So-net無料ブログ作成

●山田姉妹が「ふるさと」を歌った2017年NHK『思い出のメロディー』で、高橋真梨子が「ジョニィへの伝言」と「五番街のマリー」を歌う。 [「言葉」による革命]

●山田姉妹が「ふるさと」を歌った2017年NHK『思い出のメロディー』で、高橋真梨子が「ジョニィへの伝言」と「五番街のマリー」を歌う。

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

山田姉妹が島津亜矢とともに「ふるさと」を歌うということで初めてじっくりと鑑賞してみた2017年NHK『思い出のメロディー』は、(どうかなあ・・・)という要素もちりばめられていたとは言え、非常に見どころ、聴きどころも多い番組となっていた。
一番驚き、嬉しかったのは、高橋真梨子が何と、「ジョニィへの伝言」と「五番街のマリー」を歌ったことであり、高橋真梨子がこの2曲をテレビで歌う姿をまた見られるとは思っていなかっただけに、極めて嬉しい驚きだった。
調べたら、「五番街のマリー」は2015年の「第66回NHK紅白歌合戦」で高橋真梨子によって歌われているというけれど、その年にはわたしは紅白をまともに観てはいなかったので。
しかしどちらの歌も1973年に発表されているが、「ジョニィへの伝言」がオリコン24位が最高、「五番街のマリー」はオリコン18位最高と、どちらも一度もトップテンにさえ入ってないのには驚いた。
この2曲が発表された年、わたしは頑是なく紅顔のキッズだったが、それでもペドロ&カプリシャスがテレビで歌う姿は強く印象に残っており、高橋真梨子の歌声、黒く長いストレートの髪、感傷的でありながら感傷に流されることのない歌詞とメロディをすぐに覚えた。
『思い出のメロディー』の中ではありし日の阿久悠のインタヴューも映し出され、幾多の歌詞を作ってきたけれど、一番好きなものはと問われれば、「ジョニィへの伝言」を選ぶと語っていた。
わたしは少なくとも十代後半くらいまでは歌謡曲も、そしてもちろんその歌詞も馬鹿にしていたところがあって、一番の売れっ子で誰もが知る存在だった阿久悠でさえも、(噴飯物の歌詞を作り散らかすおじさん)くらいに思っていた。
その認識を変えたのが思想家吉本隆明の評価で、別に吉本隆明の一言一句を金科玉条のように奉るほど崇拝していたわけではまったくないが、阿久悠と中島みゆきの歌詞に関しては凄いレベルであるという意味の発言をしていて、いかに崇拝しておらずとも、「戦後最大の思想家」と評され、詩人でもある人物の言葉には目から鱗が落ちる思いではあった。


nice!(29)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 29

コメント 1

いっぷく

グループで頭角を現して、ソロで一時代築いた女性というのは、私の認識では3人いるのですが、60年代の松尾和子(マヒナスターズ)、70年代の山本潤子(赤い鳥、ハイ・ファイ・セット)、そして80年代の高橋真梨子(ペドロ&カプリシャス)です。山本潤子と高橋真梨子はたしか同い年なんですが、高橋真梨子がペドロ&カプリシャスに入った頃、もう山本潤子は赤い鳥の一員として、ジーパンはいた垢抜けない姿とルックスで学生コーラスの延長のような感じでフォークソング時代のど真ん中にいたので、ブレイクは山本潤子のほうが、高橋真梨子よりひと時代早いという位置づけでとらえています。
それはともかく、ご本人に確認したわけでもない私の勝手な思い入れですが、高橋真梨子は、たしか西城秀樹と同じ被爆二世で、もしかしたら手帳もあるのかもしれませんが、あと両親も離婚していて、要するに生きずらいほしのもとの人で、たぶんその思いは歌に向かったんだろうなあと思っているのです。私もあまりいい星の下ではないのですが、何かにその思いをぶつけることもなかったので、不満と失望だけで馬齢を重ねてしまい、高橋真梨子のような人には正直人として重みを感じます。
もちろんペドロ&カプリシャス時代の「ジョニィへの伝言」や「五番街のマリー」もいいのですが、ソロになってからの「桃色吐息」とか、あとはユニマットのCMソングに使われた歌(タイトル失念)がよかったですね。「高橋真梨子 ユニマット」で検索するのですが、出て来る動画を見ても(聴いても)違うので、アルバムに収録されている曲から探そうかなと思っています。

by いっぷく (2017-08-09 01:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。