So-net無料ブログ作成
検索選択
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、汗」篇。2017年7月22日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、汗」篇。

「猫、汗」


それは
命懸けの



それは
命懸けの


・・・・・・

もちろんのこと、
ぼくの素敵なネコのために!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●「新語・流行語」に対するスタンスで、その人の知性がかなり分かってしまう。2017年7月21日 [「言葉」による革命]

※2017年9月8日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「言葉の戦士」訓練&「真の恋愛講座」~「新語・流行語」に対するスタンスで、その人の知性がかなり分かってしまう。

「新語・流行語」、使ってますか?

使っていけないことはないけれど、なるべく使わない方がいい。
使うのであれば、「しっかりとした判断」と「的確な運用」でもって使うべきである。

というのが、わたし、つまり末尾ルコ〈「言葉」による革命〉の考えです。

このような考えに対して、「めんどくせえなあ」なんて言ってはいけません。
小さな言葉の積み重ねが、人間関係や社会的雰囲気を大きく変えていくのです。
だいたい、「めんどくせえなあ」なんて言葉をすぐに使う人たちは、たいがい「
××」です。

(続きは有料メルマガでお願いします)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。


nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「完璧な美貌?サラ・ガドンの誕生日?」2017年7月21日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「完璧な美貌?サラ・ガドンの誕生日?」

末尾ルコ「映画俳優演技論」

サラ・ガドンはカナダトロントで生まれている。
トロントはオンタリオ州にある。
サラ・ガドンは1987年4月4日に生まれている。
4月4日。
サラ・ガドンが生まれた日である。
4月4日。
これは覚えやすい。
ゆえにあなたも覚えてみよう!

サラ・ガドン。
父親は心理学者、母親は学校教師という家庭に育ったという。
どうりで知的で育ちのいい佇まい、語り口。
いや、父親が心理学者で母親が学校教師だからといって、その娘が必ずしも知的で育ちよさそうになるわけではない。
「サラ・ガドンは、そうである」というだけの話だ。
そしてサラ・ガドンのプロフィールを見ると、「カナダ国立バレエ学校」「クロード・ワトソン・スクール・フォ・ザ・パフォーマンス・アーツ」などに通ったとある。
さらに、「トロント大学イニス・カレッジシネマ研究プログラム」という名も見える。
なるほど。
例えばサラ・ガドンは、自らの出演作である『複製された男』に関して知的に情熱的に持論を語っている。
そうか、そうだったのか・・・だ。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●霊能者なら、エクトプラズム出してみろお! [「言葉」による革命]

霊能者なら、エクトプラズム出してみろお!

末尾ルコ「真皮に関する考察」

こらこらこらあ!霊能力者どもお!!!
てめえら、最近どうしてエクトプラズム出さねえんだよう!
念写する奴も、どうしていねえんだよお!!俺が子どものころ、あんなにビビらせておいて、そりゃあねえんじぇねえかようお!!


などと、子どもの頃に読んだり、見たりした「心霊もの」についてふと思い出したので、一筆したためた次第でございまする。



タグ:アート
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●今だからこそ、アントニオ猪木の「セメントの強さ」を仮説として検証してみる。その1。 [「言葉」による革命]

●今だからこそ、アントニオ猪木の「セメントの強さ」を仮説として検証してみる。その1。

末尾ルコ「プロレスと格闘技話題で知性と感性を鍛えるレッスン

アントニオ猪木の「強さ」。それは「プロレスラーとして」のではなく、「セメントをやれば」という意味の「強さ」に関し、現段階での私の仮説を記しておこう。
もちろん日本プロレス時代を中心に、まだまだわたしにとって未知の範囲が多くあるから、あくまで「現段階での個人的仮説」でしかないが。
ただ、プロレスと同様に、リアル格闘技もずっと観続けているわたしなりの見識はある程度の説得力をもたらしているとは思っている。

前提 プロレスルールでセメント(真剣勝負)をやった場合。

♪最盛期のジャイアント馬場VS最盛期のアントニオ猪木
 ↓
打撃と体力により、馬場の勝ち。

猪木が勝つとすれば、グラウンドに持ち込んでのサブミッションしかないが、最盛期の馬場の身体能力と下半身の安定感は容易にグランドには引き込まれないだろう。
それ以前に、体格、体力で大きく勝る馬場の本気の打撃を食えば、猪木は耐えられなかっただろう。
スタンドで猪木が勝てる要素はほぼゼロだと思う。

♪新日本プロレス時代の、アントニオ猪木VS坂口征二。
 ↓
坂口がサブミッションで勝利。
馬場VS猪木以上に、猪木に勝つ要素が見当たらない。
柔道家は打撃に弱いが、それは力道山VS木村政彦のように、レスラーがかなり体格的に勝っていることが前提だ。
坂口は猪木よりかなり大きく、猪木の打撃は素人レベルである。
猪木はパンチにせよキックにせよ、あるいはチョップにしても、一度として真剣に取り組んだ形跡は見られない。

♪1976年にモハメッド・アリVSアントニオ猪木をプロレスルールでやっていたら。
  ↓
猪木がサブミッションで勝利。
実際の試合で、あれだけ雁字搦めのルールでも、猪木はアリから有効打を喰らわなかった。
パンチだけしか武器のないボクシングとは、そういうスポーツである。
そしてあのルールでさえ、何度かアリをグラウンドへ引き込んだ。
そして猪木のショボいスライディングキックでも、脚への打撃など一切想定しないボクサー相手には十分有効なのである。

nice!(26)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、汗」篇。2017年7月21日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、汗」篇。

「猫、汗」

高知市薊野にある


サント・ブーヴとバブーフと
汗にまみれた
戦士たち
サント・ブーヴとバブーフと
汗にまみれた
戦士たち
サント・ブーヴとバブーフと
汗にまみれた
戦士たち


高知市薊野にある


・・・・・・

ぼくの素敵なネコのためなら
ぼくは海よりも多くの
汗をかいてもいい!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「飛び抜けた美女サラ・ガドン、しかし・・・その出演映画」。2017年7月20日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「飛び抜けた美女サラ・ガドン、しかし・・・その出演映画」。

末尾ルコ「映画俳優演技論」

わたしはいつしかサラ・ガドンの大ファンである。
まだ圧倒的作品で圧倒的存在感を示したわけではないけれど、サラ・ガドンの出演シーンはいつでも愉しませてもらえるから好きだ。
なにせ美しいのである。
非の打ち所がないほど美しい。
しかし初めてサラ・ガドンを知った時は、(美しい女優だ、しかし・・・)と感じていた。

サラ・ガドンの映画出演は、『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』、『危険なメソッド』、『モスダイアリー』、『ドリームハウス』、『アンチヴァイラル』、『コズモポリス』、『複製された男』、『ベル ある伯爵令嬢の恋』、『もしも君に恋したら。』、『アメイジング・スパイダーマン2』、『マップ・トゥ・ザ・スターズ』、『ドラキュラZERO』、『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』・・・。

出演作品はどんどん増えている。
当然だ、サラ・ガドンの美貌だ
そしてサラ・ガドンは同じカナダ出身のカリスマ的映画監督デヴィッド・クローネンバーグに気に入られ、同じく映画監督をやっているその息子にも気に入られ、作品へ出演しているけれど、実はわたしはそれらの映画を気に入っておらず、もちろんクローネンバーグ作品に好きなものは多いけれど、それだけに残念だったのだ。
つまりクローネンバーグ作品を鑑賞した段階では(サラ・ガドンって最高!)と思ったわけでなく、実はその端緒となったのは、心地よいホラー映画『モスダイアリー』である。

nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●59歳で活躍しまくるアネット・ベニングの、若き日の魅惑が愉しめる『バグジー』。 [「言葉」による革命]

