So-net無料ブログ作成
検索選択

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ 末尾ルコB「観照」。2016年2月29日 [末尾ルコB]

▲末尾ルコB

「死」とは何でしょう? 「死」と「生」とはどんな関係があるのでしょうか? きっと明確な答えは出ません。 けれどわたしたちは、「観照」することはできる。


・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブルグ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。

nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その101。プチ土佐弁講座付。2016年2月29日 [『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』]

●『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その101。プチ土佐弁講座付。

▲「帯屋町と薊野で漂流」

ここではちきんの心理を描いた土佐弁を標準語に訳さねばなるまい。
リアルな現在土佐弁の感覚を味わってくれたまえ!

(お~の。こりゃちっとめったちや。こんなにおっこうになるとは思わんかったきねえ。いやあ~、こいたあらあ、こんなに大声出いたらおんちゃんが怒りに来るかもしれんじゃか~)



標準語

(うひゃあ。こりゃまいったなあ。こんなに大袈裟になるとは思わなかったからねえ。いやあ~、こいつら、こんなに大声出したらおじさんたちが怒りに来るかもしれんじゃないか~)


※この小説は(もちろん)フィクションです。

※とっても可愛いのに何をやっても上手くいかないヘンなぼっちゃんを応援しよう!

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2015年2月29日 [愛の景色]

(君のすべてへの愛)

2月10日の朝。
朝の君。
それはいつも
冬の朝も
秋の朝も
夏の朝も
春の朝も

気候とも気温とも
まるで違った
愛しさの熱を
ぼくの与えてくれる

nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

末尾ルコ詩D「猫、オレリー・デュポン」篇。末尾ルコ「映画女優演技論」~「リトル・フォレスト」の橋本愛は、「アップに耐える」の一証明である。 [吉高由里子]

[ハート]「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ詩D「猫、オレリー・デュポン」篇。

「猫、オレリー・デュポン」

オレリー・デュポン、
その若き日、
今でも若いのだけれどね。
「チャイコフスキー・
パ・ド・ドゥ」を
マニュエル・ルグリと踊る姿を
観て、
心臓が爆発しそうに
なった

そんなオレリーが、
今はパリ・
オペラ座バレエ
芸術監督

・・・・・・

ぼくの素敵なネコは
ぼくの芸術監督でも
あるんだぜ!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

●末尾ルコ「映画女優演技論」~「リトル・フォレスト」の橋本愛は、「アップに耐える」の一証明である。

橋本愛は以前「キネマ旬報」にフランソワ・トリュフォーに関するエッセイを寄稿していて、それが「素晴らしいエッセイだった」とは言い難かったのは致し方ないにしても、1996年生まれがトリュフォーについて一定の分量で書くのが素敵でしょう。

話は横道に逸れますが、「橋本愛」で検索すると「劣化だなんだ」と見たくもない文字が氾濫していたりするのだけれど、ネットの世界、「度し難い馬鹿」が多いので困る。

▲末尾ルコBテーゼ

・あなたは、あなたの家族は、あなたの友人は、「度し難い馬鹿」であってはいけません。

それはさて置き、橋本愛主演映画「リトル・フォレスト」は五十嵐大介原作、映画は4部で構成されていて、劇場公開は2部ずつ、「夏・秋」「冬・春」でした。
監督は森淳一。
「重力ピエロ」の監督です。
「重力ピエロ」と言えば、吉高由里子がかなり前から「才能の無駄遣い」状態になっていることは時々書いていますが、同作品の中で実によかった岡田将生ももう一つ「これは!」という役が最近ないですね。
タイトル見ただけで観たくなくなる日本映画がこのところ多くて。

で、「リトル・フォレスト」。
料理や園芸の薀蓄連発のこの作品を、しかもトータルで4時間ほど飽きずに鑑賞できたのは、街生活では普段見ることのできない自然とそれとともに生きる生活の姿が映像としてきっちり捉えられているから、そして「橋本愛」の存在です。
もともと橋本愛はテレビ向きではない、映画向きの「アップに耐える」顔であり、さらに女優としての圧力がかなりのものである。
ストーリーらしいストーリーがない「リトル・フォレスト」をそこそこ楽しむんで観続けられたのは、「橋本愛の映画女優クオリティ」に帰するところ大なのです。

ま、もっとも「リトル・フォレスト」、ラストおエピソードが大蛇足ですし、台詞も感心しない部分が多くはありますが。

[スペード]マスメディアの操作」と「日本人の弱さ」によって膨張した人気者たちは、もちろん本物ではないし、「スター」でもありません。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、聖女バルバラ」篇。2016年2月29日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、聖女バルバラ」篇。

「猫、聖女バルバラ」

聖女バルバラの存在が
信者の集合的妄想だったにせよ
夢が集合した姿にせよ
いやだからこそ、
聖女バルバラは今でも
「いる」
と言える。
ひょっとしたら、
今まさに、
あなたの隣にも。

・・・・・・

ぼくの素敵なネコの隣には
いつでもぼくがいたいのだよ!

nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ 高知県は「幸福」か?~高知の未来は日本の未来である。2016年2月28日 [「言葉」による革命]

●例えば高知県の土佐経済同友会は「独自の幸福度指標」を作ろうとしています。
かつて法政大学が発表した都道府県別幸福度調査で、「46位」の憂き目に遭ったことに対抗しようとしたのかどうか。

おもしろい試みではあると思いますが、「牽強付会」になりはしないか?
わたしはこの試みを尊重はするけれど、「現状の高知ではいけない」と思ってますので、その点も含めてこの重要なテーマ、取り組んでいきます。


・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブルグ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・● 末尾ルコ詩D「猫、弾ける」篇。2016年12月28日 [「言葉」による革命]

● 末尾ルコ詩D「猫、弾ける」篇。


 「猫、弾ける」

 かっぱえびせんのフォンデュ味とやらを
 齧っているとスイスが弾け飛んだ
 パチパチと
 パチパチと
 ベンチッチと
 べリンダと
 スイッツランドが

・ ・・・・・

 いつも素敵に始めている、
 ぼくの素敵なネコ!!

 (毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・「真のファッションセンス」を身に付ける方法。2016年2月28日 [「言葉」による革命]

※2015年8月11日配信 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「真のファッションセンス」を身に付ける方法。

わたしが中学・高校の頃からいたんですが、真っ先に
メンズファッション誌に載っている通りの服を買い、コーディネートをして(どうだ、おれは最先端のファッションセンスだろう)という手合いですね。
残念なことに、多くの人がそうした手合いを「ファッションセンスがいい」と信じている。
ま、わたし、中学・高校の頃はメンズ詩などに一切興味がなく、バリバリの映画ロック文学およびプロレス少年でしたから。
ロックとファッションは分かち難く結び付いているけれど、中高生は金がないのでレコード、映画、本などに金をかけると、そうそう「ファッション誌推奨服」なんぞ買えないんですよ。
しかしその後わたし独自のファッション感覚を磨いてくる過程で、「メンズファッション誌に載っている通りの服を買い、コーディネートをして(どうだ、おれは最先端のファッションセンスだろう)という手合い「違う」とはっきり分かったので、「真のファッションセンスとは何か」というテーマも掘り下げていきます。

(続きは有料メルマガでお願いします)

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2015年2月28日 [愛の景色]

(君のすべてへの愛)

君の「キュッ」と詰まった表情を見るたびに、
ぼくの心は君への愛しさが
「キュッ、キュッ、キュッ」と噴出するのさ!

nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

末尾ルコ詩D「猫、働き」篇末尾ルコ「映画俳優演技論」~「俳優 亀岡拓次」の安田顕、「ブレーク」という言葉の良し悪しはさて置いて、その「生き方」、そして橋本愛の「リトル・フォレスト」。 [吉高由里子]

[ハート]「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ詩D「猫、働き」篇。

「猫、働き」

朝早くから働くあなたたちよ
その姿を見て、
大いに刺激を受けている
わたしがいることを知ってほしい
そしてより強く思う
わたしはあなたたちより
遥かに働こう
あなたたちのために!

・・・・・・

もちろん
ぼくの素敵なネコのために
ぼくは最高の働きを
見せるのさ!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

●末尾ルコ「映画俳優演技論」~「俳優 亀岡拓次」の安田顕、「ブレーク」という言葉の良し悪しはさて置いて、その「生き方」、そして橋本愛の「リトル・フォレスト」。

安田顕という人は「どんな映画のどんな役でも引き受ける」というスタンスだったらしいですね。
一人の俳優の生き方として素晴らしい。
だからこそ、映画「変態仮面」や「女子ーズ」などのいいシーンが生まれたのです。
もちろんこれは、「誰もがどんな役でも引き受ければよい」と言っているわけではありません。
安田顕の場合は、少なくとも2015年くらいまでは「さほど作品を選べる立場ではなかった」というのもあるでしょう。
「十分選べる立場」でありながら、お粗末な作品に出ている俳優には、わたしはとても批判的です。
例えば堀北真希なんかはそうです。
「いつまで幼稚なテレビドラマへ出演し続けるのか」・・・。
ま、堀北真希が今後改善しそうな気はしませんが。

安田顕の場合、「選べないから断らない」というだけでなく、「映画の世界で頑張りたい。映画の世界で認められたい」という意志が感じられて、好感が持てます。

ただ今後は、「俳優 亀岡拓次」で映画初主演も果たし、そろそろ「選べる俳優」になってきたこともあり、それだけに安田顕が「どう選んでいくか」にも注目したいのです。

・橋本愛主演の「リトル・フォレスト」という映画があるんですが、料理や園芸の薀蓄連発で(何なんだ、これは)とまず感じます。
ところが観ている内に、(あ~、もっと工夫して料理作ってみよう)(明日は庭の土をいじってみよう)・・・といった気分になる。
映画として素晴らしいかどうかは何とも言い難いけれど、観賞して自分の中に何らかの「いいもの」は生じる。
そんな映画であり、そして

「橋本愛」

という存在の希少性もあらためて感じられた作品です。

▲末尾ルコB あるテーゼ

・ベッキーは極めて空虚である
SMAPはかなり空虚である
・安田顕はほとんど空虚ではない

・橋本愛はまったく空虚でない

[スペード]マスメディアの操作」と「日本人の弱さ」によって膨張した人気者たちは、もちろん本物ではないし、「スター」でもありません。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート