So-net無料ブログ作成
検索選択
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | -

●「強さとプロ」論~もっと自分たちを見つめ直せい!UFC209のメインイベント、タイロン・ウッドリー vs. スティーブン・トンプソン。 [「言葉」による革命]

●「強さとプロ」論~もっと自分たちを見つめ直せい!UFC209のメインイベント、タイロン・ウッドリー vs. スティーブン・トンプソン。

末尾ルコ「格闘技で知性と感性を鍛えるレッスン

UFC209のメインイベント、タイロン・ウッドリー vs. スティーブン・トンプソンのような試合展開はMMA界全体にとって実に由々しいモノであって。
つまり両ファイターが互いに距離を取りつつ戦い続けるという、つまり「自分はダメージを食わない」と同時に、「相手にもダメージを与えられない」わけであって、何と5ラウンド、正味5分間、ちょこんと当てては下がり、ちょこんと当てては下がりという展開をやり続けることになる。
観客はたまったものではなくブーイングを飛ばしまくるのだが、ウッドリーもトンプソンもお構いなしでそんなヘタレな展開を続ける。
「プロ」という意味、それ以前に、「ファイター」あるいは「勝負師」という意味をどう理解しているのか?

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「格闘技美学論」~MMA名勝負集 高橋義生VSヴァリッジ・イズマイウ。2017年3月25日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「格闘技美学論」~MMA名勝負集 高橋義生VSヴァリッジ・イズマイウ。

プロレスの名勝負って、かつてわたしの中でいくつもあったんですが、現在のプロレスがかつてのプロレスとはずいぶん変わってしまったということと、ネットの動画サイトでかつての試合を比較的気軽に観られることなどの影響で、(果たしてこれを名勝負と呼び続けられるのか)という疑問は出ています。
かつてわたしはかなり熱心な猪木ファンだったんですが、当時熱狂したVSモンスターマン、VSスタン・ハンセンなど、今観て(スゲエ!!)とは感じないんですね。
ただ、これはリアルタイムで観たわけではないけれど、わたしがプロレスファンになった時期には既に「伝説化」していたVSストロング小林、VS大木金太郎などは今観ても「凄い試合」と言い切れる。
この両試合、何と言っても、「人間の生々しさ」が出ていたのが凄い。

それはさて置き、歴史は浅いとは言え、MMA(総合格闘技)界も名所部の蓄積ができつつあります。
その中でもわたしの大好きな一戦が、1997年2月7日、UFC 12にて行われた

高橋義生VSヴァリッジ・イズマイウ。

ヴァリッジ・イズマイウは「ブラジリアン柔術の超強豪」で「ヴァーリトゥード300戦無敗」という頭痛するようなプロフィールを持っていた。
またぞろ『格闘技通信』が推していたファイターの一人で、当時の『格闘技通信』は他にも、マルコ・ファッス、ウゴ・デュアルテなど何人もブラジリアン柔術選手の大宣伝をしていましたね。

しかし2016年で「200」を迎えるUFCも、まだ「12」だったんですね。
「グレイシー、グレイシー!」「ブラジリアン!ブラジリアン!」という風潮が鼻に付いていたわたしはこの高橋義生の勝利にどれだけ胸がスウッとしたことか。
今では競技臭がいささか強すぎるようになったUFCも、この頃は「決闘」的ムードが強く、さらに高橋義生の風体が任侠映画から抜け出てきたような感じだから、イズマイウをボコボコ殴る姿は実にカッコよかった。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●「Dusty Rhodes vs Killer Karl Kox」を観ながら思い出した、ザ・デストロイヤー覆面10番勝負、ザ・スピリットの「あの行為」! [「言葉」による革命]

●「Dusty Rhodes vs Killer Karl Kox」を観ながら思い出した、ザ・デストロイヤー覆面10番勝負、ザ・スピリットの「あの行為」!

