So-net無料ブログ作成
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | -

●映画『SUSHI GAIRL』の「女体盛り」映像から『ゾンビーバー』へも出演しているコートニー・パーム、そして昭和のエロ本に満ちた町の本屋のメモリーへと。 [「言葉」による革命]

●映画『SUSHI GAIRL』の「女体盛り」映像から『ゾンビーバー』へも出演しているコートニー・パーム、そして昭和のエロ本に満ちた町の本屋のメモリーへと。

末尾ルコ「エロティシズムの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

マーク・ハミルがとてもルーク・スカイウォーカーとは似ても似つかぬ姿で登場する映画『SUSHI GAIRL』であるけれど、別にこの作品はマーク・ハミル目的で鑑賞したのではなくて、ましてや「女体盛り」目当てでもなく、このテのインチキ臭い映画の中にお宝的なおもしろさの作品がちょいちょい見つかるからである。
しかし『SUSHI GAIRL』はさほどおもしろくはなかったのだけれど、「コートニー・パーム」という女優の裸体の上に寿司が置かれていたのは確かであり、このコートニー・パーム、ここ数年の「インチキ臭い映画」の中の傑作のひとつ、『ゾンビーバー』へも出演しているではないか、というお話は以前書いた気もするけれど、まあそれはいい。

この「女体盛り」だが、わたしの個人的感想としては、(裸体の女性の上に寿司を載せて何が楽しいのだろう)くらいのものであり、「女体盛り」に関しては何ら関心はないし、まして「男体盛り」にはもっと関心はない。

しかしふと気づいたが、わたしは10代の頃からまったく関心がないに関わらず、「女体盛り」という異な方法論を知っていたのであり、(一体なぜだ??)と考えてみるに、犯人は「町の本屋」である。

町の本屋は日本中どこの地域でもどんどんその数を減らしているのだろうが、その傾向が明らかになってきたのはやはり80年代からだろうか。
まだネットが普及している段階ではなかったが、全国チェーンの大手書店やレンタルビデオ店に付属した書店の影響などで、高知でも当時次々と小さな本屋が姿を消し始め、地元のテレビでも廃業寸前の書店オーナーがインタヴューされていたことを覚えている。
それさて置き、高知市の中心街から離れた場所にもかつては「町の本屋」がかなりあって、そうした書店の多くには、「女体盛り」などの写真を含んだ不届きな雑誌が、多くは店の奥の方に、時には店頭にこれ見よがしに並べられていた。
もちろん聖心にして純情可憐な10代のわたしが「女体盛り」だの「団地妻の悶え」だのに興味を持つはずもなく、わたしがやむなくそうした反社会的な書店に足を運んでいたのは、『月刊プロレス』『月刊ゴング』を購入するためである。
そしてもちろんわたしはそうした非道極まりない雑誌を手に取るのも嫌だったけれど、しかし「悪を打倒するには悪を知らねば」というコンセプトの下、心底辛い思いをしながらも嫌々ページを開いてみたことも無きにしも非ずであって、そんな鬼畜的ページの中にきっと「女体盛り」があったのだろう。
しかし「和製エロティシズム」を考える上で重要なこの話題、きっと今後も続くはずである。

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、不変」篇。2017年12月17日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、不変」篇。

「猫、不変」

そして少し南から
いつもの西へ
実はその間
大切なことは
何も変わっていないのかもしれない

・・・・・・

ぼくと
ぼくの素敵なネコは
不変だ、間違いなく!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ 魂のフレーズ「では、魂とは?」 [「言葉」による革命]

・末尾ルコ 魂のフレーズ「では、魂とは?」


あるいは

そして心、
はたまた精神、

これらはすべて、
同じものなのだろうか?

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「吉高由里子のポテンシャルを発揮させる日本となれ!」その1。2017年12月16日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「吉高由里子のポテンシャルを発揮させる日本となれ!」その1

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

寺島しのぶに言わせれば、「女優が脱ぐ脱がないで大騒ぎする日本の男っていやらしい!」となるわけで、その意見は正しいけれど、それは「映画のクオリティのためなら脱ぐことなど当然」という生き方を貫いている寺島しのぶだから説得力がある言葉だ。
前にも書いたけれど、映画『この国の空』で二階堂ふみが「ヌードシーン」で吹き替えを使っていたのは驚きだった。
「映画に命を懸けてもいい」という二階堂ふみの意識はすでに『ヒミズ』の頃から伝わってきており、その二階堂ふみにして、しかも『この国の空』はエロティシズムを重要なテーマとした映画なのに「吹き替え」なのかだ。
そんな状況を見ていると、映画『蛇にピアス』でいきなり裸体を披露し、しかも暴力や破壊衝動を含めたSM的世界観をどっぷり表現した吉高由里子の存在があらためて浮上するのである。


●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ 魂のフレーズ「日常?」 [「言葉」による革命]

・末尾ルコ 魂のフレーズ「日常?」

あるいは
日常と非日常
しかしそもそも
「日常」とは、
あなたの信じている
「日常」なのだろうか?

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコに重大インシデント発生か?オリコ広島自動車ローンの審査却下?そして『かっぱえびせん 東京下町もんじゃ味』の感想は?? [「言葉」による革命]

●末尾ルコに重大インシデント発生か?オリコ広島自動車ローンの審査却下?そして『かっぱえびせん 東京下町もんじゃ味』の感想は??

末尾ルコ「日常描写と食の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(ちっ!オリコ広島の野郎、これだけ「け×の穴」の小せえやつだとはな!セコい銭勘定ばかりしやがって!おっと、それが仕事だったねえ)
などと、もちろんわたしはそんな小さなことをどうこういう人間ではない。
いかにオリコ広島の方々の「け×の穴」が小さかろうが、わたし自身は「け×の穴」が小さいなんてことはまったくありましぇん。
あ、もちろんこれは慣用句の世界の話であって、生物学的に「け×の穴」が小さいとか大きいとか、そんなお話ではありません。
いや、普通はそんなこと分かるのだけれど、「普通」が通じない人も多々存在するので、はい。
で、いかなる仕儀が生じたかと言えば、はい、わたし、中古車のローン、オリコ広島にキャッキャ、いや却下されちゃいました。
いや、ぜんぜん平気ですよ。
同情なんか、いらないじょ♪
車なしで高知での生活はままならないから、無理して現金を用意して中古車を購入するけれど、わたしが年の瀬に餓死していたら、「オリコ広島のせいです」なんて言いません。
ぜんぜん言いませんよ、わたしが年の瀬に餓死していたら、「オリコ広島のせいです」なんて(ふふふ)。

しかしおかしいなあ、わたしはローン滞納もしたことない以前に、ローンで物を買ったこともなければ、クレジットカードも作ったことないのである。
そんな善良なわたしを「審査却下」にした理由は、わたしが「一般常識では理解し難い自営業」であったからなのか。
それにしても、「払えるから、ローンを組もうとした」というのに、書類だけでお粗末なことしやがって、なんてぜんぜん思ってません(ふふふ)。
しかしそもそも人様を「審査」とは何て横着な言い草だ。
ローン組んでくれる客がいなければ、オリコ広島なんぞ会社として成り立たないのだろうが!なんてこと、ぜんぜん思ってません!

それにしてもこうしたローン関係の会社は「審査の内容」を決して公開しないとされているが、そのおかげで書類を書いたりディ―ラーへ行ったりで、少なくとも全体で「4時間」はロスしてしまった。

この件に関しては、また機会があればもっと詳しく書こうと思っているが、年の瀬に手持ち現金が目減りするのは事実だ。

そしてまたわたしは、『かっぱえびせん 東京下町もんじゃ味』を食べたことも事実である。
わたしはもんじゃ焼き自体を食べたことがない。
そして『かっぱえびせん』のプレーン味に飽いているというのも事実だ。
この2つの要素が重なり合ったのかどうかは定かではない。
そう、『かっぱえびせん 東京下町もんじゃ味』を、わたしは案外美味しく食べることができたのだ。

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、方角」篇。2017年12月16日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、方角」篇。

「猫、方角」

西から少し南へ
まあそんなこともある
川端康成を読み
太宰治を読んだ
そんな日の午後に

・・・・・・

ぼくの素敵なネコは
どの方角でも
最高に素敵!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●ご高齢の方こそ、「言葉の戦士」として日々を愉しく生きていただきたいのです。2017年12月15日 [「言葉」による革命]

※2018年1月2日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「言葉の戦士」訓練&「真の恋愛講座」・・・ご高齢の方こそ、「言葉の戦士」として日々を愉しく生きていただきたいのです。

はい。

ご高齢の方こそ、「言葉の戦士」として日々を愉しく生きていただきたいのです。

「言葉の戦士」を志していただくのに、年齢性別は関係ありません。
「自覚的」という意味では、「もの心ついてから」ということにはなりますが、親御さんが「まだもの心ついてない子どもさん」に対して「言葉の戦士」教育を与えることはとても有益です。

その前提でもう一度繰り返しますが、

ご高齢の方こそ、「言葉の戦士」として日々を愉しく生きていただきたいのです。

なぜでしょうか?

(続きは、有料メルマガでお願いします)

nice!(13) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「『エージェント・ウルトラ』はかなりおもしろく、その中のクリステン・スチュワートもいつも通りゴシックである」。2017年12月15日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「『エージェント・ウルトラ』はかなりおもしろく、その中のクリステン・スチュワートもいつも通りゴシックである」。

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

『エージェント・ウルトラ』という映画があって、主演はジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワート。
この作品は興行的には大コケだったようで、米国内の批評も概ねよろしくない。
しかし結論から言えば、わたしはとても楽しんで鑑賞した。
映画では、ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートがカップルで、アイゼンバーグはダメ男、
ところが実はCIAに強烈なトレーニングを受けたジェイソン・ボーン並みのスペシャル・エージェントだった。
というのがストーリーの骨子であって、90分強の時間、ストレートに展開するのがいい。
特にクリステン・スチュワートの映画的容貌はそれだけでも十分な見ものであり、アクションシーンを経て傷だらけになってしまった表情のアップがゴシックロマンで美しい。
クリステン・スチュワートはレズビアンで、恋人(2017年1月時点)がロックスターのセイント・ヴィンセントだというが、これまた実生活でも美しいカップルだ。

クリステン・スチュワートと言えば、映画『トワイライト』シリーズで世界中の若者のスーパーヒロインとなってわけだが、シリーズが終了してからのインディ映画中心の作品チョイスが素晴らしく、「ぜひ観たい女優」の一人である。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ 魂のフレーズ「常識?」 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ 魂のフレーズ「常識?」

常識と非常識
あるいは
常識の外
では「常識」とは?

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 「言葉」による革命 ブログトップ