So-net無料ブログ作成
検索選択

●「好感度」というドゲソな尺度を追放するなんてどうだい? [「言葉」による革命]

●「好感度」というドゲソな尺度を追放するなんてどうだい?

末尾ルコ「社会批評で知性と感性を鍛えるレッスン

いつも辟易するのが、「誰々の好感度が上がった(下がった)」だのいう下卑たニュース
「好感度」という曲者が社会の隅々にまだ行き渡り、社会を歪めております。
だいたいにおいて、「好感度の高いタレント」の多くは、わたしが嫌いな人たちなのですが。
はい。

nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「ジャクリーン・ビセットは、なぜ70年代最高度の美人女優だったのか?」2017年6月14日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「ジャクリーン・ビセットは、なぜ70年代最高度の美人女優だったのか?」

末尾ルコ「映画俳優演技論」

70年代を中心に、「美人女優と言えば」というテーマを語れば、かなりの確率で名前が挙がったのがジャクリーン・ビセットだった。
しかし思えば、アメリカン・ニューシネマの影響濃厚な時代、「美人女優」自体少なかったような気も。
『俺たちに明日はない』のボニー・クライド役で「永遠のアメリカン・ニューシネマ ミューズ」たる地位が不動のフェイ・ダナウェイもサイレント時代から映画の美を味わい尽くしてきた淀川長治に言わせれば、「とてもまずい顔」なのだ。
わたしは最盛期のフェイ・ダナウェイには魅了された方だが、淀川先生の言葉には常に最大限の敬意を払っている故。
そこで1979年から1989年まで、アカデミー主演女優賞は誰が獲得したかチェックすると、

マギー・スミス
グレンダ・ジャクソン
ジェーン・フォンダ
ライザ・ミネリ
グレンダ・ジャクソン
エレン・バースティン
ルイーズ・フレッチャー
フェイ・ダナウェイ
ダイアン・キートン
ジェーン・フォンダ
サリー・フィールド

グレンダ・ジャクソンとジェーン・フォンダが二度ずつオスカーをかっさらっているが、こうしてみると案の定、「美しい~~」と溜め息をつくような女優が見当たらない。
ジェーン・フォンダはロジェ・バディムの映画などでは抜群のプロポーションを武器としてエロティックなキャラクターを造形しているけれど、顔のみを見れば、元々かなりクセがある。
こんな時代、ジャクリーン・ビセットが「美人女優の代表的存在」と目されていたのも今振り返ればよく理解できる、気もする。


●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●世界の宝ロバート・デ・ニーロ映画、しかし米国よりもヨーロッパで評価の高いものもある。 [吉高由里子]

●世界の宝ロバート・デ・ニーロ映画、しかし米国よりもヨーロッパで評価の高いものもある。

末尾ルコ「映画の話題で知性と感性を鍛えるレッスン

ロバート・デ・ニーロ出演の傑作映画群はもちろんすべて世界の宝物なのだけれど、中には欧州や日本ではとても評価が高いのに、米国ではさほどでもないという作品も中にはいくつかある。
もっともこれは一般のある程度以上の映画好きの間の話で、映画ファン(シネフィル)はそのあたりの事情はよく分かっている。
全世界どの国へ行っても(映画鑑賞が膾炙してない国は別として)問答無用なのが、『タクシードライバー』、『レイジング・ブル』、『ゴッドファーザーPart2』、『ディア・ハンター』などで、これらがどれだけ多大な影響を世界に与えたか、それをここでは説明しない。
ただ、例えば欧州などでは高く評価されている『1900年』、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』、『ミッション』などは、案外アメリカで高い人気を得ていない。
もちろん『1900年』はベルナルド・ベルトルッチ監督がイタリア語で撮影しているし、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』はイタリアのセルジオ・レオーネ監督で英語で撮影されているが上映時間が長い。
ローランド・ジョフィ監督の『ミッション』も南米の歴史がテーマであり、これら先品が米国でもう一つウケが悪いという事実はかなり興味深いのである。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

●『新BS日本の歌』でブルーのロングドレスを着て現れた市川由紀乃の見事な着こなし。 [「言葉」による革命]

●『新BS日本の歌』でブルーのロングドレスを着て現れた市川由紀乃の見事な着こなし

末尾ルコ「音楽とファッションの話題で知性と感性を鍛えるレッスン

NHKプレミアムの『新BS日本の歌』で、市川由紀乃が司会した回がって、番組中、ロングドレスを着て現れるシーンがあった。
演歌歌手の市川由紀乃はもちろん和服が基本スタイルであり、それはそれで素晴らしいのだけれど、どうだろう、ロングドレスを着て登場して、(ハッ)とさせてくれる演歌歌手は他にどれだけいるだろうか。
市川由紀乃は公称170.5cmの長身で、歌番組では隣に並ぶ男性演歌歌手よりも背が高いことも少なくない。
和装履物もある程度の高さを持っていて、その分公称170.5cmにさらに上乗せされているわけだから、比較的小柄な男性が多い演歌界では際立ったプロポーションに見える。
そんな市川由紀乃だからこそロングドレスがとても似合い、(ハッ)としたわけだが、それにしても見事なステージ姿だった。
その時のロングドレスの色は深いブルーで、しかも裾を引きずるようなスカート丈の長い本格的なロングドレス。
さらに言えば、肩や背中も見せるタイプのロングドレスであり、そんな市川由紀乃を鑑賞するだけでも十分楽しませてもらえる時間だった。
もちろん背が高ければロングドレスが似合うというものではなく、肩や胸元、そして重要な背中のラインなど、身体全体のスムースな流れるようなバランスが必要とされるが、市川由紀乃の場合、「日本人的美」も併せ持ちつつ、ロングドレスも似合っていた。

高級ロングドレスがずらずら現れる時と場所はもちろんアカデミー賞やカンヌ映画祭のレッドカーペットで、世界的一流女優たちのために作られた超高級ドレスを奇跡のように着こなした女性たちが無数のフラッシュを浴びる。
そうした欧米人女性のスターたちの着こなしと市川由紀乃のそれは異なっているが、そのすっきりしたロングドレス姿は間違いなく、「日本の美+欧米の美」を併せ持ったクオリティで外国人たちをも魅了するだろう。

というわけで市川由紀乃には今後もぜひ洋装に挑戦してほしいが、歌の上手さも抜群である。
とりわけ繊細な声の転がし方が抜群に上手く、さあ、あなたも聴き惚れましょう!

nice!(24)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、超絶」篇。2017年6月14日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、超絶」篇。

「猫、超絶」

高知市薊野にある


それはヒンズースクワットと呼ばれた
身体を鍛える訓練の一つとされているが
それは必ずしも合理的とは言えず
下手にそれをやれば、
身体を痛める可能性もあるとされる
思えばいろいろ
そんなことも数多い
なあ、間抜けなスポーツ部の
顧問さんよ!

高知市薊野にある


・・・・・・

合理もたっぷり
超絶もたっぷり!
それがぼくの素敵なネコ!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート