So-net無料ブログ作成
検索選択
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

●わたしが映画『ダンケルク』に前後して、『ヒトラー暗殺、13分の誤算』と『大脱走』を観た理由は? [「言葉」による革命]

●わたしが映画『ダンケルク』に前後して、『ヒトラー暗殺、13分の誤算』と『大脱走』を観た理由は?

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン

映画館で『ダンケルク』を鑑賞するのと前後して、家で『ヒトラー暗殺、13分の誤算』と『大脱走』を観た。
3本とも第2次世界大戦、ナチス・ドイツが大きなテーマの作品だ。
これは意図したわけではなくて、たままたま鑑賞順がそうなったのだが、ナチス・ドイツという題材はこの先も容易に尽きることはなさそうだ。
例えば同じ第2次世界大戦でも、ムッソリーニのファシスト党を主要なテーマとする映画はそうそう制作されない。
もちろんハリウッド映画の場合は、「どの程度米国を含む連合軍と戦ったか」によって、映画としてのストーリーが成立するか否かというポイントがあるのだから当然と言えるかもしれないが。


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「ゲンズブール、gainsbourg aux armes et caeteraからヴァネッサ・パラディVanessa Paradis & Suzanne Vegaへ」。2017年9月18日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「ゲンズブール、gainsbourg aux armes et caeteraからヴァネッサ・パラディVanessa Paradis & Suzanne Vegaへ」

末尾ルコ「音楽で知性と感性を鍛えるレッスン

ご存知のように、YouTubeで何かを検索すると、その関連の動画がずらずら並んできて、中には(余計なお世話だ!)というものも多くあるけれど、音楽なんかはピーター・バラカンが言うように、「ネットが無ければ、一生合わなかったような映像を観られるようになった」だ。
これではCDやBVD、BDなどはなかなか売れなくなるはずだ。
わたしも原則は、「音楽はアルバム単位で聴くべきだ」だけれど、案外一枚のアルバムって、飽きるのが早かったりするのですね。
もちろん、「飽きた」と思っても、数年後にやたらと聴きたくなり、聴いてみると新たな興奮があったりと、そんなこともあるが。

11月のある晩、わたしはまず

「gainsbourg aux armes et caetera」

で検索し、「aux armes et caetera」というのはセルジュ・ゲンズブールがフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』をレゲエにアレンジして発表、その後フランス右翼の襲撃などを受けることにもなったスキャンダラスな歌だけれど、曲としてはやはりなかなかいいです。

で、関連検索でもちろん出る出る、

「Johnny Hallyday / Matthieu -M- Chedid - "Hey Joe"」とか

「Vanessa Paradis & Suzanne Vega - Blowin' In The Wind (Dec. 2007)」とか。

これらの歌、なかなかよかったので、後日また語らせていただこう。

[スペード]マスメディアの操作」と「日本人の弱さ」によって膨張した人気者たちは、もちろん本物ではないし、「スター」でもありません。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●映画『ダンケルク』で、ほとんど「目」しか見えないトム・ハーディの「強さ」。 [「言葉」による革命]

映画『ダンケルク』で、ほとんど「目」しか見えないトム・ハーディの「強さ」。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン

この前、「トム・ハーディの「顔」が好きである。」というプチエッセイを書いたが、映画『ダンケルク』ではその顔はほとんど見えない。
スピットファイヤのパイロット役であるトム・ハーディは、その飛行中はゴーグル越しの「目」しか見えないわけである。
ところがと言うか、やはりと言うべきか、それは「やはり」で間違いないのだが、「目しか見えない」トム・ハーディもとてもいいのである。
鋭い、厳しい、頼もし気なトム・ハーディの「目」だ。


nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

●わたしの母も「プ女子」化か?「いつも通りの」内藤哲也VS棚橋弘至に熱狂する観客の心理とは? [「言葉」による革命]

●わたしの母も「プ女子」化か?「いつも通りの」内藤哲也VS棚橋弘至に熱狂する観客の心理とは?

