So-net無料ブログ作成

●「eスポーツ」がオリンピック種目入りを目指すことに反対か?~オリンピックにほぼ興味ゼロの末尾ルコが語る。 [「言葉」による革命]

●「eスポーツ」がオリンピック種目入りを目指すことに反対か?~オリンピックにほぼ興味ゼロの末尾ルコが語る。

末尾ルコ「スポーツの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

NHKニュースなどでもちょいちょい取り上げられているが、「eスポーツ」。
「スポーツ」と言っても、「ゲーム」である。
例えば格闘技を題材としたゲームを大きな画面に映し、観客を集めて「興業」としているらしいのである。
そうした「試合」に登場する「ゲーマー」と呼ばれるゲームのプレイヤーたちは、一般でゲームをやっている人たちから見れば、驚くべきスキルを持っているということで、「それを観たい」という人が多くいるのだから、興業が成り立つというわけなのだそうだ。
わたしはまったくゲームをやらない。
わたしが最後にゲームをやったのは、おそらく「ブロック崩し」であって、インベーダーゲームが流行っていた時期でさえ、一切手を出さなかった。
なぜかと言えば、話は単純。
わたしにとって、「ゲームよりずっと愉しいもの」がごまんと存在するからである。
しかしもちろんゲームをやるのは人それぞれの自由裁量・・・とは言え、「ゲームばかりやる」というのはいただけないけれど。

ところでこうしたeスポーツが「オリンピックの種目入りを目指している」とニュースで耳にして、(?)と感じたのはわたしだけか。
(ゲームがオリンピック?)

そこで「一般社団法人 日本eスポーツ協会」のサイトを見ると、次のような説明が掲載されていた。

・・・

『スポーツ』とは. 日本国内では「運動・体育」と捉えられるが本来のスポーツ(英:sport)の意味は「楽しむ・競技」という意味があり、欧米ではチェスやビリヤードも「スポーツ」として認知されている。 「スポーツ」は、2つの方向性があり、仲間つくりや家族のふれあいをすすめ、技術の習得に重きをおかず、生涯を通して楽しんでプレイする『レクリエーション・スポーツ』と技術の習得や、体と心の鍛錬を行い、戦略を考え抜き、技術力の向上を目指し、タイトルを競う『チャンピオンシップ・スポーツ』に分けることができる。(「一般社団法人 日本eスポーツ協会」公式サイトより)

・・・

ご覧の通り、「sport」という英語の語源的な意味まで言及しているが、(いやあ、そうは言っても)と感じざるを得ない。
「楽しむ・競技」という意味を採用してオリンピックの種目を考えるのであれば、トランプやおはじき、けん玉、お医者さんごっこ(違う? 笑)、にらめっこなど、ほとんど無限に種目可能性競技は広がっていくのである。
わたしとしては原則スポーツは、「運動・体育」の意味で考慮されるべきだと思うのである。

とは言え、わたしは既にオリンピックという存在そのものにほぼ興味を失っている。
だからオリンピックがどんどん不思議時空(←『宇宙刑事シャイダー』より)な方向へ進もうがまったく残念に感じないし、どうせなら「珍芸大会」くらいになれば、少しは見る気が起こるかもしれない、くらいなものである。
わたしが「オリンピックに興味なし」の理由は話し始めたら長くなるので今回は触れない。
しかし五輪代表の選手たちに、「日本人の誇りを~~」なんていうの、もういいと思いません?
「日本人の誇り」はわたしたち自身で創るべきなのである。

nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 20

コメント 2

いっぷく

ビリヤードがスポーツかどうかという議論は、私がビリヤード雑誌制作に携わっていた頃からありました。私は「スポーツとしてのビリヤード」というタイトルで、ビリヤード場訪問記事を書いていましたが、ビリヤード場に行くと、プロのプレーヤーからは、「ビリヤードはスポーツではないよ」といわれました。
かけ玉をしたり、曲玉のような見世物的要素もあったりするから、ということだったんですが、いずれにしても、あまりスポーツとして捉えられることを喜ばしいとは思っていないようでしたね。
「スポーツ」としてしまうと、定められたルールで“正々堂々”と競うだけの皮相的な印象がありますが、そこはプロレスと同じで、プレーヤーの生き様や哲学が虚実ないまぜで表現されているのがビリヤードだ、という考えが古い人にはありました。
でも、スヌーカーがオリンピックに採用されたことがありましたよね。ジミースヌーカではなくビリヤードの競技なんですが、イギリス発祥でちょっとルールがややこしいのです。ビリヤードの中では正装以外のプレーが許されない「紳士の競技」ともいわれているのですが、まあでもビリヤードはビリヤードですけどね。
オリンピックも利権まみれなんで、要はその競技をオリンピックに採用したら、関係者の誰にどんなメリットがあるかが大事なんでしょうね。

>「自分が悲劇的に死ぬ姿」もよく想像して悦に入っていた(笑)

死ぬところまで意識していたかどうかは覚えていませんが、流血にはたしかに憧れていました。タイガーマスクやプロレスでは血だらけになるので、流血することこそが「すごいこと」をしている証、という認識があったのだと思います。
なのに、唾液のついたベタベタジャムが服についてどうしてくれるの?と、ちょっとはいいなと思っていた女の子が感動してくれずにきつく罵ったので、がっくり来たわけです。女の子たちは唾液ジャムがとんできたら軽蔑の悲鳴を上げていました(涙)
カブキのような毒霧は、当時から漫画で、殴られると口から何か吐くシーンを見ていたので、それが頭にあったんでしょうね。でも殴られるんじゃなくて腹切りなのに、毒霧をもってきちゃう発想が強引ですね。

ところで、宝島のプロレスムック「プロレス リングの聖域」の目次では、
・「高山救済」一色の業界でいまだくすぶり続けるDDTの救護責任問題
・ノア債権者集会で飛び出した意外な債権者の面々
・倍賞美津子が弟・鉄夫の葬儀に参列しなかった猪木を大批判
・「両国ガラガラ」猪木生前葬のスポンサーにまつわるこれだけの悪評
・「UWF反証本」の中身と柳澤健の言い分
・サイバーエージェントに買収されたDDTと切られたW-1の明暗
・ストロング小林が語ったプロレスラーの晩年と現実

倍賞美津子とストロング小林のところが気になるのですが、地元の図書館で置いてないので買おうかと思っています。あまり本が増えると置き場所に困るのですが、やはりプロレスは面白いですね。
by いっぷく (2018-02-11 02:01) 

hana2018

オリンピックに「日本人・・・・」は、当の選手たち自身が最も実感していると思えるのですが、国の為だなどと思って挑むなど団体競技を例外としてないのでは。
一人一人が自分自身の為に戦い続けているにきまっているではありませんか。
そこに国の為だなんて、オブラートをかぶせて美化してしまう感覚はいかにも古い。
現在の商業主義にまみれたオリンピック同様、興味のないものに高校野球があります。旧態依然とした、習慣化されているだけの国体などもっての外と考えます。

モノクロ映画5本中、観ていたのは「西鶴一代女」一本だけでした。話になりませんね。
by hana2018 (2018-02-11 11:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。