So-net無料ブログ作成

君への本当の愛の短い言葉 2010年5月31日 [愛の景色]

午前中、君のことばかり考えた。
午後、君のことばかり考えた。
夜、少しだけ冷静になった。
けれど頭に昇るのは君のことばかりだ。
タグ:アート 美学
nice!(38)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

120万アクセス突破。ありがとうございます。 [末尾ルコ(アルベール)より]

昨日、120万アクセスを突破しておりました。。(since 2008年10月)
いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。

そうですね~。
じゃ、わたしの近況でもおしらせしましょうか(笑)

実は最近某ツタヤ(笑)の駐車場で交通事故に遭いまして・・。
いや、ご心配なく!
怪我するようなものではまったくなく、車に小さな疵(きず)がついただけ。
しかもわたしの側に責任は全くないという類の事故でした。
で、ぜんぜんたいしたことはないのですが、一応警察に事情を話し、保険会社にも連絡ということで、約2時間ほど予定外の時間を過ごしてしまいました。
ああ、時間のロス!
事故なんて、いやなものですね(・_・;)

それではこれからもよろしくお願いいたします。(^_-)-☆

                                 末尾ルコ(アルベール)
nice!(38)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

福島瑞穂消費者・少子化担当相の罷免とアンチエイジングの関係 その2 [生と死のためのアート]

さて福島瑞穂社民党党首。
政界入りする前から、その奇矯な言動で一部マニア(笑)の注目を浴び続けて来た福島瑞穂社民党党首だが、ここ数年はさすがに「少し老けたな」という印象が強かった。
なにせ「党首」ともなれば、一弁護士時代のように好き勝手な言動はできない。
顔の肌はくすみ、一部シミのようなものも見え、心身ともにずいぶんお疲れなのだろうなと、主義主張を超えて同情していなくもなかった・・ような気がする。(笑)

ところがである!
消費者・少子化担当相に至るまでの数日間、限界を超える多忙さとストレスを抱えていただろうに、顔の肌からくすみが消え、シミもあまり目立たず、何よりも表情が生きていた。
なぜこんなことが起こったか?

(もう1回くらい行けそうだし 笑)
nice!(36)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「Mother」尾野真千子の名の順序。「蛇にピアス」吉高由里子、殺気のシーン。 [吉高由里子]

そう言えば、ラストクレジットで尾野真千子の名が「一人で載る」ようになっていた。
まだ子役より後なのがいただけないが、「二人まとめて載る」よりはずっといい。
もっと言えば、倉科カナや酒井若菜よりも先に出なくてはならない。
理想として、主役の松雪泰子が最初、別格の田中裕子が最後、尾野真千子は2番目か3番目に一人で名前が出るべきだ。
実力・実績など、どう検討しても、そうである方がまともだろう。
「序列」にこだわっているわけではない。
「俳優」という芸術家に対するリスペクトの問題だ。

「蛇にピアス」で吉高由里子に「殺気」を感じたと書いた。
それは映画全体にトーンとして表れていたが、その代表的なシーンの一つ。
アマ(高良健吾)の葬式で、吉高由里子は警官たちに罵声を浴びせる。
あんな吉高由里子を、また観たい。

nice!(20)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

オレリー・デュポンAurelie Dupontのバーレッスン  「l'espace d'un instant」(日本題「輝ける一瞬に」) [愛とバレエ]

「l'espace d'un instant」にはオレリー・デュポンがバーレッスンをしているシーンもある。
「女優のような」とも形容される美貌のオレリー・デュポンの厳しい表情。
化粧っ気のないトレーナー姿で、ゆったりとバーレッスンを続けるオレリー・デュポン。
ゆったりと、真剣に、そして(ほぼ)毎日。

わたしはバーレッスンを観るのがとても好きだ。
レッスン上の空間に、ピアノの音が響く。
ピアノの音と、バレリーナたちの動作の音、そして呼吸の音。

華麗なステージは、この修行者的時間により支えられている。

nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

主観と美と美学 [末尾ルコ(アルベール) 美学 生と死のあいだ]

「美しい」だの「醜い」だのは、ひょっとしたら人間の生み出した幻想なのかもしれない。
全ての存在は「美しい」「醜い」に関わらず、そこにある。
だからと言って、幻想を語って何が悪いのか?

あるいは「美」の基準は主観に過ぎないなどとも言われる。
それはその通りだろう。
しかし意識的な者・意識的でない者、鍛えている者・鍛えていない者・・。
「主観」であっても全く質は違う。

わたしはいずれ自分の美学に名を冠するだろう。
タグ:アート 美学
nice!(33)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

スヴェトラーナと湖      バ、バ、バトン・・<(_ _)> [生と死のためのアート]

「おお、スヴェトラーナ、ぼくは本当にフィンランドの湖にいるのだろうか」
「まあアルベール!本当にあなたって人はおかしな人。今にも敵の射撃がわたしたちを抹殺しようとしているときにそんなことばっかり!」
「だってスヴェトラーナ!ぼくは不思議な気分なんだ。今君の瞳の中にいるだなんて・・。そうさぼくはおバカさんさ、君がそばにいるときはいつでも恋に狂ったおバカさんなんだ!」
「物狂おしいわ!アルベール!」
そして2人は軽くキスを交わし、数秒見つめ合う。
その間に弾丸はさらに数発2人の頭の上をかすめる。

nice!(44)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

わが「美学」へ向けて [末尾ルコ(アルベール) 美学 生と死のあいだ]

「美」とは何か?
「美学」とは何か?
歴史の上に現れた「美学」は多様だが、多分わたしの唱える美学はそのどれとも違う。
例えば優秀でアカデミックな美学者とされる人たちの中にも「美しくない」あるいは「醜い」人たちがいるとわたしは言い出すに違いない。
その意味でわたしの唱える「美学」は反逆的と言えるかもしれないし、まるでアカデミックでないというのは間違いなさそうだ。

しかしアカデミズムに何もかも任せておいてもいいことなど何もない。
そんな確信もはっきりと持っている。

わたしはいずれ自分の美学に名を冠するだろう。

タグ:アート 美学
nice!(37)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

福島瑞穂消費者・少子化担当相の罷免とアンチエイジングの関係 その1 [生と死のためのアート]

さて、梅雨入り前の日本をどことなく活気づけた感のある福島瑞穂消費者・少子化担当相の罷免。
しかしここでは政治的文脈とはまったく別の話だ。

罷免される直前の福島社民党党首。
なにかそれまでと違う印象はなかったか?
それともわたしだけの錯覚だったのか?

そう、「錯覚であってほしい」という気持ちもあるのだけれど、なんとわたしには「あれ、最近の福島瑞穂よりもきれいなのでは・・」などと感じてしまったのだ。
え、そんなことない?
やっぱり?

いやいや、それではここで終わってしまうので、「きれいに見えた」という前提で話を続けよう(・_・;)

nice!(39)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「Mother」第7話、田中裕子と尾野真千子の見せた殺気。吉高由里子が「蛇にピアス」で見せた殺気。 [吉高由里子]

田中裕子の散髪屋。
尾野真千子が入って来る。
尾野真千子は松雪泰子が連れ去った自分の娘を探している。
そして娘は奥の部屋にいるのだ。
しかし田中裕子は「娘がいる」とは言わない。
尾野真千子が娘の実の母であることにすぐ気づいたから。

田中裕子は騙そうとする。
尾野真千子は娘の靴を見つける。
強引に家の中へ入り込もうとする。
この経過、時間にしてわずかだ。
わずかの時間で強烈な緊迫感がみなぎる。
髪を振り乱した尾野真千子の殺気。
かつて殺人を犯したであろう女を演じる田中裕子の殺気。
2人とも相手を殺しかねない雰囲気を漂わす。

髪を振り乱した尾野真千子のやや耽美的な美しさ。
殺気と言えば、「蛇にピアス」の吉高由里子も濃厚に漂わせていたのだが・・。