So-net無料ブログ作成

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「戦士的朝の時間」における「魔術的言葉」とは?2018年4月3日 [「言葉」による革命]

※2018年4月7日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「戦士的朝の時間」における「魔術的言葉」とは?

はい。
「戦士的 朝の会話(対話)」のお話、続けます。
朝起床する、「目覚めた時間」が始まる。
あなたが一人暮らしであろうが、家族や他の誰かと暮らしていようが、目覚め、まずあなたが出会うのは、「あなた」です。
これはどのような人であっても同じことですね。
いかなる権力者でも、いかなる有名人でも、いかなる金持ちでも、あるいは人生が上手くいかないと嘆いている人でも、毎日目覚め、まず出会うのが「自分一人」であることに何の変りもありません。
人間が社会的動物である以上、どうしてもそれぞれの社会的立場に気を取られがちですが、

「所詮、一人の人間は一人の人間でしかない」

これは永遠の真理の一つです。
決して忘れないでください。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

nice!(15) 
共通テーマ:アート

山田姉妹へのメッセージ「音楽の不思議」 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

連日のラジオご出演、お疲れ様でございます。お二人の芸術をがこうして日々、新たなリスナーの方々にも広がっていっているのですね。「音楽」というのは不思議でかつ魔術的な芸術で、「形がない」のですよね。それなのに耳にした人の中に「それぞれの形となって現れる」のですね。「音楽の不思議さ」について、お二人のご歌唱を初めて聴かせていただいて以来、わたしの中でよりヴィヴィッドなテーマとなっております。そしてお二人のご歌唱は、わたしの生活そのものに新たな美の世界を出現させてくださっているのです。RUKO



・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●ステージングパフォーマンスも含めれば、「美空ひばり以上」の一人、田川寿美が日本人にさほど知られてないという状況について。 [「言葉」による革命]

●ステージングパフォーマンスも含めれば、「美空ひばり以上」の一人、田川寿美が日本人にさほど知られてないという状況について。

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

父は音楽に疎かった。
しかし歌謡曲の一部については、テレビで歌っている分には好んで聴き、自分でもよく歌っていた。
日教組組合員で反体制を気取っていたわりには割には(笑)、軍歌やゼロ戦が大好きだったし、田端義夫らを文句なしに好んでいた。
わたしが子ども時代の歌手としては、森進一、八代亜紀、都はるみなどを好み、よく歌っていた。
父は音楽や歌について纏まった知識や見識はまったくなかったのだが、それでも自分なりのセオリー的なものを持っていた。
そのセオリーに反するものに対しては、「こんなん、歌やない」と一刀両断に否定するのだった。
父のセオリーとは、「歌手は歌っている時にすべきではない」「歌手は華美な衣装などを身に付けるべきではない」などであって、長男であるわたしも小学低学年くらいまではその説を丸のまま信じていたものである。

などという話を始めたのは、このところ一部女性演歌歌手のステージングパフォーマンスに、(これぞ、芸術!)と呆気に取られて見惚れてしまうものがあるからだ。
日本歌謡史上、「女王」と言えば、「美空ひばり」であり、今後もその位置づけを脅かせる存在はなかなか現れそうにないということは、時代性も考慮すれば致し方ないところではある。
それは日本野球で「長嶋茂雄」以上のスターが現れることはないだろうというのと同じことである。

ただ、ステージングパフォーマンスを含めたら、かつての美空ひばりがとてもではないが及びもつかない境地に至っている女性演歌歌手が存在し、しかし彼女たちの圧倒的クオリティのパフォーマンスは必ずしも正当に評価されてないし、多くの日本人は知らずにいるという状況がある。

その女性歌手たちとは、

坂本冬美
藤あや子
そして
田川寿美の3人だ。

坂本冬美と藤あや子のステージングパフォーマンスについてはこれまでも書いている。
田川寿美はこの2人ほどのスペクタクル性はないけれど、身体のポジション、指先まで神経の行き届いた流れるような所作は、観れば観るほど魅了される。
しかも田川寿美の発声技術の中には普通の演歌歌手とはかけ離れた声楽的なものも含まれており、さらに声を出す際に緊張感と悲壮感溢れる表情になるの姿にもいつも観惚れてしまうのだ。

田川寿美は40代前半で、「歌謡曲の時代」が過ぎ去ってからの演歌歌手である。
「歌謡曲の時代」にかろうじて重なっていたのは、坂本冬美や藤あや子の50代から上だろう。
だから田川寿美など、下の世代はどうしても人口に膾炙してないという状況だ。
が、これだけ素晴らしい歌手、少しでも多くの人に知っていただきたいのである。

田川寿美 お薦め動画

「TAi169 哀愁酒場③ 田川寿美 (2016)161106 vL HD
https://www.youtube.com/watch?v=eeTGnerO970)」←膝の曲げ具合、体重移動に注目。

「BKTAiZ81 みだれ髪④ 田川寿美 180304 vL HD(https://www.youtube.com/watch?v=MaEkA5oFoUY)」←ドラマティックな表現、表情に注目。


nice!(22)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、自由の発見」篇。2018年2月3日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、自由の発見」篇。

「猫、自由の発見」

ああ、
自由
こんな近くにあったんだ、
自由が!

・・・・・・

その自由、
ぼくの素敵なネコが発見させてくれた。

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート