So-net無料ブログ作成
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

●母の頭部MRIと頸動脈エコー検査付き添いのわたしと病院の待ち時間、そして人生。 [「言葉」による革命]

●母の頭部MRIと頸動脈エコー検査付き添いのわたしと病院の待ち時間、そして人生。

末尾ルコ「医療・健康と人間観察の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」


6月某日、わたしは母の定期検査で病院へ足を運んだ。
高知市の総合病院だ。
80歳を超えている母はいろいろな病気をやってきたが今もピアノや短歌、コーラスなどに熱を入れていて、息子のわたしとしてはできる限りサポートしていくことに決めている。
2か月に一回の定期検診で、普段は血液検査のみ、半年に一回は頭部MRIと頸動脈エコー検査をするのが現在のパターンとなっている。
要するに、「動脈硬化進行を抑える」ことが現在の最重要課題となっているわけだ。
まあしかし、総合病院というもの、待ち時間がなかなかのものである。
血液検査だけであってもだいたい午前8時に病院へ入り、採血し、医師の診察を受けて薬局で薬をもらって帰るのが午前10時~10時半くらいになる。
これが半年に一回の頭部MRIと頸動脈エコーを含んだ日となると、正午を越してしまうのを覚悟しなければならない。
ただ付き添いで行って、待っているだけの身にはなかなかの長時間である。
検査所要時間は、頭部MRIも頸動脈エコーも30分前後だが、今回は前者の予約時間が午前10時半、後者が11時となっていて、その後に診察だから、正午を越すのは確実だろうと思われた。
なぜか頭部MRIは早めに検査室受付へ行けば、予約時間よりも早く検査を始めてくれることが多く、今回も10時前にはやってもらえた。
ところがいくら頭部MRIが早く済んでも、頸動脈エコーは定時にやるようになっている。
今回10時20分程度にMRIは終わったけれど、それから約40分間病院のロビーでじりじりと時を過ごすことになる。
もちろん待ち時間を見越して、仕事道具や、本、新聞などを持ち込んではいたが、どのような場合でも、「はっきり時間が決まっていれば」、腹を括れるのだけれど、「いつになるかはっきりしない」のは別種の疲れがあるものだ。
結局頸動脈エコーが終了したのが11時20分くらい。
しかし検査が終了しても、医師が「検査結果の資料を作る」時間が曲者で、さらに15分程度は時間を費やした。
幸い今回の検査もさしたる検査結果はなく、と言っても年齢も年齢なので、「正常値でない」数値は常にいくつかあるけれど、まあそれらは今後の努力目標としていこうということで。

同病院は自宅から最寄にあるので、時に近所の人の姿を患者として見かける。
今回もわたしが小さな頃から馴染んでいるご婦人がとても悪い顔色で、車椅子で運ばれている姿があり、その婦人は母とわたしを見つけ、自分の頭部を指さしながら、「こんなになってしもうた」と力なく言った。
やはり少し哀しい。

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●映画『欲しがる女』はエロテなくて上等なサスペンス~マリナ・フォイスとジョセフィーヌ・ジャピの2女優に注目。 [「言葉」による革命]

●映画『欲しがる女』はエロテなくて上等なサスペンス~マリナ・フォイスとジョセフィーヌ・ジャピの2女優に注目。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

『欲しがる女』というフランス映画があって、WOWOWで放送された際には「エロまがい映画」のような扱いだったのだけど、どうしてどうして、観応え十分のサスペンス映画だった。
監督は、セバスチャン・マルニエ
主演は、マリナ・フォイス、そしてフランス映画界期待の20代前半の若手女優の一人であるジョセフィーヌ・ジャピが主人公の憎悪を受ける役として出演している。

6年ぶりに地元に帰ってきたコンスタンス(マリナ・フォイス)が以前の職場へ復帰しようとするが、自分のいたポストには若く抜群の容姿のオードリー(ジョセフィーヌ・ジャピ)が座っている。
で、コンスタンスはどうするか?
異常行動が始まるのだが、この女、もともとかなりサイコな野郎だったようだ。
そしてなぜかコンスタンス、やたらと肉体を鍛える。
それはまるで『ロッキー』のトレーニングシーンのように。

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年6月21日 [「言葉」による革命]

わたしをどうでもいいと思っていた
あなたをわたしは世界で唯一の
大切な人だと思っていたわたしが
実はあなたをどうでもいいと
分かっていたと
今、よく分かった


nice!(10) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「クーちゃん」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「クーちゃん」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(この日、山田姉妹のお母様がお家でクワガタムシを見つけられました)

これは見事なクーちゃん様ですね!クワガタムシは高知でも山間部でなければ滅多に見かけません。カブトムシよりも美しいですよね。ちなみにわたしは昆虫ではカミキリムシが一番美しいと思っております。それにしてもクーちゃん様、ミューズの歌声に聴き惚れてやって来たのに違いありません!RUKO

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●悲願の全仏オープン優勝、「最も偉大なルーマニア人」シモナ・ハレプの「美」と「ドラマティック」とは?そして日本人女子ランキングは? [「言葉」による革命]

●悲願の全仏オープン優勝、「最も偉大なルーマニア人」シモナ・ハレプの「美」と「ドラマティック」とは?そして日本人女子ランキングは?


末尾ルコ「テニスの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」


※NHKのワールドカップ 日本VSコロンビア戦放送の番組欄を見たら、次のような文言が載っていた。

「あなたはどこで、誰とこの一戦を見ますか?」

・・・こういうバカなコピー、止めてほしいんですけど。

それはさて置き、

わたしは子どもの頃からいろんな国に興味があって、さらにティーンエイジの時代は日本よりも諸外国の方にばかり関心が行っていた。
だからと言って、それら国々をどんどん訪ねたわけではないが、例えば、東ヨーロッパに興味が集中していた時期もあった。
主にチェコスロバキア、ハンガリー、そしてルーマニアらが中心だった。
ルーマニアに関しては、ロサンゼルス五輪女子体操でエカテリーナ・サボーが米国のメアリー・ルー・レットンと金メダルを争い敗退した展開が強烈な印象だったが、それ以前に、ソ連を含む東欧共産圏が大会ボイコットを決め込んだ中で、「独自路線」を歩むルーマニアは参加。
派手な開会式の中、ルーマニア選手団が入場してきた時の米国観客の大歓声はいまだ耳に残っている。
ソウル五輪では、ダニエラ・シリバシュとオーレリア・ドブレというチャーミングな2本柱を擁してソ連に挑んだが、個人総合最終種目でシリバシュがシュシュノワに敗北。
その時テレビ画面に大写しになったシリバシュの大きな目からの涙を忘れられるはずもない。
その後、ソ連を含む共産圏の崩壊の流れの中、独裁者チャウシェスク政権が倒れ、チャウシェスク大統領は夫人とともに射殺される。
処刑された直後のチャウシェスクの顔が全世界のニュース番組を駆け巡ったのも恐るべき時間だった。

こうしてわたしの印象に残っていることがらだけでも、ルーマニアはとてもドラマティックな国である。
「ローマ(帝国)の末裔」を自認し、東ヨーロッパで唯一ラテン系の言語を持ち、『ドラキュラ』のモデルとなったブラド・デペシュ公の故郷でもあるルーマニアは、チャウシェスク時代に「みなしご部隊」を設けていたという情報も、現代に中世的なまでに非合理な社会を営んでいたイメージをわたしたちに植え付け、無責任にロマネスクな想像を広げてくれた。