末尾ルコ「プロレスで知性と感性を鍛えるレッスン

そう。YouTubeの「おすすめ」にあった「Dusty Rhodes vs Killer Karl Kox」をクリックしたある深夜。
いきなりダスティ・ローデスが行儀よく座って語り始める。
しばらくしてカメラを引くと、隣にはワフー・マクダニエルが。
へえ~、楽しいねえ。
で、ダスティ・ローデスVSキラー・カール・コックスの映像が始まる。
キラー・カール・コックス。
このレスラーもわたしが子ども時代、プロレス本で強烈に叩き込まれながらも、その動く映像を観る機会がなかなか訪れなかった一人だ。
禿頭で残忍そうな表情。
しかもリングネームのイニシャルが「KKK」に敢えてしていたという、ポリティカル・コレクトネスを重んじたオバマ政権ならば、「禁止!」だったかもしれないし、トランプ政権ならば・・・(この後は自主規制)。
しかし実は、キラー・カール・コックスが「ザ・スピリット」という覆面レスラーになって、ザ・デストロイヤーの「覆面10番勝負」のの対戦相手として行った試合ははっきりと覚えているのである。
その試合、ザ・スピリットのフォール勝ちとなったのだが、実は両足がロープへ置かれていたということで、判定が覆り、後日の再選へと持ち込まれた!

まだはっきりと覚えています、一旦控室に戻ったスピリットがリングへ呼び戻される姿、そして大阪スポーツに「衝撃の現場写真」ばりにデカデカと掲載された、「ロープを利用してフォールする」スピリットの写真!

nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ● 日本に蔓延り始めた、「洋画好き」に対する「蔑視」。2017年3月24日 [「言葉」による革命]

※2017年6月5日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「言葉の戦士」訓練&「真の恋愛講座」~日本に蔓延り始めた、「洋画好き」に対する「蔑視」。

・人は、「蔑視の中」で生きていくことはできません。

おそらく日本社会の様々な場所で、

「蔑視」

が幅を利かしています。

もちろん「蔑視」というのはある人数以上の人間がいればどこにでも現れるのが普通であり、さほど珍しいものではありません。
それは「いじめ」と同じことで、世界を「いじめゼロ」にはできないし、「蔑視ゼロ」にもできない。
そしてもちろんだかたといって、「いじめ」も「蔑視」も

「放置しておいていい」

とならないのです。

どちらも放置しておけば悪化していく。
「悪いものの放置」が「悪化」に繋がるのはどんな分野についても世の常ですからね。

世界に蔓延る多種多様な「蔑視」については今後適宜お話していきますが、今回は特に近年の日本における風潮として見過ごせない「蔑視」についてを中心とします。

それは、

「洋画を好んで鑑賞する人たちに対する蔑視」

です。

信じられますか?
でもこれは特に若い人たちの間で蔓延り始めている現実なのです。

(続きは有料メルマガでお願いします)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。

nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「格闘技美学論」~クリス・サイボーグUFC初戦もバッチリ!快適なニコ生「タイムシフト」視聴。2017年3月24日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「格闘技美学論」~クリス・サイボーグUFC初戦もバッチリ!快適なニコ生「タイムシフト」視聴。

UFC中継で大恩のできたニコ生ですが、(PCで観るのはどうも・・・)と思っていたけれど、UFC放送に関しては実に快適に観戦できた。
まず生中継があって、しかもメインカードだけでないんですね。
メインカード以前のカードも放送する。
WOWOWは基本メインカードのみですから。
ニコ生はそれで「無料」ってどういうことだ?とも感じるけれど、UFCにもニコ生にも思惑があるのでしょう。
で、ニコ生の視聴法なんですが、なかなか快適に試聴できます。
わたしはUFCを生放送で観戦する時間がないので、WOWOWで生中継していた時も録画して観ていました。
ニコ生は「生」なのでどうなのかと思ったいたんですが、「タイムシフト放送」というシステムが素晴らしい。
2016年4月、5月に観たUFCの場合だと、生放送終了後一定時間経てば、「いつでも何度でも」期間内は試聴できました。
この「期間内」というのは、UFCは通常日本時間の日曜日に生放送となるので、「火曜日いっぱいまで」試聴できたというわけです。
しかも放送時間内の好きな時間にクリックで飛べるからとても便利。
例えば「放送開始後5時間あたりで目当ての試合がある」と分かれば、何度でもその時間をクリックすればすぐに観戦できるのです。

・格闘技はきっと多くの人間の営みの基本なり。

そう言えば、「末尾ルコが選ぶMMA名勝負」の一つとして、

高橋義生VSヴァリッジ・イズマイウ

を挙げましょう。

この試合については、また後日!


●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●伊達政宗も吃驚か?「麺職人 仙台味噌味」の感想。 [「言葉」による革命]

●伊達政宗も吃驚か?「麺職人 仙台味噌味」の感想。

末尾ルコ「食で知性と感性を鍛えるレッスン

わたしのカップラーメンの定番の一つが「日清麺職人」です。
「麺職人シリーズ」は、ノンフライでカロリーがやや低めだし、松岡修造の顔がパッケージに載っていることがあるし、味も手堅いし、というわけで、いささか動脈硬化を指摘されている母がカップラーメンを食べる時も「麺職人」の場合が多いのですな。
で、しょうゆ、みそ、しお、とんこつ、担々麺といったレギュラー商品に最近、

仙台辛味噌
広島醤油とんこつ

が新味としてA MAXで発見。
A MAXとは高知にある、
何やらそそられる雰囲気を漂わせているものだから、まずは「仙台味噌味」を購入してトライ!
結論から言えば、

美味しい!」

「みそ味」は「麺職人」だけでなく、ほとんどのカップラーメンのシリーズの定番としてあるので、それらと「どこが違うの?」と感じさせては「仙台味噌」の意味がないが、やや甘味が強くコクの深い「麺職人 仙台味噌味」は、わたしの味覚好奇心に十分応えてくれる味だった。

伊達政宗が醸造所を造らせたことから始まったとされる仙台味噌の歴史だが、わたしは本物を食べたことがない。
何かの機会にぜひ!と心に誓う京子の、いや今日この頃なのである。

nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、マルケス」篇。2017年3月24日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、マルケス」篇。

「猫、マルケス」


高知市薊野の


5月のある白昼
「アガディラマダン」を聴きながら、
「Insidious Chapter2」についてちょと調べ
その次の日は起き抜けに
『族長の秋』を読んだのさ

ああ読んだのさ
読んだのさ


高知市薊野の


・・・・・・

ぼくの素敵なネコと
一緒に本を読みたいな!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ  ●「森友学園」籠池理事長の「人品」を、あなたはどう判定するか?2017年3月23日 [「言葉」による革命]

※2017年6月3日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「言葉の戦士」訓練&「真の恋愛講座」~「森友学園」籠池理事長の「人品」を、あなたはどう判定するか?

森友学園問題の報道を見ていてとても強く感じるのは、籠池理事長の人品の低級さです。
「人品が低級だ」という表現は極めて強いものだからそうそう使うべきではないけれど、籠池理事長を見ていてこの言葉が見事に当て嵌まるのだから仕方ありませんね。
「人品」という言葉は下手をすれば差別的になりかねないので使用には慎重さと繊細さが必要ですが、しかし「一つの尺度」とも成りえる表現なので、いつも心に置いていていただきたいですね。
もう一度強調しておきますが、

「慎重かつ繊細に使ってください」。

が、人間を見る「一つの尺度」として、ぜひ心に置いていてほしいのです。

「人品」。

そしてもう一つのポイントは、

「完全にご清潔な人間などいない」

ということです。
〈「言葉」による革命〉は、「聖人君子」を養成するためのものではないのです。
「完全にご清潔な人間などいない」という認識の中で、

「自分の、そして自分以外の人たちを見る尺度の一つ」

とすると、また違った世界が見えてきます。

(続きは有料メルマガでお願いします)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。


nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「格闘技美学論」~クリス・サイボーグUFC初登場の何に最も驚いたか?2017年3月23日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「格闘技美学論」~クリス・サイボーグUFC初登場の何に最も驚いたか?

WOWOWの放送撤退で窮地に陥ったと見えたわたしのMMA観戦ライフだが、何とニコ生様が4月には2回、5月には1回放送してくれたので、何のブランクも感じさせないままMMA観戦ライフは推移しているのである。
わたしにとってMMA観戦ができるとできないとでは大違い。

・あなたにとって、MMAはどんなポジションにいますか?

4月、5月のUFCは、女子ストロー級のローズ・ナマユナス、そして「最強」の声も高かったがUFC出場までの道のりが長かったクリス・サイボーグ登場ということで、ロンダ・ラウジー登場以来実におもしろい女子MMAの注目試合観戦ができて大満足。
さらにへヴィー級ファブリシオ・ヴェウドゥムの防衛戦もあったのだが、スティーペ・ミオシッチに対して打撃でがんがん前に出るという不可解な展開を披露し、それでも最初は互角以上に戦っているように見えたが、フェンス際でミオシッチの下がりながらのパンチが顎へヒット。
そう言えばヴェウドゥム、会場のファンに大量のハッピーフェイスマスク(変顔お面)を配布していたり(しかし使用禁止になったとか)、試合開始直前にその「変顔」を披露したりと、余裕なのか調子コイていたのか。
わたしは(えらく余裕があるなあ)と感じていたのだが、それはまあいい。
UFC初登場のクリス・サイボーグだけれど、相手がレスリー・スミスでは秒殺も予想通り。
わたしが驚いたのは、試合後すぐにスミスに優しく語りかけたりと、(え?サイボーグって、優しい人じゃん!)と、そっちの方に驚いた。
なにせあの風体。
常にステロイド疑惑が付きまとう発達し過ぎた筋肉に、タトゥの多いMMA界の中でもかなり際立つハードタトゥ、さらにロンダ・ラウジーに対しての執拗な挑発もあり、(とってもヤバいお人)というイメージが強かっただけに、(何だ、いい人じゃん!)と、これが一番の驚きだったのである。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●ザ・ビーストに見せた、アントニオ・ロッカの見事なポテンシャル!&『ジャイアント台風』の、あのシーン。 [「言葉」による革命]

●ザ・ビーストに見せた、アントニオ・ロッカの見事なポテンシャル!&『ジャイアント台風』の、あのシーン。

末尾ルコ「プロレスで知性と感性を鍛えるレッスン

さてYouTubeではまたしても、と言うか、もう既に日々の定番となってしまっているが、「おすすめ」のコーナーに魅惑的なプロレス動画が。
「The Beast vs Antonino Argentina Tony Rocca 1950's professional wrestling match」
鳥人アントニオ・ロッカはプロレスファンなら誰でも知っている、と言うか、プ女子はロッカ、知ってるんだろうねえ?
という疑問はさて置いて、しかし(The Beastって誰だっけ?)というわけで楽しく動画を視聴。
そのザ・ビースト、厚い顎鬚だけでなく、胸、そして背中や肩にももじゃもじゃと厚く体毛が生えているように見える。
(なるほど、これで「ビースト」になったんだな)と納得したが、伝説の鳥人ロッカとの試合はなかなか観応えあり、
『ジャイアント台風』の中で、馬場が花道を通ってリングに近付くと、ロッカが天井の証明に脚を掛けて逆さづりになり、「わはははは」とばかり笑いながら待ち受けていた姿を、わたしの弟は子ども時代にずっと、「現実にあったこと」と思っていたようだ。
が、鳥人ロッカ、容易に空中殺法は使わない。
ザ・ビーストの方も別に狂乱ファイトを仕掛けるのではなく、オーソドックスな腕打ちや力比べ中心で、しかも小柄なロッカよりさらに身長が低く見える。
目を引いたのはやはりロッカで、両足が実に器用に動き、時にトリッキーにビ―ストを挑発する。
フィニッシュはドロップキック、そしてロープを利してのフライング・ヘッドシザーズだったが、閃光のように鮮やかだ。
特にフライング・ヘッドシザーズ、現在のプロレスの技レベルで見ても、十分「鮮やか」で見事なものだった。

タグ:アート
nice!(23)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 「言葉」による革命 ブログトップ