So-net無料ブログ作成

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「映画」そして「スター」と「アイドル」、あるいは「リスペクト」の有無。2018年4月14日 [「言葉」による革命]

※2018年4月17日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「映画」そして「スター」と「アイドル」、あるいは「リスペクト」の有無。

今回はまず、映画のお話から始めましょう。
日本ではすっかり映画興行が「中高生女子」中心になり、「大人の映画・大人の俳優」の出番が著しく減ってしまいました。
日本はもともと、もうずいぶん以前から、特に「大人の男性が映画を観ない」とされていましたが、そうは言っても、黒澤明の作品や市川雷蔵や高倉健の主演作、そして森繁久彌の『社長シリーズ』にしても、多くの大人の男性が映画館で鑑賞していたはずです。
もちろんビデオの登場は極めて大きく、そして様々な有料チャンネルや配信で映画を自宅で鑑賞できる現在と「かつて」を比較できるわけはありません。
それにしてもこれだけ「中高生女子向き」映画ばかりが氾濫するようになるとは。

(続きは、有料メルマガでお願いします)


nice!(13) 
共通テーマ:アート

nice! 13