So-net無料ブログ作成

●わたしはついに観た、浅丘ルリ子が絶頂の美を見せ、アフロでない石立鉄男が野生の「園丁」を演じる映画『愛の渇き』を! [「言葉」による革命]

●わたしはついに観た、浅丘ルリ子が絶頂の美を見せ、アフロでない石立鉄男が野生の「園丁」を演じる映画『愛の渇き』を!

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

わたしが浅丘ルリ子を知った頃には既に「目の周囲を黒く塗った婦人」というイメージとなっており、確か山田邦子にも物真似をされたりして、まあぶっちゃけ「ネタ」化しておったわけですな。
山田邦子が物真似をしていた時期にはわたしはまだ熱心に邦画黄金期の作品を鑑賞してはおらず、『鹿鳴館』という新作映画がテレビで取り上げられた時に、評論家か何かが主演の浅丘ルリ子について、「ちょっとアップがキツいですね~。浅丘ルリ子さんは舞台をやった方がいいですね~」的なぶっちゃけたことを言っていたが、聞いたわたしは(確かにそうだよな)と感じるくらいのものだった。
その後日本映画について知識が増えてくるに従い、当然「浅丘ルリ子は邦画史上屈指の美人映画スターだった」ことは理解できてくるのだけれど、その事実が本当に「ピン」と来る作品にはなかなか巡り合うことができなかった。
ところがこの2018年2月、ついに巡り合ったのである。
わたしにとって、「女優 浅丘ルリ子のクオリティを圧倒的に証明する見事な映画」に。
まあ、そうした作品をわたしが求めていたかは別として(笑)。
でも俳優にとって、「どの作品が代表作か」はとても重要で、近年のテレビの「追悼報道」のように、「晩年に脇役で出演した作品」を代表作のように報道されてはたまったものではないだろう。
で、この2月、BSトゥエルビで放送された映画『愛の渇き』である。

『愛の渇き』は言わずと知れた三島由紀夫原作の小説、それを蔵原惟繕監督により映画化。

夫に死なれた後、富豪の義理の父と関係を持ち続ける未亡人が園丁として雇っている若い男 三郎に対しても強い欲情を持つ。
が、三郎は若い女中と関係し、妊娠させる。
嫉妬の炎をメラメラと燃やす未亡人「悦子」は、女中に「堕胎」を命じる。

とまあ、三島ファン、文学ファンならお馴染みのこの作品で、浅丘ルリ子は美しく、プライドが高く、極度に利己的で、性的欲望も極めて強い未亡人「悦子」を、「悦子としか思えないほどのクオリティ」で演じている。

こうして、「美しく、プライドが高く、極度に利己的で、性的欲望も極めて強い未亡人」という「悦子」の複雑なキャラクターを並べてみて、「現在の女優」で演じられる人がいるかと言えば、まず「美しく」の部分で既にハードルは極めて高くなっているのがよく分かる。
これほどまでに「美しい」浅丘ルリ子は初めて観た。
ご本人には失礼な話ではあるが(笑)。

ところで「園丁」である「三郎」役が石立鉄男なのだけれど、若く、まだ「アフロヘア」ではない!
テレビドラマでお馴染みのハイトーンヴォイスも繰り出さず、やや「猿」的な顔に若い筋肉質の肉体が、未亡人を惑わせる「野生的な三郎」にピッタリである。

1967年の作品である『愛の渇き』。
こうして「知っている俳優」の「知らなかったポテンシャル」を発見する悦びもまた格別だ。

nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 22

コメント 2

いっぷく

「愛の渇き」はまだ見ていません。その後の「愛ふたたび」は見ているんですけどね。
1960年代は、東宝の喜劇とSFシリーズや、松竹の馬鹿シリーズなどシリーズ物をずっと追いかけてみてきたので、まだまだ見ていないものがたくさんあります。
浅丘ルリ子の役はかなり複雑な女性ですね。この作品が評価されない不満から日活を離れたともいわれていますから、本人にも思い入れはあったのでしょう。私も見ておけばよかったな。DVDがあるかもしれまんね。

私はやはり、テレビに来てからの浅丘ルリ子のイメージが強いですね。「男はつらいよ」で、4回リリーさんを演じていて、リリーさんこそ寅さんにピッタリという評価はあるのですが、私に言わせれば、4回も出て結ばれないのだから相容れないという印象を強めてしまいました。2回で十分だったですね。
「2丁目3番地」の共演で石坂浩二と結婚したわけですが、脚本を担当した倉本聰がその時のことを暴露していて、打ち上げで、石坂浩二が「これで終わりなんて寂しい」と泣き出して、浅丘ルリ子が石坂浩二を抱きしめて慰めて、それを倉本聰は、森光子に馬乗りになって背中をマッサージしながら見ていたそうです。
石坂浩二は加賀まりこと結婚するようなことをいわれていたのですが、加賀まりこは未婚の母で話題になリ、どうやら父親は布施明だといわれていたので、子供心に「どうしてだろう」と思いました。映画は石原裕次郎、テレビは石坂浩二が現代劇ではスター一番星だと思ってたのです。
それにしても、布施明もいろいろありますね。花の中三トリオの一人とホテルに入ったのを見られてもみ消したという話もありますよね。

石立鉄男が高い声にしているのは、「奥さまは18歳」のときに、喜劇を演じるために渥美清を手本にしたと本人が生前最後に出演したラジオ番組で言ってましたね。「水もれ甲介」でがに股にしたのも、がに股自体で三枚目を演じることと、次男でモテモテの役である原田大二郎よりも長身であってはならないために、背を低く見せようとしてがに股にしたことを告白しています。
ちなみに、自分にとっての代表作はそのふたつだと言ってましたね。
ということは、「パパと呼ばないで」はそうではなかったというわけです。石立鉄男は、「動物と子役の作品はハンソクだ」と思っていて、理由は感動の作品を簡単に作れてしまうからだそうです。
「パパと呼ばないで」の仕事を引き受ける条件として、杉田かおるに学校を休ませないこととして、自分は他の仕事を一切入れないで24時間撮影できるようにしたそうです。まあそのわりには、撮影をサボる癖があったようですが。
石立鉄男はたくさんの仕事をしているのに、その俳優人生を振り返る読み物がないんですよね。マスコミとも上手に付き合わなかったんでしょうね。私も晩年、取材を断られたことがあります。今も話題になるユニオン映画のホームコメディというのは、石立にとってはほんの一部であって、その俳優人生全般を評価する読み物があればなあと思いますね。

by いっぷく (2018-02-12 02:26) 

hana2018

「愛の渇き」は残念ながら、予告編のみの鑑賞です。
三島由紀夫の描いた、当時の上流階級の暮らし、浅丘ルリ子演じる未亡人の言動から昭和三十年代頃と思われる時代が色濃く感じられました。
3~40年前、つまり私が20代くらいまでの日本人の容姿、ちょうどミニスカートが流行りましたけれど、今見ると酷く恥ずかしい。平均的な日本女性達の顔の造作、スタイル共に現代とは比較にならない。隔世の感が強くあります。
それだけに当時の女優さん達の綺麗さは、今の日本映画に出演する・・・町を歩いている中で可愛いから選ばれたと言った女優達とは全くレベルが違うと思えてなりません。
若かりし頃の浅丘ルリ子は今見ても、とにかく可愛い。澄んだ声も良いです。
庭師役とはいえ石立鉄男が相手役で、よく彼女がOKしたものですね。
by hana2018 (2018-02-12 23:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。