末尾ルコ「プロレス話題で、知性と感性を鍛えるレッスン

2017年1月4日東京ドームの内藤哲也VS棚橋弘至を今頃観たのも何だけれど、たまたま母親と一緒に観たので、その分とても考えさせられることになった。
と言うのも、内藤哲也VS棚橋弘至の試合中、母(いわゆる「後期高齢者」とされる年齢です)は目を皿のようにして観ながら、「こりゃあ、おもしろい。こりゃあ、おもしろい」を連発するのである。
母がこの二人の試合を初めて観たわけではない。
今までも何度となく観ていて、新日本プロレスのレスラーの中では二人とも気に入っている。
それにしても今回、実におもしろそうに観戦しているのを横で見ていて、(なるほど、こうしてプ女子が生まれるのか)とあらためて認識した次第なのだ。

では内藤哲也VS棚橋弘至の試合内容はどのようなものだったか。

ひとことで言えば、「いつもの新日本のビッグマッチ向けの試合」である。
試合開始時こそやや間を取った睨み合い、内藤哲也のタイミング外しなどが行われたが、その後は原則両者の矢継ぎ早の技の出し合いが繰り返される。
プロレスのクラシックな試合構築の一パターンである「一点集中」のシーンも見られるが、例えば相手の片脚に対しての「一点集中」も、かつてザ・デストロイヤーが執拗に行っていた地味ながらいかにも徐々にダメージが蓄積しているように観客に感じられるようなものではない。
「一点集中」の攻撃一つ一つ自体が派手目の「見せる技」になっており、「足首を捻じるだけ」とか「相手の大腿部に膝を落とすだけ」といったケースは極めて稀で、ホールド技にしても「複雑な形態を分かりやすく観客に見せるストレッチ技」となっている。

「より派手に、より分かりやすく見える化」・・・これがプ女子を含む平成プロレスファンにアピールする大きな要因であることは間違いない。

「より派手に、より分かりやすく見える化」・・・しかしこれはプロレスに限らず平成日本文化の多くの部分に見られる現象だ。
こうした要素にはいい面もあるのだろうけれど、悪い面もある。
ニュアンスの欠如、知性や感覚の鈍麻などが悪い面として挙げられるのであり、既に多くの日本人にその悪い影響は出ていると見られるけれど、この件は今後も深めていくとして、内藤哲也VS棚橋弘至の試合であるが、実に「いつも通りの展開」で、確かにわたしも観ていて飽きはしないのだけれど、特にワクワクもしない。
ましてや試合を観ながら熱狂をする由もないのだが、当日会場へ来ていた観客たちのほとんどはもちろん熱狂している。
いや、もちろんせっかく盛り返してきたプロレス人気に水を差そうなどという気は毛頭ないが、平成のプロレスファンたちはあの「いつも通りの展開」のプロレスにどのような心理状態で熱狂しているのか、その点には大いに興味を持っている。

nice!(26)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、鳥」篇。2017年9月18日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、鳥」篇。

「猫、鳥」

ピピピピピと
鳥が鳴く
きっと回転しているのだ
あの青い鳥は

・・・・

どんなに極採食の鳥でも
ぼくの素敵なネコの
万華鏡のような魅力には
敵わないのさ

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●トム・ハーディの「顔」が好きである。 [「言葉」による革命]

●トム・ハーディの「顔」が好きである。

末尾ルコ「映画話題で、知性と感性を鍛えるレッスン

現在活躍中の映画俳優の中では、これは男優に限りの話だけれど、女優についてはわたしなりの特別な鑑賞法があるわけだから、トム・ハーディがかなり好きな「顔」である。
人間の顔がスクリーンで大映しになる映画の世界で俳優の「顔」が重要なことは言うまでもないが、単なる美男・美女・カワイイではまったく足りないのも映画俳優の世界だ。
そんな中、現在映画へ出まくっているトム・ハーディだが、例えば『クライム・ヒート』のような小さめの犯罪物でも、トム・ハーディの「顔」を観ているだけで飽きることがない。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「映画『サプライズ』に出てくる嫌ったらしい男とは?」。2017年9月17日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画サプライズ』に出てくる嫌ったらしい男とは?」

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン

映画『サプライズ』がおもしろい、という話をしていたけれど、そこそこグロなシーンはあっても、そうした部分が効果的に楽しめるのは脚本の段階でしっかりした人物の描き分けや会話のおもしろさが造形されているからに他ならない。
例えば、両親の結婚35周年祝いのために集まった家族10人のパーテイーシーンでの会話。
参加者の一人がどうやらアート&インディぺンデンス系の映画監督であり、参加者の中で一番横着な口をきく別の男がこんなことを言う。
長編映画よりも僅かの時間で表現するコマーシャルの方がアートじゃない?短い時間で素晴らしい表現をする」

と、まあこんな意味の話をする。
いやあ、

「こんな嫌ったらしい人間、いるよね~」

の世界である。
映画監督を相手にわざわざ「CMの方がアートだ」などと言い、そしてどう見てもその男は、「映画についてもCMについてもまったく知らない」様子なのだ。
こういう人間のこういう会話をしっかり、しかも実に自然に入れているからこそ、作品全体がよりふくよかになり、(また観てみようか)という気分を起こさせるのだ。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●朗報!9月19日(火)NHK『うたコン』に山田姉妹出演予定!! [「言葉」による革命]

●朗報!9月19日(火)NHK『うたコン』に山田姉妹出演予定!!

末尾ルコ「音楽話題で、知性と感性を鍛えるレッスン

はい。

朗報!9月19日(火)NHK『うたコン』に山田姉妹出演予定!!

です。
まだテレビなどのメディア出演が控えめな山田姉妹、この機会にぜひ信じ難いほど美しい歌唱をご体験ください。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●野菜購入の適正価格とは?ほうれん草や小松菜、あるいはキュウリやエンク―シン。 [「言葉」による革命]

●野菜購入の適正価格とは?ほうれん草や小松菜、あるいはキュウリやエンク―シン。

末尾ルコ「食の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン

まあこのところずっと葉物野菜が高いのである。
ほうれん草とか、小松菜とか、ここ数週間は一切買ってないのである。
生産者の方々の思いとは異なっているだろうけれど、わたしなりの野菜購入の適正価格というものがあって、それ以上の値になっておれば、「別の野菜」を探すのである。
例えば、ほうれん草や小松菜、菊菜(春菊)などの場合は、「一束150円前後」がわたしの適正価格だ。
最近はまたそれらが「一束300円」程度であることが多く、買ってないというわけだ。
さらに言えば、それら野菜に「一束400円」くらいの値札が付いていたら、(おいおい、何様だと思ってやんでい!へ、ンナロ~~!)と心で毒づいているのは大人げないけれど、そうしたこともなくはない。
キュウリも流通量によって価格が乱高下する野菜の一つで、一本20円程度で買えることもあれば、一本100円程になることもある。
(へ、キュウリ一本100円なんて、冗談言っちゃあ困りますぜ、お代官様と来たもんだ!まったく味もほとんどねえし、栄養価もてえしたことねえのによお!)ろ、別にわたしは野菜をディスるためにこの文章をしたためているのではなく、そうした感情が理不尽で生産者の方々には不本意であることは分かっているけれど、店頭に予想外にお高い野菜ばかり並んでいたら、ついそんな気分にもなるというものだ。
しかしトマトはどうにか毎日食べたいと努力はしているわたしです(山田姉妹「みずいろの手紙」風に)。

ほうれん草や小松菜などが高値の時に役に立ってくれるのが、これは高知のスーパー、特にA One、A Maxでの話だが、ニラ、ニンニク芽、チンゲン菜などだ。
ニラは高知の特産物の一つであり、たいがいそこそこリーズナブルな価格で購入できる。
わたしは子どもの頃からニラが大好きで、炒めてももちろんいいし、インスタントラーメンに入れて食べてもよく合うし、真っ直ぐな葉が扱いやすいのも嬉しいので多用していた。
そして今年よく購入しているのが、

「エンク―シン」という野菜だ。

わたしがよくエンク―シンを買うA Maxでは「香川県産」というのを売っているが、しっかりした緑黄色野菜で、味も濃くていい。
鍋物、炒め物にもOKで、しかもたいがい150円以内で買えるのであった。
うむ、適正価格である。

nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、負けない」篇。2017年9月17日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、負けない」篇。

「猫、負けない」

誰にも負けない
そういうことだ
そう
誰にも
負けない!

・・・・・・

もちろんそれは、
ぼくの素敵なネコのため!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | 次の10件 「言葉」による革命 ブログトップ