So-net無料ブログ作成

●末尾ルコ 魂のフレーズ 「愛の創造」 [「言葉」による革命]

・末尾ルコ 魂のフレーズ 「愛の創造」

その上で、「愛の創造」にも挑戦してみること。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年11月7日 [愛の景色]

そう、
あなたは
わたしの世界を
変えつつある
急激に
心地よく

nice!(7) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「誰がゴージャスか?山本富士子、広瀬すず?そもそもゴージャスとは?」。2017年11月7日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「誰がゴージャスか?山本富士子、広瀬すず?そもそもゴージャスとは?」

末尾ルコ「映画と言葉で知性と感性を鍛えるレッスン」

山本富士子はいなせな女の役を演じたら殿下一品である。
そして日本の女優としては珍しく、「ゴージャス」という言葉がしっくり来る女優でもある。
現在の女優たちにも、「ゴージャス」という言葉がしっくり来る女優などいない。
綾瀬はるか?
ぜんぜんゴージャスじゃない。
吉高由里子?
違う。
二階堂ふみ?
はたまた違う。
広瀬すず?
まるっきり違う。
香川京子?
これまた違う。
京マチ子?
あ、ひょっとして・・・。

別に「ゴージャスでなければダメ」というわけではない。
往年のハリウッド女優でも、例えばわたしは最盛期にジョー・フォンテーンが大好きなのだけれど、ぜんぜんゴージャスじゃない。
ゴージャスとは別の美点が数多くあったわけだ。
しかし、「言葉無くして概念もなし」というセオリーは大雑把には正しいわけで、

「ゴージャス」という

言葉とその意味。
しっかり見極めて使おうではないか!

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!


・・・・・・

・・・・・

山田華さん出演コンサートのお知らせです。

【杜の音シンガーズクリスマスコンサートin茨城】
2017年12月1日(金)18時30分開演
@行方市文化会館

https://twitter.com/Karei1224/status/927712781154975744


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ 魂のフレーズ 「愛に関する問い掛け」 [「言葉」による革命]

・末尾ルコ 魂のフレーズ 「愛に関する問い掛け」

もちろん問い掛け続けねばならない。
それは、これは、「愛なのか?」と。


・・・・・

山田華さん出演コンサートのお知らせです。

【杜の音シンガーズクリスマスコンサートin茨城】
2017年12月1日(金)18時30分開演
@行方市文化会館

https://twitter.com/Karei1224/status/927712781154975744


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●『おおヒバリ!』のキャストをチェックしていて、「昭和で最も官能的かつエロな女優」かもしれない「泉じゅん」の名を発見! [「言葉」による革命]

●『おおヒバリ!』のキャストをチェックしていて、「昭和で最も官能的かつエロな女優」かもしれない「泉じゅん」の名を発見!

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

高橋洋子という女優に関連して『おおヒバリ!』のキャストなどをチェックしたことは既にお伝えしたが、その中にどうにも見逃せない名前を発見した。

「泉じゅん」である。

泉じゅん、1956年生まれで「元女優」である。

この泉じゅんについてわたしが多く知っているわけではないし、その出演作を多く観ているわけでもない。
その主な出演映画を並べてみると、

『感じるんです』(1976年)
『サチコの幸』(1976年)
『俺の空』(1977年)
『犬神の悪霊』(1977年)
『不連続殺人事件』(1977年)
『泥だらけの純情』(1977年)
『お嫁にゆきます』(1978年)
『皇帝のいない八月』(1978年)
『古都』(1980年)
『不良少年』 (1980年)
『百恵の唇 愛獣』(1980年)
『愛獣 悪の華』(1981年)
『愛獣 襲る!』(1981年)
『愛獣 赤い唇』(1981年)
『悪女軍団』(1981年)
『天使のはらわた 赤い淫画』(1981年)
『赤いスキャンダル 情事』(1982年)
『乳首にピアスをした女』(1983年)
『色ざんげ』(1983年)
『のぞき』(1983年)
『宇能鴻一郎の伊豆の踊り子』(1984年)
『主婦と性生活』(1984年)
『看護女子寮 いじわるな指』(1985年)
『天使のはらわた 赤い眩暈』(1988年)
『文学賞殺人事件 大いなる助走』(1989年)

とまあ、これら映画の中の多くが日活ロマンポルノであり、その世界から少なからず優秀な映画監督が出ているのは知っているけれど、わたしが鑑賞した日活ロマンポルノ作品はごく僅かである。
その大きな理由は単純で、日活ロマンポルノに勢いがあった時期に子どもだったからなのだが、映画も毎年各国で新作が作られているのであって、過去作品の鑑賞も重要だけれど、やはり「どうしても観なくては」という作品が中心となるのは致し方ない。

ではわたしの心に「泉じゅん」の名が刻まれていたかというと、前出の作品リストには入ってないが、ある極めて官能的かつエロな作品を観たことがあるからだ。
それはビデオで観た作品だったが、かなりAVに近いような内容であり、しかし泉じゅんのクオリティは当然ながらその辺のAV女優たちとは格が違っていて、つまり一定以上の品がありながら、その官能性・煽情性が飛び抜いけていたのである。

などと書いていると、未見の泉じゅん出演作も観たくなってくるのであるが、少なくとも女優としてある程度以上のポジションにいてかつ泉じゅんほど官能的な人は、今はもちろんいないし、昭和の時代であっても飛び抜けていたと断言できる。

nice!(23)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、美」篇。2017年11月7日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、美」篇。

「猫、美」

あぞうのは
薊の野である
薊の野は間違いなく
美しい

・・・・・・

ぼくの素敵なネコの美は
ぼくがすべて分かっている!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート