So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ
前の10件 | -

●ロシアの脅威に備えるスウェーデンやバルト三国、あるいは2018年1月新ドラマ『anone』『99.9 -刑事専門弁護士-2 』『トドメの接吻』がすべておもしろくなかった件。 [「言葉」による革命]

●ロシアの脅威に備えるスウェーデンやバルト三国、あるいは2018年1月新ドラマ『anone』『99.9 -刑事専門弁護士-2 』『トドメの接吻』がすべておもしろくなかった件。

末尾ルコ「世界情勢とテレビドラマの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

日本では北朝鮮、あるいは中国の軍事的脅威が大きなニュースとなり続けているけれど、欧州、特に北欧やバルト三国ではロシアの脅威が深刻で、最近CNNでもスウェーデンで「戦争に巻き込まれる事態」を想定したパンフレットが470万世帯に配布されるという記事が掲載されていた。
バルト三国でもロシアの脅威に対しての軍事的・心理的備えを整えつつあるという。
島国である日本人にとって、現実にロシアという軍事大国が地続きで存在する国々の人たちの心理に思いを馳せるのもよき精神的訓練になるはずだ。
世界は「日本だけ」でも「東アジア」だけでも「日本とアメリカだけ」でもないことは常に意識しているべきである。

さて、話はがらっと変わって、2018年に入り、わたしはしばらくぶりに民放のドラマをチェックしている。
その動機の一つは、母が若い俳優が好きなので(笑)、「母親サービス」の一つであるということ、そしてもう一つは、最近日本映画のキャスト表を見ても、何と主演級でも「知らない名前」がかなり多くなってきたこと。
現在の邦画に対しての不満は多いが、今後も観続けるのは間違いないところなのに、キャスト表を見て、(この人、誰だっけ??)ばかりではさすがにまずいだろうというところだ。
で、取り敢えず次の3ドラマの第1話を観てみた。

『anone』
『99.9 -刑事専門弁護士-2 』
『トドメの接吻』

結論から言えば、「3本ともぜんぜんおもしろくないことに、あらためて驚いた」である。
「1話目だけじゃ、分からない」という言い分もあるだろうが、わたしとしては、1話目から(次も観たい)という気にさせてくれなければ、とても2話目を観る気にはならない、が常識だ。
1時間枠のテレビドラマを2話分観る時間に映画一本鑑賞できるのだから。

で、少しだけ各ドラマ第1話について触れておくと、

『anone』は「広瀬すず主演」がポイントだったのだが、思わせぶりなフリばかりで辟易させられたことの加え、ショートカットにした広瀬すずの前髪が『ゲゲゲの鬼太郎』のように顔の上半分にかぶさり、持ち前の美貌がよく見えない。

『99.9 -刑事専門弁護士-2 』 は視聴率がいいらしいが、「松本潤=弁護士」という設定は、ファンにはそれでいいのだろうが、ファンでない者にとっては『月曜ドラマランド』レベルに感じられる。
香川照之(←もちろんいい俳優だが)などの、作品に合わせたワザトラ演技も観ちゃいられない。

『トドメの接吻』・・・「タイムリープ」をテーマとするのなら、余程上手く作らねばまったくのれないし、もちろん上手く作られてない。
このドラマは門脇麦目当てというポイントが高かったが、第1話は登場シーンも少ない上に、「イロモノ」的役どころである。

はい。
まあ、どの作品も、『ウルトラセブン』の域には程遠いといったところである。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、午前と午後」篇。2018年1月24日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、午前と午後」篇。

「猫、午前と午後」

性懲りもなく
ジョルジュ・シムノン
いささかなりとも
アニー・エルノー
そんな午後と
そんな午前

・・・・・・

午前も午後もなく、
ぼくはぼくの素敵なネコひとすじ!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

タグ:アート
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「アリーナ・コジョカル」 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

愉しまれて、何よりです。さて、華様のお声について、こちらでも「高くデリケートで透明な、天上からの羽衣のようなお声。バレエに譬えれば、オレリー・デュポンのムーヴマンではないかと思うのですが」と主張させていただきます。そして麗様のお声は、「バレエに譬えれば、アリーナ・コジョカル。チャーミングさと、強靭な技術、そして鑑賞者の心を掴んで離さない光」、です。もちろん二人のバレリーナの、「全盛期」に共通しているということです。お二人の芸術をどう表現するか・・・わたしの人生の大きなテーマとなっております。RUKO
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年1月23日 [愛の景色]

もちろん
あなたが守護天使であることに
何の変りもない


nice!(8) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「1940年代生まれで映画主演連発のカトリーヌ・ドヌーヴとメリル・ストリープから何を学ぶか?」。2018年1月23日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「1940年代生まれで映画主演連発のカトリーヌ・ドヌーヴとメリル・ストリープから何を学ぶか?」

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

IMDbの「最も偉大な女優ランキング」でも1位に選ばれていたのがメリル・ストリープ。
そのメリル・ストリープは1949年生まれなのですね。
そしてフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴが1943年生まれと、やや上です。

1943年生まれと1949年生まれ。

二人とも今でも毎年のように映画に主演している。
日本でそんな女優、いますっけ?

で、カトリーヌ・ドヌーヴもメリル・ストリープも確かに「特別過ぎる存在」であり、誰もが真似できるわけはない。
しかし「目指すこと」「少しでも近づこうとすること」は誰でもできる。
二人とも、「女優の」「女性の」、そして「人間の」限界を拡大してくれているのです。

そしてぜひ考えてほしいのが、

1940年代生まれの女優が活躍する社会と、20そこそこの女優以外なかなか活躍できない社会・・・どちらがいいですか?

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「透明性と炎」 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

飛行機雲のお写真、拝見しました。天空の中の美しいライン・・・空を見上げる習慣は忘れたくないですね。もちろん足元を注意しながらですが(笑)。
お二人の「ひこうき雲」、その透明性と炎のような強い感情を併せ持つ表現は、わたしが鑑賞してきたあらゆる最上の芸術に匹敵しています。RUKO

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●私の腰痛との戦いの歴史・・・「ブリッジ」は効果的か? [「言葉」による革命]

●私の腰痛との戦いの歴史・・・「ブリッジ」は効果的か?

末尾ルコ「健康・医療の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

このところ日々のエクササイズにブリッジを取り入れている。
実はわたしは長年腰痛に悩まされており、「ずっと悪い」とか「どんどん悪化」とか、そんな状態ではないけれど、「ほぼ消失」状態の期間もあれば、「どうも今一つ」状態の時期もあり、現在は約2年ほど前から「今一つ」状態が続いている。
もちろん、「最悪腰痛」の時期と比較すればたいした症状ではないけれど、それでも日常生活にはやや差し障っている。
「最悪腰痛」の時期はもうずいぶん前になるけれど、それはもう耐え難い苦しみであって、特に苦しかったのは、「椅子へ腰かけた状態でどんどん痛みが増してくる」症状だった。
日常生活の中で仕事をしたり寛いだりするのは、「椅子へ腰かけた状態」の場合がほとんどで、その時間に苦痛がどんどん増してくるわけだから、ほとんど毎日拷問を受けているような感覚だった。
他にも様々に苦痛に苛まれる症状が出たが、よくぞあの時期の腰痛を病院へも行かずに乗り切ったものだと思う。
当時の腰痛に対しては、結果的に「スクワット」が効果的だった。
それは「わたしの症状に対しての効果」であって、「万人にお薦め」する気はまったく無い点はご理解いただきたいが、とにかく苦し紛れに始めたスクワットをある程度の期間行ったら、猛烈な腰痛が無くなったのは事実である。
そこまでの苦しみではないし、現在の腰痛の原因は、「2~3年前にエクササイズをかなりサボった」ことが原因であるのは分かっているけれど、しかしこれがなかなかしつこいのである。
ストレッチやヨガなどの本も何種類か買い込んでいるが、なかなか「毎日1時間のまとまった時間」をそのために取ることは難しく、どうしても「空いた時間に少しずつ」になってしまい、やや中途半端ではあるとの自覚はある。
そんなこんなで燻っていたのだが、ふと数日前に「ブリッジ」を試してみたところ、何と翌日から腰痛が軽減しているのである。
(なるほど、ひょっとしたら今の自分に必要なのはブリッジなのかも)と思い至ったわたしです(←山田姉妹「みずいろの手紙」風に)が、もちろんプロレストレーニングが生活の中心だった中学時代のようにハードなブリッジではない。
「手を着かず、額で支える」ようなブリッジは現在すぐにはできず、思えば中学時代に既に「額で支えるブリッジは前頭部の髪を減らす」説が一部で吹聴されており、説を知ってからは、「額を着けずのブリッジ」を実践していたではないか。

というわけで、これも「現在のわたしの状態に合っている」のに過ぎない話だけれど、「心身の状態」は、世界に一人として「まったく同じ」ということはあり得ないのであり、できる限り「自分のことは自分が一番知る」を目指すべきなのである。

nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、可能性」篇。2018年1月23日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、可能性」篇。

「猫、可能性」

さあ、
可能性を
創るのだ
そう
可能性を

・・・・・・

ぼくの素敵なネコこそ
可能性の象徴!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年1月22日 [愛の景色]

あなたは普通の女性でもあり
世界で唯一の聖女でもある

nice!(11) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「70歳を超えたカトリーヌ・ドヌーヴに敬意と注目を!」。2018年1月22日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「70歳を超えたカトリーヌ・ドヌーヴに敬意と注目を!」。

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

カトリーヌ・ドヌーヴも70歳を超えている。
そしてある程度の年齢から、「あまりにも美しいカトリーヌ・ドヌーヴ」ではなくなっている。
が、にも関わらず、主演で映画へ出続けている凄さ。
しかし年を取ってからのカトリーヌ・ドヌーヴも、もちろん魅力的なのだ。
体重は若い頃よりもずっと増えているし、その分顔にも肉は付いている。
けれど、「ゴージャスな映画女優」のイメージはまったく損なっていないのが凄い。
そんなカトリーヌ・ドヌーヴに映画出演依頼がどんどん舞い込むのは、フランス社会の懐の深さでもある。
『ミス・ブルターニュの恋』という映画があって、この作品はドヌーヴが70歳の手前で撮影されたものだというが、とてもおもしろい。
かつて「ミス・ブルターニュ」の栄冠に輝いた女性が愛人に裏切られ、「人生どん詰まり」を感じ、車を走らせる。
という映画の出だしは平凡に感じるけれど、観続けねばならない。
ドヌーヴ演じる主役の女性が「孫」と合流してから、俄然面白くなる。
ここでもフランス映画の子役の使い方の素晴らしさが際立つ

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -
2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