So-net無料ブログ作成

●映画『エゴン・シーレ 死と乙女』とスペインかぜ。 [「言葉」による革命]

●映画『エゴン・シーレ 死と乙女』とスペインかぜ。

末尾ルコ「フラグメント」

エゴン・シーレはスペインかぜで死んだ。
アポリネールもスペインかぜで死んだ。
わたしは今、『エゴン・シーレ 死と乙女』という映画を観ている。
この映画のようにエゴン・シーレは美形ではなかったに違いないなどと想いながら、ぬめっとした画調を心地よく眺めながら。


nice!(16)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年6月1日 [愛の景色]

これは間違いなく恋であり
愛である可能性も限りなく高い
で、どうする?
しっかり耳を傾けよう

nice!(5) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「タワーレコード」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「タワーレコード」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

ミューズのお二人が、タワーレコード様に降臨!嗚呼、今この瞬間、わたしはタワーレコード様になりたい(笑)。しかし人類史上いまだ一人もタワーレコード様となれた人はいないのです(笑)。華様、麗様のコーディネイトとポスターのアンサンブルもバッチリですね♪四国は梅雨入りいたしました。RUKO

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ「平成史」~と言っても、今回は、平成前夜(1988年)の美空ひばり、カルガリーの伊藤みどり、そして『平凡パンチ』休刊などについて語るし。 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「平成史」~と言っても、今回は、平成前夜(1988年)の美空ひばり、カルガリーの伊藤みどり、そして『平凡パンチ』休刊などについて語るし。

末尾ルコ「平成史と昭和史の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

平成元年が1989年であるならば、1988年はまだ昭和であるはずだ。

1988年はソ連のミハイル・ゴルバチョフがペレストロイカをスタートさせたとされる年であり、ゴルバチョフはまだ「書記長」だった。
4月には美空ひばりが東京ドームで「不死鳥コンサート」を開催しており、これは今でも日本芸能史上最高の歌姫の伝説として折に触れ取り上げられている。
わたしも当時、このコンサートをテレビで放送していたことについては記憶に新しいが、まだ「美空ひばりが何たる人物か」まったく理解していなかった。
当然ながら、美空ひばりの人生についてもまったく知らず、なぜこんなに大騒ぎするのか、何が不死鳥なのか、理解できず、コンサートの放送を観ることもなかった。

この5月8日、『うたコン』で丘みどりが美空ひばりの「リンゴ追分」に挑戦した。
必死で歌うその姿は美しく、近年の民放地上波の歌番組としては極めて稀な、「歌い姿の美」が生放送で多くの人々に届けられた。
同時に「リンゴ追分」がいかにも難しい歌だということもよく理解できた。
現在美空ひばりの歌を歌唱すれば、天童よしみが図抜けて美味いだろう。
声質的にも技術的にも美空ひばりと多くの共通点がある。

この年カルガリー冬期五輪が開催されていて、女子フィギュアスケートでカタリナ・ビットが金メダルだったのだが、わたしはビットのスケーティングにはまったく感心せず、メダルには届かなかったが、ジャンプ&回転の剛球のみで攻める伊藤みどりに魅了された。
それはカルガリーにいた会場の観客も同じことだったと見受けらた。
伊藤みどりが登場した時の観客たちの雰囲気、一発目のロケットのようなジャンプ時に起こった大歓声、さらにその後、芸術点など無視するように驚くべきジャンプ&回転を連発する伊藤みどりに大観衆もテレビの前のわたしも熱狂した。
伊藤みどりの体型ではいかにダンス技術を磨いても、「美しい」と観客に溜息をつかすことは難しく、ただ誰にもできない驚異のジャンプを連発する姿こそにわたしは「美」を感じた。
その後日本人としては、荒川静香や羽生結弦の金メダルがあったけれど、「最高のインパクト」という観点ではいまだにわたしにとって、「カルガリーの伊藤みどりである。

この年、 週刊誌『平凡パンチ』が休刊になっている。
わたしが高校の時期、同級生の9割以上はアホばかりで(笑)、その中でも極め付きの一人がいて、「『プレイボーイ』や『平凡パンチ』を購読している自分」に対して奇っ怪なプライドを持っていた。
ある日わたしに対して、「お前、『プレイボーイ』とか読んだことないろう(←土佐弁)」などとのたまうレベルであり、読んだも何も、わたしは既にずっと大人な世界の書物を深く読み込んでいた(笑)のだけれど、当時はそうしたアホに何を言っても無駄だという徒労感だけがあった。
もちろん『プレイボーイ』や『平凡パンチ』を読んでいた人が「アホ」というのではなく、この同級生のようなスタンスを「アホ」と述べているだけである。

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:アート