So-net無料ブログ作成

●映画『お嬢さん』のエロティックなレズシーンに呆れた「ぼかし」が!&『西郷どん』南野陽子の現状と女優歴をプチ考察。 [「言葉」による革命]

●映画『お嬢さん』のエロティックなレズシーンに呆れた「ぼかし」が!&『西郷どん』南野陽子の現状と女優歴をプチ考察。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

パク・チャヌス監督の『お嬢さん』は難も多いが魅力も極めて多い頽廃美が描かれていたけれど、内容の話はさて置いて、日本でいまだ続く映画における「ぼかし」の問題である。
『お嬢さん』の大きな見ものは、二人の女性のラブシーンだ。
レズビアンのシーンなのだけれど、これが実にエロティック。
『アデル、ブルーは熱い色』よりもずっとエロティックである。
もちろん『アデル、ブルーは熱い色』は、ラブシーンのエロスを眼目とした作品ではないから、比較してもさほど意味はないが。
『お嬢さん』のラブシーンは直接的に女優たちの肉体を映す以上に、鑑賞者の想像力を刺激する方法を採っている。
特に一方の女性が相手の性器を初めて見つめるシーンを、「性器の側から相手の顔を映す」という演出をしており、ただ裸体をカメラの前に晒すよりもずっと扇情的だ。
ところがせっかくの見事にエロティックなシーンにかなりの「ぼかし」が入ってくる。
わたしが鑑賞したのはWOWOWで放送されたヴァージョンであって、残念ながら映画館でどうだったかは確認していない。
しかし『お嬢さん』の「ぼかし」は二人の女優が絡んでいるシーンを側面からロング気味のカメラで捉えているシーンでも入っているが、その場面の何を「見せてはいけない」というのか?
女性の性器などはまったく映るアングルではなく、ただ二人の臀部のあたりにかなり大きな「ぼかし」が入ってくる。
「ぼかし」の問題は以前からあるが、いまだ日本の映画界は不可解な「ぼかし」方で作品のクオリティを損ねている。

話変わって、NHK大河『西郷どん』で篤姫の指南役 幾島(いくしま)を演じているのが南野陽子なのだが、50歳にしてはけっこう老けてしまっているなという印象だ。
いや、ひょっとして「口やかましい指南役」のために役作りをしているのかもしれないが、顔の輪郭線も若い頃よりかなり広がっているように見える。
80年代後半に、南野陽子、そして中山美穂、工藤静香、南野陽子、浅香唯が「アイドル4天王」と呼ばれていたらしいが、その時期に私は4人の誰にも興味を持っていなかった。
南野陽子の場合、一時ごり押し的に「本格主演女優」路線を事務所が歩ませていたけれど、結果的にはそれは無理筋の路線だったようだ。

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 28

コメント 2

いっぷく

韓国映画は全くわかりませんが、ヘアヌード解禁の時代にまだぼかしがあるのですか。ツタヤディスカスで、温泉めぐりをするDVDがありましたが、ぼかしなどはなくて、こういう時代になったのかと思いました。韓国の「見せてはいけない」ルールがあるのか、臀部ということは、間から実が見えているのかもしれませんね。
韓国は以前、胸も出してはいけないという決まりでしたが、それは解禁になってるんでしょうか。
高校の頃、「エンブリヨ」を見て、バーバラ・カレラがロック・ハドソンに抱かれて、女になった嬉しさを素っ裸で踊り出すシーンで表現したとき、ヘアの部分がうっすらぼかしだけでなく、シーンそのものが若干カットもされていたと記憶していますが、何しろ高校生ですから、たぶんカットされなかったら、ヘアやアソコのことばかり頭に残ってしまうので、ぼかしとカットが入ってちょうどいいぐらいだったのかもしれません。そういう配慮もあるのかもしれませんね。

南野陽子は、白いセーターを着ていたポスターをもっていて、私はそこそこ気に入っていたのですが、周囲は、「こんなのどこがいいんだ。美人でもチャーミングでもない」というようなことを言っていて、当時は「そうかなあ、でももし彼女と付き合えたら、お前ら喜んで付き合うんだろう。無理すんなよ」と言い返したものの、今考えると、私のほうが無理していたのかも(笑)髪が長くアイドルとしてメディアに出ているのだから、きれいな人として評価をすべきなんだ、という情弱の先入観を否定できません。それにしてもその四天王、いずれも劣化ぶりが著しいのではないでしょうか。

by いっぷく (2018-04-12 03:29) 

hana2018

韓国映画、ドラマは全く観ませんので、規定がどうなっているのか不明ながら。一時ブームとなったドラマは、一話見ただけであまりに単純な内容、俳優たちの演技も一律で退屈過ぎました。・・・あれは作られたブームそのなのだったとしか思えません。
「アイドル4天王」でしたか、中山美穂は綺麗で同性でも惹かれる魅力をもっていたと感じましたけれど。
床まで届きそうな長いセーラー服が似合いそうな、工藤静香のいかにもな雰囲気は最初から受け入れられませんでした、私もこれでも一応は優等生だった過去が(笑)
特に可愛くもスタイルが良い訳でもない南野陽子は、どこが良いのか疑問しかなくて、それでも今まで生き残っているのは事務所の力と言う事ですか。「西郷どん」の南野陽子の役も、斉藤由貴の降板を受けてのものでしたね。
by hana2018 (2018-04-12 16:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。