So-net無料ブログ作成

●「嫌な人・困った人」の研究~「死ぬほどつまらない話を延々と続ける女性」。 [「言葉」による革命]

●「嫌な人・困った人」の研究~「死ぬほどつまらない話を延々と続ける女性」。

末尾ルコ「人間観察で、知性と感性を鍛えるレッスン」

一人の人間って、生涯何人の「嫌な人」と出遭うだろうか。
それは当然、「どんなライフスタイルを送っているか」によるだろうし、「社会的ポジション」のもよるだろう。
ただ、この「社会的ポジション」という概念も実は非常に脆弱な一般常識に基づいた観念なのですな。
まあ「既成概念としての社会的ポジション」を「すべて無効」だとまでは言わないけれど、「人間の人生」をちょっと俯瞰で見るだけで、よく言われている「社会的ポジション」なんて、

「吹けば飛ぶよなものなんだ」

ということがよく分かるはずなのだけれど、物事を俯瞰で見ることのできる人がそう簡単には増えないのが現実ではあるのだな。

まあ現在わたしの場合は勤め人ではなく、いわば自由業で生きているので、「どうしても毎日会わねばならない嫌な人」という存在は基本的にはない。
けれどこの前に書いたように、カフェでいきなり精神バランスを完璧に狂わせた女性が話しかけてきたりするわけで、もちろん世の中、何が起こるか分からないし、どんな人間と関わってしまうか分からないもので、「常に警戒は怠らず」を肝に命じていなければならない。

さて、「嫌な人・困った人」は、世の中にごまんといるし、分類しようと思えばいくらでもできるけれど、次のようなタイプは本当に「嫌で、困る」。

「自分だけ話する人」

はい。

これは今までにもメルマガや当ブログで取り上げてきたけれど、ある女性、もっと言えばその人は「ピアノ教師」だったのだけれど、知人の若い女性が、「わたしが一番お世話になっている人です」とか言って紹介してくれて、まあその当時は40代くらいの人だった。
紹介された当初は向こうも緊張していたようで、「普通の対応」だけったけれど、何度か会ううちに、「本性」が露になってきた。
あ、わたしはその女性を「女」として見たことはありませんよ。
その女性がわたしをどう見ていたかは知らないけれど、夫も大学生の息子もいて、夫の悪口はしょっちゅう言っていた。
正直なところ、2回ほど数人のグループの中で会って、(つまらない人だ)とほぼ見切りを付けていたけれど、即刻「人間関係を切る」とまでには考えていなかった。
ところがある時「ちょっとお茶しませんか」というメールが来て、気は進まなかったけれど、(まあたまには・・・)と殊勝な(笑)気持ちで足を運んだのが大間違い。
カフェのテーブルで対面した後、延々3時間、その女性の独演会になってしまった。
またその内容が本当につまらない、自慢話と雑誌などからの受け売りばかり。
「受け売り」を日常的にやってる人って、

「雑誌やネットで出鱈目な知識をゲット
 ↓
即出し」

というのがバレバレなんだけど、もちろん当人はそれに気づいてない。

そして最悪なのが、相手(この場合、わたし)がいかにも(つまらない)というサインを送っているのにまったく気づかないのですね。


nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 27

コメント 2

いっぷく

夫も子もある方とお茶をすると言うだけで、私としてはライフワークの妄想が自分で抑えようとしてもどんどん膨らんで、クライマックスのひとつになるシーンでは心臓が破裂しそうになるのですが(笑)、どうも私は配偶者がいても、いまだに異性に対して意識過剰になってしまう万年青春時代のマインドの持ち主です。
夫の悪口を言っているときに、「これはもしかしたら自分にチャンスが有るのかも」と考えてしまうのです。それが、たとえ自分の好みの女性でなくても、です。そこが、モテない男の悲しいところですね。
そして、たとえつまらない人でも、深いおつきあいになったら、きっとこんなかわいい一面を見せてくれるだろうとか、こういう場面でになったら素晴らしい笑顔が見られるだろうとか、ギリギリまで自作の妄想をまず信じてしまいます。世の中に悪い女はいないという「女性善説」の幻想ですね。
その一方で、私はちょっと他者に対して神経質と言うか不寛容な面もあるので、これはだめだという嫌な現実を経験すると、今度は「せっかくいい女かもしれないと見込んでやったのに嫌なところを見せやがって」と、裏切られた気持ちで腹が立ってきます。
これ、まずいですね(笑)アイドルのCDしこたま買って、握手の仕方に誠意がなかったと言って事件を起こす人間と同じメンタリティかも。いや、もちろん私はそんなことはしませんが、勝手に幻想を抱き、脳内で上げたり下げたりしていることは認めざるを得ません。
しかし、誰にでも一方的に夫の悪口を言うような人ですと、もしかしたらそれは他の男性と関係することが目的というわけではなく、実は夫のこともそんなに嫌いではないのかもしれませんね。
そんなひどい夫でも妻でいる私って素敵、というのが結論なのかもしれません。

と書いていて、もう10年前になりますが、「神世界」騒動を思い出しました。
神奈川県警の現役警視が、有限会社「神世界」グループの霊感商法に関与した事件です。
大槻義彦さんは、その警視は文化系で、理系の教育を受けてないから霊感商法に騙されたとか言ってましたが、この人はいまだに「理系の高学歴者がなぜオウムにひっかかったのか」について何も答えを出していません。非合理主義関連の事件の原因は、全部「理系知識がないから」としか言えないない、たんなる物理学帝国主義を喧伝したいだけの不真面目で不誠実な人です。

あれはもっと素朴に、警視が「神世界」の女性オーナーがちょっといい女だったから、「女性善説」で最後まで信じただけだと思います。私も、ちょっといい女と思っちゃいましたから。モテない男としてはよくわかります。
でも、今画像を見ると、大したことなかったですね。元警視も、今頃そう思っているかもしれません。
青森県住宅供給公社巨額横領事件も、同じことだと思います。
by いっぷく (2018-03-13 02:26) 

hana2018

嫌な人・困った人に分類される中には、RUKOさんが指摘された、死ぬほどつまらない話を延々と続ける女性は勿論。同性として即座に数人の顔が思い浮かぶ、そうした経験は当然持ち合わせておりますが…
歳を重ねてきて、これまでほとんど接点のなかった相手の中で、なんとも困った、どうしようもないと思える人物が男性の、それも歳をとったお爺さんの中にも多い事を実感しております。
過去の自身の、また知り合いについての自慢話を延々と続ける。
話した事を忘れてしまうのか、同じ話の繰り返しに。また聞くに堪えない低次元な話題など。この世の中は困ったお爺ちゃん達で溢れているように感じられてなりません。
社会から隔離されたら、男も、女も同じ。場の空気も読まない、読めない…そんな人間になってしまう。
それはソネブロのブロガーさんの中にだって、私のブログでもコメント頂いた場合、基本的にはお返しのコメントはしているものの。。でも面倒くさいお爺ちゃんブロガーさんのところへは、自身のストレス回避の為、お邪魔しない事にしているのです(笑)
・・・ところで、いっぷくさんのコメント内に、モテない男として再々登場してきたのは、どういった意味なのでしょうか^^

by hana2018 (2018-03-13 14:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。