So-net無料ブログ作成
検索選択

●木之内みどりの「レモンのキッス」を聴きながら、児島美ゆきとの共通点を考えつつ70年代の石川さゆりに魅了される。 [「言葉」による革命]

●木之内みどりの「レモンのキッス」を聴きながら、児島美ゆきとの共通点を考えつつ70年代の石川さゆりに魅了される。

末尾ルコ「日本芸能史の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン

児島美ゆきが1952年生まれ、木之内みどりが1957年生まれ。
5年の年の差があるわけですな。
児島美ゆきと木之内みどりにはキャラクター的に共通する要素があるだろうか。
などと急に思ったのは、山田姉妹が歌った「レモンのキッス」を調べていると、ザ・ピーナッツを始め、いろんな人が歌っていて、その中の一人に木之内みどりがいたのである。
木之内みどりの「レモンのキッス」・・・聴いてみると、そりゃあ声楽のテクニックを駆使する山田姉妹とはまったく違う歌唱だけれど、これがなかなかにいい。
誘惑的な声と歌い方。
往年の木之内みどりのイメージそのままの、いわば青春の色香が充満した歌唱なのである。

実はわたしは例えば中学時代、木之内みどりにさほど興味はなかったのだが、周囲にファンがかなりいた。
特に今で言う、ヤンキー系の男子中学生には抜群の人気だった。
しかし今見ると、やっぱりなかなかいいですよ、木之内みどり。
ただこういう人は、女優としても歌手としてもB級扱いされる傾向はあるが、もったいないはなしである。
本当は木之内みどりのような人をもっと上手に育てる土壌が日本の芸能界にあったならば、もっともっと魅惑的な作品が多くできているはずなのだが。

ところで最近わたしは、70年代の石川さゆりに魅了されている。
もちろん今の石川さゆりも大好きだが、70年代、「津軽海峡 冬景色」などで圧倒的に台頭してきた当時の石川さゆりの映像が素晴らしい。
なにせまず、美人である。
いやホント、「石川さゆりって、こんなに美人だったのか!」という驚きさえあるのだ。
もちろん子どもの頃にも、しょっちゅうテレビに出ていた石川さゆりをよく見ていた。
けれど子どもにとっては演歌歌手はやや別世界の住人という感じだし、石川さゆりほどの整った顔立ちをしっかりと感知するほどの感覚がまだ育ってなかったのだろう。
そして当時の石川さゆりは常にイブニングドレスのような衣装を着用しているのだが、そんな服装で体を斜めにし、腕を大きく派手に振りながら歌う姿。
ど迫力なのである。
しかもまだ10代である。
やはり石川さゆり、若き日から不世出の大歌手だ。

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 16

コメント 2

いっぷく

木之内みどりが後藤次利のもとに逃避行してからも、彼女の出演番組が放送されて、「収録済みのものです」というようなテロップが入って、ずいぶん関係者に迷惑かけたんだろうなと思いますが、関根恵子だって同じことをして高橋恵子としてずっと仕事をしていたのですから、21歳で引退はもったいなかったですね。
歌がヒットしたとはいえないのに人気ものになったのは、やはり家が裕福でなくて、中学を出たら家を建てたいと上京したというプロフィールに惹かれた部分もあったかもしれませんね。
私はその頃は松本ちえこに興味がありました
顔は従来のアイドルタイプではなく、歌もアレだし、つまり夢を与えてくれる芸能人としては、いちばん「らしくない」タイプなのに、いったいなんでこの人はこの世界にいるのだろうと逆に興味が湧きました。
その数年後、「しのぶ」という藤吉久美子のドラマで、私は駕籠かきで飲み屋の客、彼女が女給の役で1日調布の日活撮影所で一緒だったことがあるのですが、彼女はマネージャーもついてなくて退屈そうにしていたのに、私は胸いっぱいで一言も話しかけられなかったことが悔やまれてなりません(笑)。

石川さゆりが少しブレイクが遅かったのは、森昌子のせいでしょうね。
ホリプロは、本当は中3トリオを全部抱えたかったらしいですが、他の事務所に遠慮して、桜田淳子をサンミュージックに譲ったため、三人娘の一人が欠けてしまい、石川さゆりを入れてホリプロ三人娘にしていました。
が、先に売れてしまった森昌子優先で著名な作詞家や作曲家が楽曲を提供し、石川さゆりは最重要タレントではなかったように思います。
でもそれが、馬場に対する猪木のジェラシーではありませんが、大きくブレイクするための格好の助走期間になったんでしょうね。
馬場がデビュー時から嘱目されていた桜田淳子、猪木が石川さゆり、最初こそ注目されたもののそこからステップアップがなかったマンモス鈴木が森昌子といったところでしょうか。
by いっぷく (2017-09-13 01:51) 

hana2017

equiche さんの濃い内容の記事を拝読してまいりました。
私などコメントのしようがない専門的、本格的な内容でした。

デビュー時の石川さゆりはキャスケットを被って、桜田純子の二番せんじそのもの。本人は勿論、スタッフもこれでは?とおもったのでしょうね。
演歌に転向、着物姿で歌うようになってから魅力が増して本物の歌手になった気がします。実際に本人を目のあたりにした方に言わせたら、普段の石川さゆりは小っちゃくて可愛くてお人形さんみたいだった・・・との事ながら。
それを衣装と髪型の力とは言え、あれだけ大きく、堂々と見せる。美空ひばりやちあきなおみ程の奇抜さもなく・・・、当然すぎる表現ながら・・・努力と才能の開花としか思えません。
木之内みどり、「雨音はショパンの調べ」を歌った小林麻美とルックスが似ていて混同してしまいました。
ただ竹中直人と結婚には驚かされました。今の美男美女で溢れている時代とは隔世の感があります。
by hana2017 (2017-09-14 12:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。