So-net無料ブログ作成

愛の思索、その言葉 2010年11月30日 [愛の景色]

距離のとり方。
これも愛を考えるときに欠かすことのできないファクターだ。
愛しているからといって距離を詰めてばかりいては、悲惨な結果になることが多い。
タグ:アート 言葉
nice!(30)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

● ルコ美醜悪学 芸術の価値 [ルコ美醜悪学]

シンプルだけれど必ずいつも確認しなければならないこと。
芸術は美であり、力であること。芸術は美でなくてはならず、力でなくてはならないこと。

nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

今やファンも? so‐netブログの不具合 [生と死のためのアート]

so‐netブログの不具合。
不具合と言えばso‐netブログ。
次はどんな不具合が起こるか楽しみにしているファンもだんだん増えてきたとか(ないない 笑)
わたしは携帯から投稿しないけれど、携帯からの投稿ができなくてお困りの方も多いご様子。
昨夜はアクセス解析のページで「22時台」だけ抜けておりました。
どうなってるのやら~~。
nice!(32)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

言葉 [日動画廊本店  名古屋日動画廊 福岡日動画廊] [言葉 文 固有名詞]

東京都中央区銀座の日動画廊本店へ行ったことはありますか?
いいえ、わたしは東京都中央区銀座の日動画廊本店へ行ったことはありません。
名古屋市中区栄の名古屋日動画廊へ行ったことはありますか?
いいえ、わたしは名古屋市中区栄の名古屋日動画廊へ行ったことはありません。
福岡市中央区渡辺通りの福岡日動画廊へ行ったことはありますか?
いいえ、わたしは福岡市中央区渡辺通りの福岡日動画廊へ行ったことはありません。

日動画廊本店と福岡日動画廊の中間点に名古屋日動画廊はあるのですか?
それはとても素敵な考えですね。でも残念ながら、わたしは日動画廊本店と福岡日動画廊の中間点に名古屋日動画廊があるかどうかは知りません。
知らないのですか。それは少し残念ですね。ところであなたはEUの将来について思いを馳せていたそうですね。


● このカテゴリーでは「固有名詞」を使い、日本語(ときにフランス語、英語)で短い文章を作ってみます。
ごく簡単な文章でも、それは「無から有」を生む行為です。
さらに「固有名詞」と絡めると、独特の効果が生じることがあります。
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

戸田恵梨香「spec」第7話視聴率。「龍馬伝」最終回テロップ問題。吉高由里子出演「GANTZ」ジャパンプレミア。 [吉高由里子]

ありゃりゃ。戸田恵梨香「spec」第7話が視聴率9.6%。
ま、いっかあ~~。
わたしなんかもテレビドラマを放送中に観ることはほとんどなく、たいがい録画して観ているけれど、なんせCM飛ばすことができるもので。
友人のパリジャン フェノン(仮名)ともよく話するのだけれど、日本は「広告」が強すぎるのである。

話は少し違うが、「龍馬伝」最終回、龍馬暗殺のシーンで「愛媛県知事選」のテロップが流れたということでNHKに対する抗議がかなり寄せられたというが、そんなことしょっちゅうなのである。
もちろん余程の緊急ニュースであれば別だけれど、そうでなければでかでかテロップを流すなど、絵画に落書きして展示するようなものである。

と言うか、「市川海老蔵喧嘩で大怪我」ニュースを「重大ニュース」のように扱うの、いい加減にできないものか。

吉高由里子出演「GANTZ」ジャパンプレミアが11月29日に東京で行われたそうだ。
いよいよ公開も近い!

nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ソードテールの稚魚がいっぱい。 [小説 熱帯魚のハート・その喜劇と悲劇]

どうも水槽の中が明るいと思ったら、稚魚がいっぱい泳いでいる。
ソードテールの稚魚だ。

ソードテール。
「剣の尻尾」という意味となる。
勇ましい名前だ。
確かに雄の尾はすうっと長く細く伸び、美しくシェイプされた細身の長剣を髣髴させる。
凛々しく、引き締まった美を湛えた姿だ。

が、どこかヘンだぞ。
ん?どこが?
凛々しいだけじゃない。
どうにもオボコいんだ、大人のソードテールもさ。
目が大きく丸い。
「ソードテール」という名に相応しくなくつぶらな瞳をしている。
だから大人のソードテールでも、どうにも愛嬌たっぷりなんだ。

大人でもそうなのだから、ソードテールの稚魚ともなると、これがどうにも困ってしまう。

nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ミリアム・ウルド-ブラム Myriam Ould-Brahamの「ドン・キホーテ」と居合い抜き。 [愛とバレエ]

ミリアム・ウルド-ブラム Myriam Ould-Brahamの「ドン・キホーテ」を観ていて、その踊り、執拗なまでに「間」を重視する踊りに、ぼくは「居合い抜き」との共通点を見たんだ。
そしてこれは実に魅力的な発見だなと、ぼくは深夜だというのに一人心で微笑んだ。
うん、顔に微笑を浮かべるのは控えたけれど。(笑)


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「ガルシアの首」 [末尾ルコ(アルベール)の成長する小さな映画批評]

「ガルシアの首」サム・ペキンパー監督

「アバター」はそりゃあおもしろかったけれど、「あれが映画」ということになっては困る。最初から人間を描く気などまったくないような映画がこのところ多過ぎるので。
「ガルシアの首」のウォーレン・オーツは、クドく、油っこく、髪は薄く、乱暴で、ぜんぜんファッショナブルではなく、そしてなぜか歯が白い。(笑)
この男が「今の生活」から抜け出すために、既に死んでいるはずの「ガルシア」の首を墓場から盗み出して賞金を稼ごうとする過程で不条理な暴力に巻き込まれていく。
これだけの映画だが、荒唐無稽化する展開の中でもしっかりと「人間」が浮き彫りになり、今だからこそ新鮮でもある。

6点
nice!(32)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

● ルコ美醜悪学 社会的認識 [ルコ美醜悪学]

では今の日本の社会で語られていることの主流は何か?

コマーシャリズム、テクノロジー、そしてある種の「全体主義」。

「全体主義」とは穏やかではないと感じる向きもあるだろうが、日本はもうずいぶん前から「全体主義」的社会である。
ごくわずかな「個人主義者」はいるけれど、社会そのものはまったく「反個人主義的」だ。
個人主義を盲目的に賛美する気などないが、「個人の精神、あるいは魂」が重んじられない社会が閉塞してしまうのも当然のことのように思われる。


nice!(25)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

言葉 [Discovery Museum トキ・アートスペース ヨーロッパ共同体] [言葉 文 固有名詞]

本当って何ですか?
本当とは実際にあったことでしょう。
あなたはわたしがDiscovery Museumから出ながら、トキ・アートスペースとEUの未来について思考を巡らせていたというのが本当かどうか疑っているのですか?
そうも言えますね。わたしはあなたがDiscovery Museumから出ながら、トキ・アートスペースとEUの未来について思考を巡らせていたというのが本当かどうか疑っているのでしょう。
あなたはなぜわたしを疑うのですか?疑うべき理由があるというのですか?
わたしはあなたがDiscovery Museumから出ながら、トキ・アートスペースとEUの未来について思考を巡らせていたというのが本当かどうか確信が持てない。だから疑っているのかもしれません。
どうしてあなたはわたしがわたしはあなたがDiscovery Museumから出ながら、トキ・アートスペースとEUの未来について思考を巡らせていたという事に関して確信が持てないのですか?逆に言えば、どうして疑うべき確信があるというのですか?
そもそもEUとは何なのですか?
EUとは、もちろんヨーロッパ共同体です。


● このカテゴリーでは「固有名詞」を使い、日本語(ときにフランス語、英語)で短い文章を作ってみます。
ごく簡単な文章でも、それは「無から有」を生む行為です。
さらに「固有名詞」と絡めると、独特の効果が生じることがあります。

nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート