So-net無料ブログ作成

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命 [ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」 高知(土佐)薊野より全国、世界へ 「読書消滅」という危機 2014年3月31日 [「言葉」による革命]

●出版界の危機が叫ばれています。
大学生の約4割が1日の「読書時間ゼロ」だといいます。
特に「小説」が読まれない。
ごく一部のベストセラー以外は壊滅的状況だといいます。
この状況を放置しておいていいのか?
ネットがあるからいい?スマホがあるからいい?
違いますよね。

●多様性。
世界の多様性を知ること。

映画は映画として美しければそれで十分だけれど、凄いことに「美し過ぎる映画」はいつだってそれより遥かに豊かな要素を持っている。

「世界の多様性を知ること」は、その一つ。

●〈「言葉」による革命〉・・・「アデル、ブルーは熱い色」応援!

●さて、あなたは今日、「アデル、ブルーは熱い色」と何度口に出しましたか?

●『アデル、ブルーは熱い色』日本公開は、4月5日です。
その日までに、そしてその日から、あなたは何人にこの映画の話ができますか?

「アデル、ブルーは熱い色」の、

HP
http://adele-blue.com/

フェイスブック
https://www.facebook.com/adelebluemovie

ツイッター
https://mobile.twitter.com/adelebluemovie

nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2014年3月31日 [愛の景色]

君のためにすべての限界を超えたい。

タグ:アート 言葉
nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・西島秀俊、真木よう子、春新ドラマ「MOZU」の逢坂剛と有村架純。2014年3月31日 [「言葉」による革命]

●2014年春新ドラマ「MOZU」なんですが、これはWOWOWとTBSの共同制作ということで、尚のこと期待できそうです。
原作が逢坂剛というのがちょっと、ですが。
わたしは直木賞系作家の本はあまり読まないのだけれど、かつて逢坂剛の本はよく読んでいた時期がありました。
そこそこおもしろかったんですが、底流に流れる意識に相容れないものがある、というのも強く感じていましたね。
逢坂剛の感覚というのが、「いわゆる従来の日本人のおやじ感覚」だとわたしには感じられたのです。
特に女性に対する視点、女性の描き方が「おやじ感覚」で気持ち悪かった。
そして雰囲気とか設定とか「ハードボイルド風」にしているようだけれど、米国の「本物」とはまったく似て非なるもの。
逢坂剛の基本的感覚は「ベタなおやじ感覚」であって、それが好きな人は違和感なく楽しめるのでしょう。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

背徳の映画「肉体の森」イジルド・ル・べスコの金色の髪の毛。 [吉高由里子]

[黒ハート]「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[黒ハート]

[黒ハート]「末尾ルコ 会話芸術」
[黒ハート]「末尾ルコ 革命広場」

「言葉」「会話」「コミュニケーション」「話し方」・・・「美」

●言葉・会話・話題・コミュニケーション・ボキャブラリー(語彙)は末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で!

ボキャブラリーを徹底的に増やす。
そして会話力話題力・コミュニケーション能力強化。
さらに上を。

当ブログを毎日訪ねてくだされば、刻々と変化する社会の動きに合わせながら言葉・会話・話題・コミュニケーション・ボキャブラリー(語彙)を磨くことができます。

※さらに深く言葉・会話・話題・コミュニケーション・ボキャブラリー(語彙)に関して極めて行きたい方は、メルマガ購読、カフェサロン参加を!

[スペード]俳優など「表現者」を育てるのは、最終的には「よき鑑賞者・支持者・ファン」です。

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●ブノワ・ジャコ監督、イジルド・ル・べスコ主演「肉体の森」という映画があります。
19世紀の南仏。
流浪人の怪しげな男に呪文を掛けられて「肉欲」の世界に誘われる一人の女。
しかしそれはあくまで「男の暴力」によるものなのか、それともどこかで「女の欲望」が勝ったのか?
現実の世界であればこうした場合、まず100%、男の側に言い訳の余地はないし、言い訳させてはならない。
しかし映画や文学の場合、「肉体の森」で表現された背徳的世界や心理は時に極めて魅力的なものとなる。
現実の世界と創作の世界を同一視してはならないのです。

●ブノワ・ジャコ監督、イジルド・ル・べスコ主演「肉体の森」はとりたてて素晴らしい出来の映画ではありません。
が、とても映画的であり、100分以上退屈することはない。
イジルド・ル・べスコという女優が観る者を引っ張ってくれる。
既に4本の長編映画を監督しているイジルド・ル・べスコだけれど、一見とてもそうは見えないほど白痴的な役が似合っている。
丸顔、さほど締りのない唇、肉感的なプロポーションは、ピエール・オーギュスト・ルノワールのモデルたちをやや細身にした感がある。

●イジルド・ル・べスコが「肉体の森」で目を引く様なパフォーマンスを展開しているかというと、これまたそんなわけではない。
多くの時間は「ぼけっ~」とした表情で費やされ、時に(何考えとんのだ)と失笑しかかるような振る舞いに及ぶ。
で、それが「つまらない」かと言うと、いや、なかなか楽しめるのだ。
そしてウェーブの掛かった豊かな金髪が南仏の風景の中に揺らめく。


「吉高由里子を映画館で観よう!」
「綾野剛のファンであれば、さあ、出演映画を観よう!それが綾野剛が活躍できる社会への一歩となる」


推薦映画

ジェニファー・ローレンス主演「ウィンターズ・ボーン」(かなりヴァイオレンス)
ライアン・ゴズリング主演「ドライヴ」(すごくヴァイオレンス)
末尾ルコは、レア・セドゥ主演「アデル、ブルーは熱い色」(配給 コムストック・グループ)を大応援しています!
「アデル、ブルーは熱い色」は、2014年4月5日より、BUNKAMURAル・シネマで日本公開

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・ピヒラ・ヴィータラの映画「ヘンゼル&グレーテル」。2014年3月31日 [「言葉」による革命]

●トミー・ウィルコラ監督の「ヘンゼル&グレーテル」という映画があります。
日本ではDVDスルーとなった作品ですが、なかなかおもしろいです。
グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」の後日談という設定。
ヘンゼル役がジェレミー・レナーでグレーテル役はジェマ・アータートン。
ジェマ・アタートンはまださほど高い知名度の女優ではないですが、すっきりした正統的な美貌が目を引きます。
他にファムケ・ヤンセンも魔女の総帥的役柄で出演していますが、注目は「ミーナ」役のピヒラ・ヴィータラという女優。
ちょっと変わった名前ですが、フィンランド人だということ。
「ヘンゼル&グレーテル」の中のピヒラ・ヴィータラがいいんです。
鬱金色の服に長い赤毛。
そんなピヒラ・ヴィータラが泉でジェレミー・レナーと戯れるシーンがある。
ラファエロ前派の絵画を眼前にしているような美しさ。
この映画のそのシーンが「ラファエロ前派と同等」と言っているわけではないけれど。
グロシーンも適度に混入し、90分弱という長さも好ましい一本でした。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「言葉」による革命・「美」による革命   「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」 高知(土佐)薊野より全国、世界へ 「たいしたことではない」?2014年3月30日 [「言葉」による革命]

※4月12日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋

●規模的に大きな問題はもちろん、「たいしたことではない」と言われそうなことでもデリケートに考え、意志を表明して行かねばならない。
●多様性。
世界の多様性を知ること。

映画は映画として美しければそれで十分だけれど、凄いことに「美し過ぎる映画」はいつだってそれより遥かに豊かな要素を持っている。

「世界の耐用性を知ること」は、その一つ。

●〈「言葉」による革命〉・・・「アデル、ブルーは熱い色」応援!

●さて、あなたは今日、「アデル、ブルーは熱い色」と何度口に出しましたか?

●『アデル、ブルーは熱い色』日本公開は、4月5日です。
その日までに、そしてその日から、あなたは何人にこの映画の話ができますか?

「アデル、ブルーは熱い色」の、

HP
http://adele-blue.com/

フェイスブック
https://www.facebook.com/adelebluemovie

ツイッター
https://mobile.twitter.com/adelebluemovie


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ダイヤ]高知を日本の言語文化の中心とする運動にあなたもご参加を![ダイヤ]

高知は「日本史の流れを変えた革命の地」として歴史に残り、住民は誇りを持って暮らし、他地域から訪れる人、移住する人も絶えることがない。

※そんなこと不可能だとお思いですか?私は可能だと考えています。そのためにあなたのご参加が必要です。

●「末尾ルコ カフェサロン」で国語力・言語能力を徹底的に磨いてください。
・子どもの国語力を上げる講座(参加費1回 1500円+お茶代)
・家庭教育を考え抜く会(参加費1回1000円+お茶代)
・子どもの国語(および文化系)学力個人相談(1回 2000円+お茶代)
・言語能力を楽しく磨く「会話クラブ」(参加費1回 500円+お茶代 4名様より)

nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2014年3月30日 [愛の景色]

君のためなら限界を超えるまでの勇気を振り絞ることができる。

タグ:アート 言葉
nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・あなたはスカイマークの「ミニスカート制服」をどう思いますか?2014年3月30日 [「言葉」による革命]