さてそのルーマニアだが、21世紀は「シモナ・ハレプのルーマニア」である。

2014年全仏オープンでマリア・シャラポワととてつもない死闘を演じ、準優勝になった試合を含め、グランドスラム決勝で3度に渡り敗退。
特に昨年の全仏で当時ノーシードのエレナ・オスタペンコの衝撃的な爆発力に逆転負けを喫してからは、世界中から(ハレプ、今度こそ優勝してくれ!)という有言・無言の後押しが強まるばかりだった。
そして2018年全仏、対戦相手がべいこくの、これまたすぐに映画出演してもおかしくないまでに強く美しいスローン・スティ―ブンスであってのよかった。
しかも第1セットは圧倒的身体能力を誇るスローンの強烈なショットに圧倒され、(これはとてもじゃないが太刀打ちできない。2セットで簡単に負けるに違いない)と思わせるような展開から、第2セット途中より、「技」で相手の「パワー」を徐々に崩していき、第3セットは逆にハレプが一方的に押しまくって勝利を収める。

まるで夢を見ているような戦い・・・シモナ・ハレプがいつも創り出してくれるのが、それだ。

わたしにとってとても大切なこと・・・テニスのシングルスは、「1対1の戦い」である点、多くの格闘技と同様である。

Simona Halep vs Sloane Stephens - Final Highlights I Roland-Garros 2018(https://www.youtube.com/watch?v=VBc_XRYzZy4

ちなみにWTA女子ランキングの1位はこのシモナ・ハレプだが、日本女子を見ると、大坂なおみが18位!!!!!これは凄いことですが、他の日本勢は、100位奈良くるみ、121位日比野菜緒、162位加藤未唯、188位今西美晴、189位穂積絵莉、197位日比万葉と、何と数年前にグランドスラムシードまで上昇した土居美咲は200位内にさえ入ってない。
世界女子テニスはかように厳しい世界なのである。

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本の危機」を救うのは、「わたしたち」しかない!2018年6月20日 [「言葉」による革命]

※2018年7月14日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本の危機」を救うのは、「わたしたち」しかない!

はい。

「日本の危機」を救うのは、「わたしたち」しかない!

現在の日本が危機であるか否か、あるいは「危機」と言っても、どのような危機であり、どの程度の危機なのか?
人によって見方は様々だと思います。
中には、「日本は今でも世界トップクラスのいい国だ。これで危機なんて言うのは贅沢病のようなものだ」という考えもありますね。
曾野綾子などは以前からそのような言い方をしています。
そうした考えを「100%間違い」と言うつもりはありませんが、「100%正解」だとも考えません。
一つの国の状態を判断する基準はあまりに多様で、単純化して論ずるのは大変危険なことです。
例えば、「日本は女性の社会進出が著しく遅れている国」、つまり「根強い男尊女卑の国」という国際的定説がありますが、この説にも異論を唱える人たちは多くいます。
近年最も多い異論が、「そんなのは欧米の価値観じゃないか!」というもので、この異論の中にも一片程度の真実はあるのでしょうが、概ねは「幼児的な逆ギレ」だと思います。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「光と雲」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「光と雲」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(この日、山田姉妹は海岸で寛ぐお写真をアップしておりました)

いろいろな形の雲が見えます。深い碧と翠が含まれた空の色が豊かです。光が差しています。バルトロメ・ムリーリョが描いた聖母マリアを包み込む光のようです。大地は豊饒な漆黒です。海のかなたは、まるで夢のような色をしています。そんな景観の中、お二人のミューズが愉しそうです。RUKO

見えない!何も見えない!!華様が美しく眩し過ぎて、梅もジャムもカーテンも、何も見えないいい!
・・・しかしここは冷静にならねばということで、自ら編み出した「冷静沈着ダンス」を踊ること1時間半・・・ようやく冷静になりました(笑)。

さて、このところとてもお忙しそうで、それはもちろん嬉しいことですが、お疲れにならないかと少し心配しておりました。
けれどこの数日、じっくりと英気を養われたご様子。お二人がお寛ぎになるご様子を拝見するのはとても嬉しいことです。
新しいプロジェクトにお取り組み中とのこと、今度はどのような芸術を堪能させていただけるのか、最大限に愉しみにしてお待ちしております。RUKO

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ「昭和史」~個人的幼年期の記憶、そして高知県の文化・メディア状況。 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「昭和史」~個人的幼年期の記憶、そして高知県の文化・メディア状況。

末尾ルコ「昭和史の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」


わたしの在住地は高知でです。
そう、高知でででです。
時に東京へ行きます。
と言いますか、それは主にバレエ鑑賞、時に映画鑑賞のためにです。
ただ、ここ1~2年くらいは行ってません。
バレエ鑑賞時、劇場に対する不満が大いにあるのが一つと、まちょっと金欠病もありましてね・・・うふふふふう。
しかしまた行くようになるでしょう。
山田姉妹というミューズも東京中心に活動してますし、ずっと燻り続けていたわたしの「活動」も、この6月から7月にかけて、退路を断ってやります。

というようなお話はまたどんどんしていきますが、今回はわたしの幼年時代、住んでいたのはもちろん高知ですが、文化芸術を中心に、その置かれていた状況と言いますかメディアの状況も含めてお話ししてみます。
この場合の一つ大きなポイントは、「都市部と地方の大きな格差」です。

わたしがもの心ついた頃、わたしの家庭は3世代同居でして、父方の祖父母、父母、そして弟が暮らしていました。
わたしの父は高校教諭、母は小学校教諭で、祖父は、ちょっとわたしの記憶が曖昧なのですが、確か中学校の校長だったと思います。
祖母は慢性の難病に罹っていて既に仕事はしておらず、しかしまだわたしに習字を教えたりできる状態でした。
祖父母ともキリスト教プロテスタントの信者でして、しかし結局父母も孫もクリスチャンになることはありませんでした。
ただ、家の中にキリスト教関係の書籍やアイテムなどが普通に存在していたことは、わたしにとって「とてもよかった」と思っています。

当時高知のテレビは、NHKの2チャンネルと民放の2チャンネルだけでした。
民放は日本テレビ系とTBS系で、しかし他の民放の番組がまったく観られないわけではなく、おそらく人気番組に限っては、主に数か月以上遅れで、しかも「本来の放送時間」とはまったく異なる時間に放送されることがありました。
もちろんそうした放送局の事情について、子どものわたしは知らなかったですし、おそらく両親や祖父母も知らなかったはずです。

家の中にラジオも常にあったはずですが、わたしが聴き始めたのは小学校3~4年程度くらいからではなかったかと思います。
親もあまり聴いている様子はありませんでした。
小学高学年くらいから、ラジオで洋楽など音楽情報をどんどん摂取するようになるのですが、それ以前(この時期も記憶曖昧です)のラジオ番組で印象的なのは、確か『夜のミステリー』という番組名だったと思いますが、つまり「怪談」なのですね。
あれは怖かった。
怖いけれど、聴きたくなるのですね。

(つづく)


nice!(26)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本の危機」には、まず魂・心・精神を知ることです。2018年6月19日 [「言葉」による革命]

※2018年7月17日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~「日本の危機」には、まず魂・心・精神を知ることです。

はい。

「日本の危機」には、まず魂・心・精神を知ることです。

では今回は、わたしのガラケーの『旺文社監修 国語辞典』で「魂」と「心」を引いてみましょう。
次のようになっています。




1肉体に宿り、心のはたらきをつかさどると考えられているもの。霊魂。
2人間の心。精神。気力。



1感じたり、知ったり、考えたり、決めたりする働き。精神。
2まごころ。
3思い。感情。
4思いやり。なさけ。
5気。気持ち。
6おもむき。風情。
7なぞときの答えの意味・内容。

(続きは、有料メルマガでお願いします)


nice!(15) 
共通テーマ:アート

山田姉妹徹底応援!9月9日は高知公演です!!! [「言葉」による革命]

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」



9月9日、山田姉妹高知公演、音楽を愛する方であれば、絶対です!

ポピュラーソングコンサート山田姉妹<よみがえる、青春のメロディー>

http://kkb-hall.jp/event/event_detail.cgi?event_id=271


高知公演だけでなく、山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | 次の10件 「言葉」による革命 ブログトップ