So-net無料ブログ作成
検索選択
小説・孤独なカキの物語 ブログトップ
前の10件 | -

末尾ルコ詩D「猫、天候」篇。末尾ルコ「スポーツ美学論」~語学学習者は見習おう!ノヴァク・ジョコビッチは何か国語話せるのか? [小説・孤独なカキの物語]

★「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★ 「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
★ 「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
? その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ詩D「猫、天候」篇。

「猫、天候」


高知市薊野にある


あ、『ドグラ・マグラ』が出てきたぜ
『ドグラ・マグラ』と
出てきたぜ
そんな
「ドグラ」と「マグラ」です。
では虫太郎は
いまどこに
は!
今どこにったら、
今どこに

高知市薊野にある


・・・・・・

あらゆる天候の下でも、
ぼくの素敵なネコがいれば
パラダイス的天候となる!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

●末尾ルコ「スポーツ美学論」~語学学習者は見習おう!ノヴァク・ジョコビッチは何か国語話せるのか?

ノヴァク・ジョコビッチは一体どこまでグランドスラム優勝回数を伸ばすか?
ロジャー・フェデラーの持つグランドスラム男子シングルス最多優勝に追い付き、追い越すか?
その可能性は非常に高いと言えます。
大方のテニスファンは「過去の幻想」に囚われることなく、「今現在のトップ選手が史上最強」と認識している。
もちろん「過去の幻想」が何もかも悪いと言っているわけではなく、ボクシングで言えば、「モハメッド・アリ最強」と信じるのは快感ではある。
モハメッド・アリとマイク・タイソン、あるいはウラジミール・クリチコが対戦していたら、という想像もまた楽しいものだが。
もちろん「史上最高」のボクサーがアリであることについて、異論を挟む者は少ないだろう。
「最高」と「最強」の違い、お分かりですよね。

ノヴァク・ジョコビッチが現在も、そして将来的にも、「史上最強のテニスプレイヤーでは」と取り沙汰されるのは間違いないところで、やや年齢は離れているけれど、わたしたちはロジャー・フェデラーも観ることができる。
この事実を感謝しながら、観戦しなければならない。

ところでノヴァク・ジョコビッチ。
イタリアの大会ではイタリア語でインタヴューに答え、フランスの大会ではフランス語で応答している。
ありゃりゃ、ジョコビッチは一体何か国語話せるんだ?
と、なるわけですね。
これはテニスファンの間では有名な話のようだけれど、ジョコビッチは「語学大好き」な人であって、セルビア語(母国語)、ドイツ語、英語、イタリア語、フランス語が話せるのだそうです。
この中でもフランス語は比較的新しく勉強を始めたようだけれど、2016年全仏オープンテニスの際にはかなり流暢に応答していました。
それとジョコビッチ、会話センスがとてもいいんですわ。
これなんですよね、「語学のおもしろさ」って。


●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!


「空とぶ謎の革命カキ」その33 カキティーヌ、コンクラーべ 2013年3月21日 [小説・孤独なカキの物語]

革命カキはどこにいるのか?
革命カキは今どこにいるのか?

革命カキはまだ高知市で迷っているようだ。
革命カキは自分が今いるのが大津バイパスであるか南国バイパスであるかまだはっきり分かっていない。

あ!

東の空にカキティーヌが見える。
そこにいるはずのないカキティーヌが。

カキさん!
え?
コンクラーベ!
ええ?
コンクラーベ、カキさん!!




「空とぶ謎の革命カキ」その32 「愚かさ」とカキティーヌ。 2013年2月20日 [小説・孤独なカキの物語]

[スペード]正直矛盾だらけである。
矛盾という言葉も相応しくないかもしれない。
愚かである・
愚か過ぎると言ってもいい。
あまりに愚かだ。
何がって?
革命カキの思考さ。
革命カキの行為さ。
でも愚かだからって「革命」であってはいけないわけでもない。
愚かだからこそ「革命」なのかもしれないね。

「わたしも愚かよ、カキさん!」
カキティーヌは自宅のフランス部屋でそう呟く。
革命カキの声が聞こえたわけではない。
革命カキの声が聞こえたフリをしているのさ。
いや、聞こえたのかもしれない。
聞こえているのかもしれないよ。

タグ:アート カキ

「空とぶ謎の革命カキ」その31 カキティーヌとアリシア・キーズ。 2013年2月17日 [小説・孤独なカキの物語]

[スペード]そう。ロバート・デ・ニーロとダニエル・デイ・ルイス。
偉大なる2人の映画スター。
「偉大」と言う言葉が相応しい俳優は、他にはショーン・ペンもいる。

[スペード]これは。
この曲は。
カキティーヌは訝った。
これは。
この曲は。
アリシア・キーズ?
きっとアリシア・キーズだ。

カキティーヌは一度もアリシア・キーズのファンだったことはない。
ところがその日、高知市愛宕通り上空で聞こえてきた歌がアリシア・キーズのものだとすぐに分かった。

[スペード]革命カキはまだ道に迷っていた。
まだ大津バイパスと南国バイパスの罠に捕らえられたままだった。

タグ:アート カキ

「空とぶ謎の革命カキ」その30 高知市のグレイの空と 2013年2月12日 [小説・孤独なカキの物語]

[スペード]エマ・ストーンは稀に見る「何もかも揃っている」女優だ。
「エマ・ストーン」の名がクレジットされていれば「観るべき!」という意味になる。

[スペード]外へ出ると雨でした。
予想はしていました。
このところ天気予報はよく当たるのです。
しかも週間天気予報もよく当たる。
かつては天気予報と言えば「当てにならないもの」の代名詞でした。
今はそんなことないんですね。
それにしてもずいぶん空はグレイに覆われています。

革命カキはあらためて溜息をつく。

「カキさん・・・」

こ、この声はカキティーヌ・・・??