●スカイマークのCA(客室乗務員)の新制服が話題になっていますね。
この話題、ご存知ですか?
何が話題になっているかと言えば、「かなりのミニスカート」で賛否両論という実に次元の低いもの。
わたしも当該制服の写真を見ましたが、「賛否」というけれど、あの「制服」に「賛成」するのはエロおやじ(とエロガき)だけなんはないでしょうか?
ああいうミニスカートを個人で着用するのは何の問題もない。
あくまで個人の趣味の問題です。
しかし社会的に責任ある企業が「制服」として採用するのは大いに問題です。
「着たくない者は人に強制はしていない」とスカイマーク側は説明しているらしいですが、ああいう「制服」が「用意」されているというだけで、真っ当な企業、真っ当な事業所であるとは、わたしは思いません。


タグ:アート
nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「花子とアン」と吉高由里子の「美」と「トンスラ」。 [吉高由里子]

[黒ハート]「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[黒ハート]

[黒ハート]「末尾ルコ 会話芸術」
[黒ハート]「末尾ルコ 革命広場」

「言葉」「会話」「コミュニケーション」「話し方」・・・「美」

●言葉・会話・話題・コミュニケーション・ボキャブラリー(語彙)は末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で!

ボキャブラリーを徹底的に増やす。
そして会話力話題力・コミュニケーション能力強化。
さらに上を。

当ブログを毎日訪ねてくだされば、刻々と変化する社会の動きに合わせながら言葉・会話・話題・コミュニケーション・ボキャブラリー(語彙)を磨くことができます。

※さらに深く言葉・会話・話題・コミュニケーション・ボキャブラリー(語彙)に関して極めて行きたい方は、メルマガ購読、カフェサロン参加を!

[スペード]俳優など「表現者」を育てるのは、最終的には「よき鑑賞者・支持者・ファン」です。

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●「花子とアン」の番組宣伝などで吉高由里子のインタヴュー、記者会見が映ったりするんですが、やはり美しいですね。
どこから見ても非の打ちどころのない美しい顔立ちをしている。
しかも「モデルのきれいさ」とはまったく違う、「女優の美しさ」なんです。
「感情の表現を芸術まで昇華出来る人間」の美しさとでもいいましょうか。
ただ、吉高由里子はそれ以前に造形的に非のうちどころのない美しさがある。
どこからどう撮っても美しいんです。
それにどんな表情をしても美しい。
才能ある若手女優は数多くいる昨今だけれど、吉高由里子ほど美しさに恵まれた人はそうはいない。
しかもその「美しさ」は奥深く、時に危険なほどの鋭さを持ったものなのです。

●「花子とアン」はNHK朝ドラマです。
NHK朝ドラマ、に限らず、テレビドラマは基本的に「美」を求めないものです。
視聴者の中には「テレビドラマの中にも美を」と考える人がいるでしょう。
しかしそれは「ないものねだり」です。
テレビは本質的に、「美と対立する」とさえ言ってもいいでしょう。
例外もあります。
それにも吉高由里子が主演していましたが、かつて深夜帯で放送された「トンスラ」です。
近年のテレビドラマとしては際立っていました。
「美」と「狂気」がほどよく配分された見事なテレビドラマでした。

●「アンと花子」は、吉高由里子と仲間由紀恵、そして黒木華。
この3人の「女優」の交換が最大の見ものと言っていい。
3人とも今の日本では、「女優」と表現する以外あり得ないほど「女優」である。
ただ本当は、仲間由紀恵ももっとその力量を生かせる役があればいいのだけれど。


「吉高由里子を映画館で観よう!」
「綾野剛のファンであれば、さあ、出演映画を観よう!それが綾野剛が活躍できる社会への一歩となる」


推薦映画

ジェニファー・ローレンス主演「ウィンターズ・ボーン」(かなりヴァイオレンス)
ライアン・ゴズリング主演「ドライヴ」(すごくヴァイオレンス)
末尾ルコは、レア・セドゥ主演「アデル、ブルーは熱い色」(配給 コムストック・グループ)を大応援しています!
「アデル、ブルーは熱い色」は、2014年4月5日より、BUNKAMURAル・シネマで日本公開

nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・2014年日本アカデミー賞、最優秀主演・助演女優賞同時受賞の真木よう子は耽美的である。2014年3月30日 [「言葉」による革命]

●2014年日本アカデミー賞セレモニーで真木よう子は黒のパンツスーツで極めて来ましたね。
大きな目、濃く赤い口紅・・・なかなか耽美でした。
真木よう子はその演技スタイルや本人の気の強さ、非常に意志的な性格などから、どちらかと言えばリアリスティックな問題作の印象も強いですが、日本アカデミー賞セレモニーでも分かるように、本来はかなり現実離れした美貌の持ち主です。
耽美的な映画に主演する真木よう子も観てみたい。
三島由紀夫、泉鏡花、あるいは夢野久作だとかもおもしろい。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート