So-net無料ブログ作成

●「尻」に注目する不埒な視聴者多数の『ブラタモリ』近江友里恵の後任は誰か?&赤木野乃花アナのエロティシズムとは? [「言葉」による革命]

●「尻」に注目する不埒な視聴者多数の『ブラタモリ』近江友里恵の後任は誰か?&赤木野乃花アナのエロティシズムとは?

末尾ルコ「エロティシズムの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

『ブラタモリ』はタモリと近江友里恵が各地を経巡る番組で、地形や地学的知識を中心に据えながら高視聴率を稼ぐという離れ業を見せつけている点は言うまでもなく「タモリの凄さ」であるが、アシスタントの近江友里恵アナを見ることを愉しみにしている視聴者も多かろう。
目にした話であるが、不埒なことにタモリとともに様々な場所を経巡る近江友里恵の後ろ姿のしかも「尻」に注目している視聴者もいるという。
妙齢の女性の「尻」を凝視??
そんな不逞の輩はわたしが見つけ次第、でっかいお灸をすえるに違いない。
と書いたところで、わたしが子ども時代、わたしの周囲に何人か本当にお灸をすえていた人たちがいたことを思い出した。
母方の祖父母がやっていたのは間違いないだろう。
母自身、時折「お灸が熱くて痛かった」ことを語っている。
この場合の「お灸」はもちろん、「もぐさ」を使用して火を点けるものだ。
ひょっとしたら、父方の祖父母、つまりわたしが子どもの頃に同居していた祖父母もやっていたかもしれない。
わたしがお灸をやられたかどうかははっきりと記憶していない。
ただ、(お灸をやられたら辛そうだな)と脅威を感じていた記憶はある。

ところで『ブラタモリ』視聴中に、近江友里恵アナの「尻」に注目することは倫理的に咎められるべきだろうか。
「咎められるべきではない」と、わたしはそう思う。
近江アナの「尻」について、ネットであれ、紙媒体であれ、「愚劣な言葉で描写」とまで行くと、「咎められるべき」状況も発生するだろう。
しかし「イマジネーション」にとどまっている段階では、いかなる猥褻、卑猥、ふしだらなどであっても、咎められるべきではないのだと思う。
そうした「イマジネーション」を「外へ出そう」という場合に、細心の注意が必要となるのだ。
もちろん「極度に猥褻」なイマジネーションは、原則として「外へ出すべきではない」。
が、マルキ・ド・サドの小説が時代を超えて「傑出した文学」として読み継がれているように、「芸術表現」としてであれば、原則「いかなる猥褻」も自由であるべきだろう。
ただ、ここでも「原則」という留保がついているのを見逃してほしくない。

「エロティシズム」は、「わたしの」、と言うよりも、「人類の」大きなテーマである。
さらに強力に深めていきたい。

ちなみにわたし自身は、近江友里恵のプロポーションに対してファンタジーを抱かない。
それよりは同じくNHKの赤木野乃花アナの、やや倒錯的トランジスタグラマーなキャラクターであれば、少々のファンタジーを抱くだろう。

さて、『ブラタモリ』、近江友里恵の後任は視聴者を満足させるだろうか。

nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 27

コメント 2

いっぷく

近江友里恵アナのヒップですか。小野文惠アナのヒップが気になる私も同レベルですね(笑)
あれは近江友里恵アナやスタッフも意図しているような気がします。近江友里恵アナはいつもガウチョをはいて、プリップリ動かしながら歩く所を後ろから撮ってますね。エロティシズムというよりお人形さんかわいいなあという感覚ではないでしょうか。近江友里恵アナはエラソーにしていないし可愛がられているんでしょう。作り手側にとってもアイドルなんでしょうね。
ファンタジーを抱くのは、私なら若い人ですとやっぱり保里小百合アナですかね。
昔みのもんたの「おもいっきりテレビ」に出ていた高橋佳代子アナも、ヒップが注目されていましたね。私は男女のことについて幼かったので、番組が始まって間もなく、みのもんたと一晩過ごしたという写真付き記事が出てしまったことで彼女に対する興味を失ってしまったのですが、その頃よりは清濁を併せのむことを少しだけ知った今なら、また別の評価を彼女に与えたかもしれません。

>お腹の辺りがなかなかのボリュームです。

西島三重子はこのお腹がいいのです。というか、お腹を堂々と見せている、その気持ちの大きくなっているところがいいのです。「背中流しますよ」と誘ったら、「お願いね」と言ってくれそうな気がして(笑)

昨日の倉本聰の私が書いたベスト5は不評で、要するに「北の国から」を入れないことがご不満な方がおられたようですが、「北の国から」がスペシャルになってから私は観ていないので(正直ずっと追い続けるほど熱中できなかったから観なかったのですが)、観ていないものを、世評を拝借して観たように書くことはできないので抜いた次第で、もとより、何を選ぶかはその人の主観だと思うので、今回話題となった『やすらぎの郷』も外しているのです。
鎌田敏夫だって山田太一だって、すべての作品がいいわけではないし、いい作品がヒットせず、大したことないものが騒がれることはあるんですけどね。
by いっぷく (2018-02-14 02:44) 

hana2018

こうした記事の場合、きっといっぷくさんのコメントがあるものとふんだ私、やはり間違っていませんでしたね。
ところでお尻、異性にとってお尻のセクシーさの占める割合がそれ程大きなものとは(笑)
私にとってお尻は、身体を支える筋肉の量、または転んだときにいかにクッションになってくれるものか・・・と現実そのもの。
すでにセクシャルな物事に関心を失ってしまっている証拠かもしれません。
マルキ・ド・サドをジェフリー・ラッシュ主演で映画化した「クイルズ」。
ハリウッド映画だけに、想像されたようなサド侯爵の反モラルな思想や行為よりも、彼の書く事への執念、表現の自由とは?がわかりやすく描かれていたように思われます。

「北の国から」は、幾つか心に残るシーンはあったものの、私もそれ程のものとは思っていません。
特に子供達が成長してしまったあと、なにかと言うと田中邦衛の顔のアップにへきへきしておりました。
彼は脇役として出番の少なくて良い俳優だと感じられてなりません。
by hana2018 (2018-02-14 15:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。