀は何と言っても、その特別な声、ブルーズやソウルに近接する魂を感じさせる歌唱、そして登場するだけでステージが輝き始めるカリスマ性とエンターテイナーぶりである。

これら歌手については今後もリスペクトを込めてお話していきたいが、では、「大御所の次」に位置する歌手は現在誰だろう。

わたしの感覚では、

市川由紀乃である。

若い頃の市川由紀乃の写真を見ると、実に地味で素朴な感しか受けないが、現在はもう、坂本冬美とは違った意味で極めて洗練されており、演歌歌手として弱点になりかねない170を超す身長も、「ステージ上の美」と化している。
そして何よりもその歌唱。
美しく、繊細で、時に強く、強さの中にも弱さが含まれているという、正に技術も表現力も最高度に磨かれてきている。
今、そしてこれからの市川由紀乃を聴き逃す手はない。

nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 26

コメント 2

いっぷく

私は演歌は全くわからないので、私だったらルックス、歌声、人間性すべての面で八代亜紀が一番です(笑)
中学の頃、あの厚化粧は気持ち悪いと言っていた同級生がいましたが、彫刻刀でほったようなほりの深い父親そっくりの地顔ですし、大御所になっても天狗になったという類の話も聞こえてこなし、ジャズを愛するところに音楽に対する造詣の深さを感じるし、青江三奈を0.5オクターブぐらい高くしたハスキーボイスもいいし、芸能人の中でも演歌歌手にはとくにありがちなドロドロした醜聞も表には出てこないし、同じバスガイド出身の浜美枝は、おそらく深層に学歴コンプレックスがあったと思うのですが文化人の方にシフトしましたけど、八代亜紀は生涯一歌手を貫いていますし、そういった様々な面で評価できますね。
まあそれは、同じ『全日本歌謡選手権』で(再)デビューした五木ひろしにもいえますね。森進一が、多少誤解もあると思うのですが、人との軋轢が多く悪い評判がたちやすいのに、五木ひろしはその点、順調に大御所に上り詰めたように思いますし、和由布子との結婚も祝福されました。
大原麗子とは略奪婚やDVを疑われ、森昌子とは離婚した上に慶応をやめた長男の親権を放り出して批判を浴びた森進一とは全く違います。五木ひろしが「よこはま・たそがれ」で再デビューした頃は、森進一はもうトップスターだったのに、今はもう五木ひろしのほうが序列としては上なんじゃないでしょうか。森進一も、それほどひどい人間とも思えないのですが、苦労しすぎたのか不器用なのか、ちょっとうまく生きてないですね。
by いっぷく (2017-08-07 01:30) 

hana2017

石川さゆりはデビュー時こそ、桜田順子の二番煎じのような扱いでしたが、本人の努力、運の良さもあったのか、他を圧倒する歌いっぷり、着物を着た立ち姿の美しさ。見て、聴いて楽しめる歌手に成長したと思います。
私も演歌は特に好まない分野ながら、彼女の登場シーンは特別なものを感じるのです。
by hana2017 (2017-08-08 18:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。