So-net無料ブログ作成

●高知は「日本で最も素敵な県」となります! [「最高素敵県」「素敵の首都」高知を創り、日本へ]

●「居ながらにして」大いなる社会貢献ができる。それが末尾ルコ〈「言葉」による革命〉!

あなたが今の仕事をしながらでも「社会貢献」ができる。そが末尾ルコ〈「言葉」による革命〉!

●「居ながらにして」大いなる社会貢献ができる。それが末尾ルコ〈「言葉」による革命〉!

あなたが今の仕事をしながらでも「社会貢献」ができる。そが末尾ルコ〈「言葉」による革命〉!

●「居ながらにして」大いなる社会貢献ができる。それが末尾ルコ〈「言葉」による革命〉!

あなたが今の仕事をしながらでも「社会貢献」ができる。そが末尾ルコ〈「言葉」による革命〉!

●高知は「日本で最も素敵な県」となります!
つまり、「最高素敵県」です。
そして「素敵の首都」です。

ここで、「素敵」という言葉に含まれる深い意義・意味もぜひご想像ください。

この「最高素敵県 高知」は。県や市などの自治体主導ではまったくなく、末尾ルコが提唱・推進する〈「言葉」による革命〉の方法論に基づくものです。

▲「最高素敵県高知」は、2015年3月8日(日)より始まっています!

高知にお住まいの方はもちろん、そうでない方も「最高素敵県高知」の仲間になれますよ!

「素敵な高知」を創る!
そして「素敵な日本」を創る!


※詳しくは、
メインブログ 末尾ルコのミューズ、そして〈「言葉」による革命〉!! 
メルマガ(有料) 「人生を強く美しく愛とともに狂おしく生きるレッスン」

直接指導も適宜行っております。執筆依頼などもメインブログサイドバーのアドレスへご連絡を。

[ダイヤ]「言葉」による革命[ダイヤ] 革命・芸術 末尾ルコ(アルベール)

トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その34。2015年3月31日 [『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』]

●『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その34。

丘メヒー子の「あの言葉」を耳にしたパパイヤ組の生徒たちの状態。
丘メヒー子の「あの言葉」を耳にしたパパイヤ組の生徒たちの状態。

それは五台山おらんく中岡慎太郎小学校の長きに渡る歴史の中でも「最悪の一つ」と言って過言ではない恐るべき騒擾だった。
この大音響を担任の山の中椅子子はどのように聞いていたのか?
実は「あの言葉」を耳にしてからの数分間、椅子子には何も聞こえていなかった。
「あの言葉」が椅子子の心にダイレクトに突き刺さったその衝撃力は、一時的に聴力さえ奪っていたのだ。

筆者、すなわち末尾ルコ(アルベール)は、当時の大騒擾を敢えて次のように単純化して記してみよう。

「おばちゃん、なんでタコみたいなが?」
・・・・・・刹那の沈黙。

大爆発!大炸裂!!

ばふうっ!!!
どぎゃあああああああん!!!
うおおおおん、おおおおおおおおん、うおおおおおおおおおおおおおおおおおんんん!
うい~~~ん、ういいいいいいいいいいんんん~、ういいいいいいいいいいんんん~・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●子供たちの国語力を上げる!
あなたの言語能力を上げる!

高知を「日本史上初の自由・知性・美の革命運動の地」とする。
高知を「世界最高の日本語を使う場所」とする。
 ↓
高知で暮らせば「世界最高の日本語」を身に付けることができるという認識を日本国内、そして海外に広める。

高知は「日本史の流れを変えた革命の地」として歴史に残り、住民は誇りを持って暮らし、他地域から訪れる人、移住する人も絶えることがない。

※そんなこと不可能だとお思いですか?私は可能だと考えています。そのためにあなたのご参加が必要です。

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2015年3月31日 [愛の景色]

そして命の続く限り、
いや、それどころか、
たとえ「命だけ」になってさえも、
君を想い続けるつもりだよ!

nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・末尾ルコ傑作詩「夢か現か妖かしか オリガ・スミルノワとアンナ・ニクーリナ」篇。2015年3月31日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ傑作詩「夢か現か妖かしか オリガ・スミルノワとアンナ・ニクーリナ」篇。

あやかしい妖かしではなく
心底肝を冷やすような妖かしを
夢とも現とも判じ難き
夢と現の境目がいつの間にか
消滅しているごとき
妖かしを
その世界に入り込めば、
オリガ・スミルノワと
アンナ・ニクーリナさえ
一体の
キメラと化



nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

末尾ルコ詩D 「暗黒街の弾痕」、ボニーとクライド、最高素敵県 高知 篇。『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その34。末尾ルコ「社会不正を許さない!」~ドラマ「問題のあるレストラン」に似たセクシャルハラスメントで苦しまないために。 [吉高由里子]

[ハート]「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ詩D 「暗黒街の弾痕」、ボニーとクライド、最高素敵県 高知 篇。

一本どっこ
さてぼくは
ワイパーについて
そしてフリッツ・ラングの「暗黒街の弾痕」について
もちろんボニーとクライドについて

一本どっこ
さてぼくは
ワイパーについて
そしてフリッツ・ラングの「暗黒街の弾痕」について
もちろんボニーとクライドについて

さてぼくは、
高知 土佐

どんどん素敵になれる

確信している。

●『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その34。

丘メヒー子の「あの言葉」を耳にしたパパイヤ組の生徒たちの状態。
丘メヒー子の「あの言葉」を耳にしたパパイヤ組の生徒たちの状態。

それは五台山おらんく中岡慎太郎小学校の長きに渡る歴史の中でも「最悪の一つ」と言って過言ではない恐るべき騒擾だった。
この大音響を担任の山の中椅子子はどのように聞いていたのか?
実は「あの言葉」を耳にしてからの数分間、椅子子には何も聞こえていなかった。
「あの言葉」が椅子子の心にダイレクトに突き刺さったその衝撃力は、一時的に聴力さえ奪っていたのだ。

筆者、すなわち末尾ルコ(アルベール)は、当時の大騒擾を敢えて次のように単純化して記してみよう。

「おばちゃん、なんでタコみたいなが?」
・・・・・・刹那の沈黙。

大爆発!大炸裂!!

ばふうっ!!!
どぎゃあああああああん!!!
うおおおおん、おおおおおおおおん、うおおおおおおおおおおおおおおおおおんんん!
うい~~~ん、ういいいいいいいいいいんんん~、ういいいいいいいいいいんんん~・・・。

●末尾ルコ「社会不正を許さない!」~ドラマ「問題のあるレストラン」に似たセクシャルハラスメントで苦しまないために。

♪ふ~む。ディアンジェロの「Live at The Jazz Cafe」

あなたの職場にセクシャルハラスメントをしている人はいませんか?
あるいはパワーハラスメントは?
泣き寝入りしてはいけません。
直接直訴しなくても、方法はいろいろあります。
あなたがあなた自身が被っているハラスメントを打破するのは決して「あなただけのため」ではない。
その一つ一つの行為が「他の被害者、これから被害者になるかもしれない人々」を救う可能性を持っているのです。

日本は社会的にもっともっと
「このような言動はセクシャルハラスメントになり得る」
「このような言動はパワーハラスメントになり得る」
という情報を徹底していくべきです。
その経過として人間関係にいくらかギスギスした雰囲気が雰囲気ができるにしても、状況に応じて調整していけばいいのです。
まず考えるべきは、不当な苦しみを与えられている人を救済することです。

ドラマ「問題のあるレストラン」では極めて悪質なセクシャルハラスメント行為が描かれており、ドラマ全体の表現にもやや疑問があるところですが、「似たような状況」で苦しんでいる人たちは無数にいるはず。
その意味でも「問題のあるレストラン」制作の意義は十分あったのだと思います。


♪ふ~む。ディアンジェロの「Live at The Jazz Cafe」


[スペード]マスメディアの操作」と「日本人の弱さ」によって膨張した人気者たちは、もちろん本物ではないし、「スター」でもありま
せん。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・末尾ルコ「映画であなたの人生をより強靭に、美しくする講座」~「あなたが今すぐに、よき鑑賞者に!。2015年3月31日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画であなたの人生をより強靭に、美しくする講座」~「あなたが今すぐに、よき鑑賞者に!」。

近年ハリウッド映画でとてつもない予算をかけ、とてつもない大ヒットを果たすという作品が目に付きますが、例えば「アベンジャーズ」とか「アイアン・マン3」とか「ワイルド・スピード ユーロミッション」とか、だいたいこうした映画は作品終盤の大爆発連発大バトルシーンへ至ると「もううんざり」というパターンになります。
世界的に超メガヒットしているのだから映画の作りとしては非常にハイレベルではある。
けれどCGと大爆発が入り混じるシーンが始まると、「どの映画でも同じじゃねえか!」と思いたくなる。
超絶予算を使った映画よりも低予算、あるいはそこそこの予算で面白い映画は今でもいくらでもあります。
そのような作品を楽しみ、鑑賞する人が増えていけば映画はますますおもしろくなるし、増えなければ映画は瀕死の状態になる。
「よき鑑賞者(享受者)」が増えねば、そのジャンルの継続・発展はありえません。
そして今すぐに「あなたがよき鑑賞者(享受者)になる」ことでが、社会は今すぐに「よき方向へ動き出す」のです。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

革命・芸術 末尾ルコ メルマガ(有料) 「人生を強く美しく愛とともに狂おしく生きるレッスン」ご購読者募集! [末尾ルコ(アルベール)より]

●「それ」は決して「それだけ」ではない。 「それ」は決して「それだけ」ではない。 「それ」は決して「それだけ」ではない。

革命・芸術 末尾ルコ メルマガ(有料) 「人生を強く美しく愛とともに狂おしく生きるレッスン」ご購読者募集! あなたは「知性」「感性(感覚)」をどのように鍛えますか? あなたはどのように「素敵」になりますか? これらを安易なノウハウ本などで即席に身に付けることはできません。 常に「鍛え」「磨く」こと。 革命・芸術 末尾ルコ メルマガ(有料) 「人生を強く美しく愛とともに狂おしく生きるレッスン」は「知性」「感性(感覚)」などを継続的に鍛え、あなたの「人間としての力・魅力」を向上させる他の誰にも真似できない「新たな、しかもエキサイティングな教育の場」です。 ※革命・芸術 末尾ルコ メルマガ(有料) 「人生を強く美しく愛とともに狂おしく生きるレッスン」は、メインブログサイドバーよりお試しを!
トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●〈「言葉」による革命〉・・・FaceBook見て、評価が鰻下がり!2015年3月30日 [「言葉」による革命]

※2015年5月4日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●FaceBook見て、評価が鰻下がり!

と言いますが、わたしはあまりSNSを使っておらず、FaceBookもツイッターもアカウントは持っているけれど(今のところ)ほぼ「何もやってませ~ん」状態です。
自分にとって有用な使い方を見出せれば、がぜん高頻度になるかもしれませんが。
で、人のFaceBookやツイッターを見ることもほとんどないんですが、たま~に間違って(笑)知人のFaceBookなんかに迷い込むと、(ええ?こんな阿保だったの?!)と一気に見えちゃうことがあるんです。
ひと言申し上げておくと、
「いい大人があまり幼稚なページ作っちゃいけませんよ」

です。はい。

(続きは有料メルマガでお願いします)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●子供たちの国語力を上げる!
あなたの言語能力を上げる!

高知を「日本史上初の自由・知性・美の革命運動の地」とする。
高知を「世界最高の日本語を使う場所」とする。
 ↓
高知で暮らせば「世界最高の日本語」を身に付けることができるという認識を日本国内、そして海外に広める。

高知は「日本史の流れを変えた革命の地」として歴史に残り、住民は誇りを持って暮らし、他地域から訪れる人、移住する人も絶えることがない。

※そんなこと不可能だとお思いですか?私は可能だと考えています。そのためにあなたのご参加が必要です。

タグ:アート
nice!(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・末尾ルコ「映画であなたの人生をより強靭に、美しくする講座」~「どんな映画を観たらいいか分からないんですよ~」なんて言ってはいけない。2015年3月30日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画であなたの人生をより強靭に、美しくする講座」~「どんな映画を観たらいいか分からないんですよ~」なんて言ってはいけない。

「どんな映画を観たらいいか分からないんですよ~」
と言う人、かなり多いんです。
そもそもそう言う人たち、映画を観る気がない、あるいは人生の中の映画の価値、位置づけができていない、という場合が多い傾向があります。
「何を観ればいいか分からない」という方に「お薦め映画」をいくつか紹介することもあるんですが、一年経っても観ていないというケースが多い。
もちろん強制すべきものではないから、会う度に「あれ観た?あれ観た?」なんていうことは尋ねません。
ただですね、「思想・信条の自由」は万人に保障されねばならないけれど、映画を含めて芸術文化に関しては、ある年代の人たちに対して「強制に近い形」で鑑賞させることも必要ではないかとも思っています。
もっとも、ここには難しい要素がいっぱいあって、学校の授業でクラシック音楽をいくら聴かせても、ほとんどの生徒はクラシックファンになりません。
学校の読書感想文が「本嫌い」「作文嫌い」に拍車をかけているという意見もある。
「どう伝えるか」「どう紹介するか」は今後ますます重要になってきます。

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2015年3月30日 [愛の景色]

人生の中でこれだけ深く「愛」について想えているのも、
すべて「君という存在」のおかげなんだ!

nice!(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート