So-net無料ブログ作成

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~2018年カンヌ国際映画祭、「半数が女性」の審査員団と、ケイト・ブランシェットの圧倒的カッコよさ。2018年5月13日 [「言葉」による革命]

※2018年6月1日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~2018年カンヌ国際映画祭、「半数が女性」の審査員団と、ケイト・ブランシェットの圧倒的カッコよさ。

2018年カンヌ国際映画祭のレッドカーペットを観ましたか?
とりわけ審査委員長のケイト・ブランシェットのカッコよさ。
それは誰もに対して「必見」と言いたくなる、「女性として最高峰のカッコよさ」です。

https://www.youtube.com/watch?v=I4IyArVtoOo

「女性が4人、つまり半分が女性」と話題の2018年カンヌ国際映画祭審査員の顔ぶれは次の通りです。

審査委員長ケイト・ブランシェット(俳優、プロデューサー)
チャン・チェン(俳優)
エイヴァ・デュヴァーネイ(脚本家、監督、プロデューサー)
ロベール・ゲディギアン(監督、脚本家、プロデューサー)
カジャ・ニン(ソングライター、作曲家、歌手)
レア・セドゥ(俳優)
クリステン・スチュワート(俳優)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ(監督、脚本家)
アンドレイ・ズビャギンツェフ(監督、脚本家)

さあ、女性は誰でしょう(笑)?

(続きは、有料メルマガでお願いします)

nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 14

コメント 1

hana2018

まさに御大の貫録、ケイト・ブランシェット。今回のカンヌ映画祭で審査委員長を務めるなど・・・映画デビューしてすぐの出演作品「オスカーとルシンダ」での彼女、レイフ・ファインズとの共演作は今でも大好きな一本です。物語のラストは思わず泣きそうになってしまったストーリーの良さもあるのだけれど。あの頃の彼女からは誰も想像もしなかったに違いない。
エリザベス1世を二度も演じた堂々たる存在感と、佇まいから出る圧倒的な自信に満ちた雰囲気。
「私は国家と結婚をした、夫はいらぬ。男妾はもとう」と宣言(確かこのような台詞であったかと)
従来の美貌に加えて周囲を圧倒する鋭い威厳、神々しいカリスマ性・・・そして計算され尽くされたドレス姿。後ろ姿のヒップが見えるか否かのギリギリのラインは憎いばかりに感じられました。

by hana2018 (2018-05-14 00:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。