So-net無料ブログ作成

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●「声のトーン」を自在に操る訓練。2017年6月29日 [「言葉」による革命]

※2017年8月19日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「言葉の戦士」訓練&「真の恋愛講座」~「声のトーン」を自在に操る訓練。

「人が話をする」時に最も大切なのは「内容」です。
「中身」と言い換えてもいいでしょう。
近年、「話し方さえよければ、中身など別に重要ではない」的なタイトルの「会話本・話し方本」が出ていますが、まあだいたいああいう本は、「中身のある話ができない人」が著者なのです。
しかしもちろん、「話し方」で大きく印象が変わってくることも事実です。
「まず内容(中身)」ということを大前提として、「それをどう料理して提供するか」・・・これが「よい話し方」なのですね。

(続きは有料メルマガでお願いします)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。


nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年6月29日 [愛の景色]

どんな苦しみの中でも
微笑むことができる
それが、愛の力

nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ 映画批評的エッセイ「現代の大傑作の一つ、『アクトレス 女たちの舞台』、3人の女優」。2017年6月29日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ 映画批評的エッセイ「現代の大傑作の一つ、『アクトレス 女たちの舞台』、3人の女優」。

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

ここ数年に鑑賞した映画の中で抜群に好きな作品の一つが、オリヴィエ・アサイヤス監督の

『アクトレス 女たちの舞台』。

この映画、3人の女優が共演しているという時点で(必見だ!)となっていたのだけれど、そう、
ジュリエット・ビノシュ
クリステン・スチュワート
クロエ・グレース・モレッツ

見事なアンサンブル!
オリヴィエ・アサイヤス監督の慧眼に唸るとともに、フランス映画出演を決めた2人の若手ハリウッド女優にも拍手を贈りたい。
もっとも本音で言えば、多くのハリウッド女優だけでなく、世界中の女優がフランス映画出演を夢見ているはずであり、それだけフランスには「大人の女の映画」が存在するということ。
フランス映画出演のためには映画女優としての実力が存分にあるという条件以前に、「フランス語ができる」というフランス語圏以外の女優たちには極めて困難な条件があるのだけれど、幸い『アクトレス 女たちの舞台』は台詞のほとんどが英語なのでこの素晴らしい共演が実現したとなる。
しかし『アクトレス 女たちの舞台』の圧倒的な魅力は一つや二つや三つや四つや五つの要素に留まるものでなく、今後折に触れ語っていくだろう。
間違いなく、わが「生涯ベスト」の一本に加わった。


●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

※「わいせつ教師」は二度と教壇に立つべきではない。 [「言葉」による革命]

※「わいせつ教師」は二度と教壇に立つべきではない。

末尾ルコ「社会問題で知性と感性を鍛えるレッスン」

毎日新聞で、「<わいせつ教員>再犯相次ぐ 他県の処分把握困難で対策苦慮」という記事があったけれど、「他県の処分把握困難」が問題なのだという。
同記事によれば、

「公立学校教員は懲戒免職処分を受けると官報で氏名が公告され、各都道府県教委が管理する教員データベース「教員免許管理システム」にも反映される。(毎日新聞より)

が、

停職以下の懲戒処分情報は都道府県間で原則、共有されない。(毎日新聞より)

なのだそうだ。
今後「停職以下の懲戒処分情報」であっても都道府県間で情報が共有されるシステムに変更すべきなのだが、しかし他県からの採用希望者は、当該地域の教育委員会や、かつて在籍していた学校などに問い合わせることにより、その勤務ぶりはある程度把握できるのではないか。
この問題、継続的に取り上げていくけれど、

※原則、「わいせつ教師」は二度と教壇に立つべきではない。

を社会的共通理解とするべきだと思う。

nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●「膝上~センチのスカート」云々の話題で取り上げられるアン・シネのニュースを見て思い出した「超ミニスカート」のローラ・ボー。 [「言葉」による革命]

●「膝上~センチのスカート」云々の話題で取り上げられるアン・シネのニュースを見て思い出した「超ミニスカート」のローラ・ボー。

末尾ルコ「スポーツとエロティシズムの話題で知性と感性を鍛えるレッスン」


わたしはゴルフには興味がないのだが、Yahooスポーツのラインナップを見ていると、「アン・シネ」とかいう女子プロゴルファーの「胸がどうの」「膝上~センチのミニスカがこうの」などと由々しき記事を目にしたので、(これはいかなる仕儀か?)と疑問を持ち、「アン・シネ」という人物を検索してみたところ、なるほど一般的男性の性的欲望をそそるであろう容姿をしている。
もちろんサラ・ガドン、山田姉妹らに魅了されるわたしがアン・シネごときに扇情されるわけもないが、ふと訝ってしまうのは、(女子ゴルフって、いつからこうなったんだ)という点だ。
などと思いながら女子ゴルフ世界ランキングを見てみると、上位に韓国人がやたらと多いじゃないか。
「韓国人女子のゴルフが強い理由」に関しての説もいくつか覗いてみたが、それについてわたしがどうこう述べる必要もないだろう。
ただ、卓球などもそうだけれど、「アジア人がランキング上位を占めているスポーツ」は、運動能力の高い白人や黒人の競技人口が少ないのではとは感じる。

ところでゴルフには興味があったためしのないわたしでも子どもの頃から知っていた女子ゴルファーの一人がローラ・ボーであって、何か友人の家でミニスカートでドライバーかクラブかよく分からないものをスウイングしている写真の載ったカレンダーを目にしていたものだ。
(こんな短いスカートであんなに長い棒を振るとはいかなる仕儀か?)と子ども心に訝ったものであるが、同時に(ふん、悪くないじゃん)とも感じていた事実は認めねばなるまい。
そして当時は、「金髪の白人女性」であれば、「無条件にサイコー!」と感じる日本人男性が多く存在していたことも事実ではある。


タグ:アート
nice!(32)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、守る」篇。2017年6月29日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、守る」篇。

「猫、守る」

高知市薊野にある


テールランプが消えなかったり
役所関係のお粗末な対応に
呆れたり
ある役所関係の担当者の
女は
その役所関係以外ではきっと使えず
民間のサービズ業なら
即刻くびであるよ
どうしてそんな
無礼な態度を取れるのだえ?

高知市薊野にある


・・・・・・

ぼくの素敵なネコに対して
無礼な奴は
誰でも許さない!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート