So-net無料ブログ作成

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●ベルギー 死とショコラ その1 2016年8月31日 [「言葉」による革命]

●「貴様はベルギーのロックについて何を知っているのか?」と男は問う。もう一人の男は答える、「ベルギーとはワッフルの国だろう」問うた男はそれを聞き、王冠を戴いたワッフルを脳裏に浮かべるが気を取り直し、「Amatorskiとか、Kranklandとか、BRNSとか、貴様は耳にしたこともないだろう。それが貴様の人生だ」と威勢を保とうとする。


・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。

nice!(15)  トラックバック(0) 

極限の愛、日常の愛、その言葉 2016年8月31日 [愛の景色]

(君のすべてへの愛)

君にはもう、
いつも心から
うっとりする
8月9日の午後も
もちろん



nice!(11)  トラックバック(0) 

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、デリケート」編。2016年8月31日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、デリケート」編。

「猫、デリケート」

小さいことをうじうじうじうじ言う人がいますね。
いるんです、これが。
「繊細」「デリケート」という性格は賞賛されてしかるべきだけれど、
うじうじ
ねちねち
ぐちぐちは

繊細でも
デリケートでもないよ。

・・・・・・

何もかもが本物のデリケート、
それがぼくの素敵なネコ!

末尾ルコ詩D「猫、超絶」篇。末尾ルコ「ジャクリーン・ビセットは、なぜ70年代最高度の美人女優だったのか?」 [吉高由里子]

★「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★ 「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
★ 「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
? その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ詩D「猫、超絶」篇。

「猫、超絶」

高知市薊野にある


それはヒンズースクワットと呼ばれた
身体を鍛える訓練の一つとされているが
それは必ずしも合理的とは言えず
下手にそれをやれば、
身体を痛める可能性もあるとされる
思えばいろいろ
そんなことも数多い
なあ、間抜けなスポーツ部の
顧問さんよ!

高知市薊野にある


・・・・・・

合理もたっぷり
超絶もたっぷり!
それがぼくの素敵なネコ!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

●末尾ルコ「ジャクリーン・ビセットは、なぜ70年代最高度の美人女優だったのか?」

末尾ルコ「映画俳優演技論」

70年代を中心に、「美人女優と言えば」というテーマを語れば、かなりの確率で名前が挙がったのがジャクリーン・ビセットだった。
しかし思えば、アメリカン・ニューシネマの影響濃厚な時代、「美人女優」自体少なかったような気も。
『俺たちに明日はない』のボニー・クライド役で「永遠のアメリカン・ニューシネマ ミューズ」たる地位が不動のフェイ・ダナウェイもサイレント時代から映画の美を味わい尽くしてきた淀川長治に言わせれば、「とてもまずい顔」なのだ。
わたしは最盛期のフェイ・ダナウェイには魅了された方だが、淀川先生の言葉には常に最大限の敬意を払っている故。
そこで1979年から1989年まで、アカデミー主演女優賞は誰が獲得したかチェックすると、

マギー・スミス
グレンダ・ジャクソン
ジェーン・フォンダ
ライザ・ミネリ
グレンダ・ジャクソン
エレン・バースティン
ルイーズ・フレッチャー
フェイ・ダナウェイ
ダイアン・キートン
ジェーン・フォンダ
サリー・フィールド

グレンダ・ジャクソンとジェーン・フォンダが二度ずつオスカーをかっさらっているが、こうしてみると案の定、「美しい~~」と溜め息をつくような女優が見当たらない。
ジェーン・フォンダはロジェ・バディムの映画などでは抜群のプロポーションを武器としてエロティックなキャラクターを造形しているけれど、顔のみを見れば、元々かなりクセがある。
こんな時代、ジャクリーン・ビセットが「美ジネ位が女優の代表的存在」と目されていたのも今振り返ればよく理解できる、気もする。


●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

●全米オープンテニス、土居美咲、脱力の初戦敗退・・・。 [「言葉」による革命]

●全米オープンテニス、土居美咲、脱力の初戦敗退・・・。

末尾ルコ「テニス観戦で、知性と感性を鍛えるレッスン」

う~む・・・。
テニスに番狂わせは付きものだが、グランドスラムで初のシードが付いた土居美咲、ランキング102位のドイツ人カリナ・ビットヘフトにいいところなく負けてしまった。

ウィンブルドンで活躍し、「さあ、全米で!」というところでの初戦敗退。
これがテニス界の層の厚さ、難しさだが、「期待が高まったところで活躍する」ということの困難さを再認識した。

〈「言葉」による革命〉・・・「魂」って何でしょう?2016年8月31日 [「言葉」による革命]

「魂」って何でしょう?2015年12月4日

※2015年12月11日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「魂」って何でしょう?

「魂」って存在するのでしょうか?
あなたは「魂」を感じることがありますか?
あるいは、あなたに「魂」はありますか?
でもそもそも「魂」って何でしょう?
単に「脳の働き」の一部?
それとも「それ以上」のもの?
わたしはその「結論」を持っていないし、誰も持っているはずはない。
「結論を持っている」という人はおそらく詐欺師か狂信者です。
けれどわたしはこうは確信している。

「人は魂について考え続けるべきだ」と。

(続きは有料メルマガでお願いします)

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●「ショップスタッフ」さんも、「言葉の戦士」になれます!2016年8月30日 [「言葉」による革命]

※2016年10月11日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「ショップスタッフ」さんも、「言葉の戦士」になれます!

世のなかにはいろんなお店があります。
特にわたしたちが日常的に利用しているのが、

スーパー
コンビニ
カフェ
レストラン
服屋
文房具店
レンタルショップなど

こうしたお店には連日多くのお客さんがやってきて、スタッフの皆様も大変なことだと思いますが、「気持ちいい対応」をしてくださると、お客の立場としてもとてもいい気分になります。
こうしたお店がわたしたちの日常に密着しているだけに、その対応が「日常的に」心に響いてくるわけですね。
ところが残念ながら、「とてもじゃないが接客に向いてない」と感じさせられるスタッフの方も少なからずいます。

(続きは有料メルマガでお願いします)



・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。


nice!(13)  トラックバック(0) 

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「映画であなたの人生をより強く美しくする」講座~ジェニファー・ローレンス主演映画「ハンガー・ゲーム」の原作はどうだったのか?2016年8月30日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画であなたの人生をより強く美しくする」講座~ジェニファー・ローレンス主演映画「ハンガー・ゲーム」の原作はどうだったのか?

ジェニファー・ローレンス主演映画「ハンガー・ゲーム」シリーズの4本、わたしがランキングを付けるとしたら次のようになるというお話はしました。

1「ハンガー・ゲーム2」
2「ファイナル レジスタンス」
3「ファイナル レボリューション」
4「ハンガー・ゲーム」

本当は「レボリューション」が3番目というのは不本意なんですが、その散漫さといったらなかった。
「2」と同じ監督(フランスシス・ローレンス)とは信じ難いほど散漫な作品になっていた。
それでも愉しめはしたんですよ。
しかし「2」があまりに凄かったものだから、(これは一体どうなるんだ・・・)と思っていたので、肩透かしを喰わされた感となったんです。
実はわたし、スーザン・コリンズの原作も読んでみたんですが、きつかった。
ヤングアダルト小説に分類される同原作ですが、基本はテイーンエイジャーの女性向け。
キャラクター造形はまあ日本の少女漫画的ではあって、精神的に大人の男性(女性も多分)が読み進めるには辛い。
文章もスカスカで濃密に書き込まれた仏文学・英米文学を読み慣れた身にはきつい。
英米はミステリなどエンタテイメント小説も濃厚に書き込まれているものが多いですからね。
さらにきついのは、(精神的)少女向け小説・漫画にお決まりの、「主人公の女性が二人の魅力的な男性の間で揺れ動く」というパターンが激しい戦いのさなかにも頻繁に表れるのがいたたまれない。(笑)
というわけで、(よくこの原作から「ハンガー・ゲーム2」のような凄い映画を作ったな)とあらためて感じたわけです。

ジェニファー・ローレンス、そして「ハンガー・ゲーム」・・・語り尽くせぬものがありますので、また後日。

極限の愛、日常の愛、その言葉 2016年8月30日 [愛の景色]

(君のすべてへの愛)

人は皆平等だというけれど、
ぼくの世界では
君だけが一人
愛しさの頂点に存在し、

その他の人たちは、
概ね平等である。

タグ:アート
nice!(16)  トラックバック(0) 

末尾ルコ詩D「猫、シラノ」篇。末尾ルコ「70年代の美人映画女優ジャクリーン・ビセットについて語ろうかい!」。 [吉高由里子]

★「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★ 「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
★ 「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
? その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ詩D「猫、シラノ」篇。

「猫、シラノ」

高知市薊野にある


エトルリアについて
シラノ・ド・ベルジュラックと意見を交わしたって
ロクサーヌが言ってたらしいけど
本当のことかしらんと
オナシスが不遜にも
嘯いたのさ

高知市薊野にある


・・・・・・

ぼくの素敵なネコに贈りたい
シラノを蹴散らすような
言葉と心

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

●末尾ルコ「70年代の美人映画女優ジャクリーン・ビセットについて語ろうかい!」

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

ジャクリーン・ビセットを素晴らしい女優だと思ったことはないが、「とても楽しませてくれる女優」だったのは間違いない。
近年も女優として活動しているジャクリーン・ビセットを「だった」と過去形にしてはいけないが、やはり最盛期は1970年代だ。
とは言え、「演技派」と言えるタイプではとてもなく、その美貌を買われての出演作が多いのも間違いないところで、「代表作は何か?」と問われれば難しいところだが、間違いなくフランソワ・トリュフォー監督の『映画に愛をこめて アメリカの夜』はその一本に入るだろう。
ジャクリーン・ビセットはフランス映画でジャン・ポール・ベルモンドとも共演しており、英米の女優たちもフランス語に自信のある人はどんどんフランス映画に挑戦したらいいと思う。
もちろんフランス人女優たちが黙ってはいないだろうが、特に米国映画界で「大人の女優」が演じる役が今現在とても限られており、何だかんだ言って、フランス映画は「大人のおおな」が主役の作品は常に多く存在しるのである。
例えば最近であれば、ジェマ・アータートンという英国の女優は、ハリウッド映画などでは「退屈な女優」と見えていたけれど、『ボヴァリー夫人とパン屋』というフランス映画では実にうまく使われており、(さすが!)と感心したものだ。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!