タグ:アート カキ

「空とぶ謎の革命カキ」その29 大津バイパス?南国バイパス?2013年2月10日 [小説・孤独なカキの物語]

[スペード]長ければいいというものではない。
短ければいいというものではない。
長くても短くてもいい場合も悪い場合もある。
一分の歌で人生が変わることもある。

二階堂ふみ。
二階堂ふみが日本を生かし、二階堂ふみが存分に生きられる日本でなければ。

[スペード]革命カキはどこにいるのか?
大津バイパスか?南国バイパスか?
東の方には山が見える。
かと言って、北の方にも山が見えるしニ氏の方にも山が見えるし、南の方に山が見えないわけではない。

こ、これが高知・・・。

革命カキはあらためて溜息をつく。

「カキさん・・・」

こ、この声はカキティーヌ・・・??


タグ:アート カキ

「空とぶ謎の革命カキ」その28 「レ・ミゼラブル」マリウスを背負うジャン・バルジャン。2013年1月8日 [小説・孤独なカキの物語]

[スペード]レ・ミゼラブル」の主要登場人物たちは一様に大きな苦しみを持って生きている。
その「集積」とさえ言っていいのがジャン・バルジャンだ。
とりわけパリの地下に張巡らされた下水道の中、マリウスを背負って歩くジャン・バルジャンは十字架を背負いヴィア・ドロローサ(悲しみの道)を歩くイエス・キリストをどうしても彷彿させる。

[スペード]それは革命カキが高知市智愛宕通り上空でカキティーヌと邂逅する前の話。
それは革命カキが大津バイパスやら南国バイパスやら分からぬ場所で迷ってしまう前の話。

[スペード]それは革命カキが秦住宅周辺をぶらつく前の話。

タグ:アート カキ

「空とぶ謎の革命カキ」その27革命カキ、南国バイパス、ヴィルジニー・デスパント。2013年2月6日 [小説・孤独なカキの物語]

[スペード]ヴィルジニー・デスパント。
フランスのパンクな作家、映画監督。
映画「嫉妬」というデスパント作品はエマニュル・べアールが出演しているというのにすこぶる空虚な内容になっている。


[スペード](・・・ここは、大津バイパス?それとも南国バイパス??
ここは、大津バイパス?それとも南国バイパス??

カ、カキは、革命カキは、道に迷ってなんかないやい!)

と言いながらも、そのカキ型身体は不安で一杯になった。

(ここはどこ?大津バイパス?南国バイパス?それとも全然違う場所へ来ているの??)

このまま進んでいいのだろうか、それとも引き返すべきか?
革命カキの背後で太陽が落ちかけている。
つまり進行方向が東だ。
それは分かるけれど。

「空とぶ謎の革命カキ」その26高知市愛宕通りから大津バイパス、南国バイパスへ。2013年2月4日 [小説・孤独なカキの物語]

愛宕通り上空から革命カキは一気に下降してカキティーヌを「播いた」と判断した革命カキ。革命カキの脳内には高らかに「レ・ミゼラブル」の「民衆の歌」が響き渡る。
(高揚するウ!よし、このまま大津バイパスと南国バイパスへ繰り出そう!)

そして大津バイパス!南国バイパス!
案外この2つの通りを区別するのは難しい。
いやさほど難しくはないのだ、「どちらにどんな店があるか」把握しておけば。
ところが革命カキはさほど把握してなかった。

(・・・ここは、大津バイパス?それとも南国バイパス??
ここは、大津バイパス?それとも南国バイパス??

カ、カキは、革命カキは、道に迷ってなんかないやい!)

タグ:アート カキ

「空とぶ謎の革命カキ」その25高知市愛宕通り上空でカキティーヌと邂逅した革命カキと「レ・ミゼラブル」2013年2月1日 [小説・孤独なカキの物語]

2013年1月某日。
高知市愛宕通り上空でカキティーヌと邂逅した革命カキ。

愛宕通り上空から革命カキは一気に下降!
それは空気中に穴が出来たような急下降だ!!。
(ふふふ、カキティーヌめ、この革命カキが消えたように見えただろうねえ・・・)

革命カキはいい気分だった。
あのカキティーヌをまいたのだ。
この場合の「まいた」は「水を播いた」の「まいた」とは意味が違うが、感じは同じ「播いた」である。

(いい気分だねね♪)

革命カキの脳内に歌が響き渡る。
もちろん「レ・ミゼラブル」の「民衆の歌」だ。

(高揚するウ!よし、このまま大津バイパスと南国バイパスへ繰り出そう!)

タグ:アート カキ
前の10件 | - 小説・孤独なカキの物語 ブログトップ