●59歳で活躍しまくるアネット・ベニングの、若き日の魅惑が愉しめる『バグジー』。

末尾ルコ「映画話題で知性と感性を鍛えるレッスン

アネット・ベニングが台頭してきた頃の代表作に『グリフターズ』があって、この映画は大人が心底愉しめる犯罪映画として秀逸で、ベニングは非常に魅惑的な女詐欺師を演じていた。
しかしウォーレン・ベイティが『バグジー』出演をオファーし、すぐに二人が結婚した時には、どうしても(ベイティの野郎、またやりやがってえ!)と多くの映画ファンは感じただろうし、わたしも感じた。
2017年アカデミー賞で「作品賞、毎t外発表」の当事者となってしまった時には「いい感じのお爺さん」的な雰囲気になっていたけれど、若き日は映画ファンの誰もが知るハリウッド屈指のプレイボーイとして知られており、乗りに乗っていた時期のダイアン・キートンとくっついた時も、『アニー・ホール』などですっかりキートンのファンになっていたわたしは、(ちっ!)と舌打ちしたものである。
それも今は昔だが。

そんなアネット・ベニングとウォ―レン・ベイティが結ばれるきっかけとなった映画『バグジー』は、しかしなかなかにおもしろい。
実在の大物マフィア ベンジャミン・シーゲルを描いた作品だが、ハードボイルドタッチでいて、けっこう笑わせてくれるし、当時ハードボイルドの魅惑的な女を演じさせては絶品のアネット・ベニングが存分に愉しめる。

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●あの夏の日の水あめの瓶・・・許すまじ、不法侵入の暴虐!! [「言葉」による革命]

●あの夏の日の水あめの瓶・・・許すまじ、不法侵入の暴虐!!

末尾ルコ「自然との対話で、知性と感性を鍛えるレッスン

知らない人間が他人の家に勝手に入るこむのは犯罪である。
人間でなくとも、知らない猫や犬が家の中に入っていたら、大騒ぎである。
ましてマンボウやカンガルーが家の中に入ってきたら、驚天動地の大パニックになること必定ではないか。
かように、「不法侵入」という犯罪行為がわたしたち生活者の安寧を破壊するという点について異論のある方は滅多におるまい。
しかし現実には日々何のためらいもなく人様の家屋の中に闖入し、居座り、あまつさえ日常活動を脅かしている奴らがいるではないか。
そう。

虫だ。

蚊、蠅、よく分からない小さな羽虫、ゴキブリ、時に蛾とか、そして蟻・・・。
以前英会話教室で、仏教思想の影響を受けたオーストラリア人が、

「蚊も自分の子どもも同じ命だ。どちらも〈生きたい〉と切なる望みを持っている。さあ、蚊と自分の子どもの命とどちらが大切?」

という問いかけをしたが、同席していた中年婦人は即座に、

「そりゃ、子どもよ」と

真っ当な答えを返していた。

せめて家の外で遭遇するのはまだいいが、わたしとてこいつらが不法侵入をしてきた場合に容赦するつもりはない。
と言うか、今年、家の中で小蟻をしょっちゅう見かけるんですけど!
この前も脹脛(ふくらはぎ)の辺りが何となく変だなあと思ってみたら、3匹の小蟻が這っていた。
許し難い!
しかも蟻という連中、食品にたかって、時に台無しにしてくれる。
ま、わたしの管理が悪いというのもありますが。
忘れもしない、わたしが頑是ない幼年時代、ある夏の日、取って置きの瓶入り水あめをスプーンで掬ってぺろぺろなめようとしたその時、瓶の中は小蟻の野郎どもが黒々とのたうちまわっていた。
臥薪嘗胆、丘みどり!
あの屈辱を、おれは忘れてないぜ!!
小蟻どもよ、驕れる平家へ久しからずだぜ!!!

nice!(30)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●マイメロだ!ポムポムプリンだ!あるいはキティか?サンリオ キャラクターを題材に、知的かつ審美的な会話は可能か?2017年7月19日 [「言葉」による革命]

※2017年9月5日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「言葉の戦士」訓練&「真の恋愛講座」~マイメロだ!ポムポムプリンだ!あるいはキティか?サンリオ キャラクターを題材に、知的かつ審美的な会話は可能か?

はい。

マイメロだ!ポムポムプリンだ!あるいはキティか?サンリオ キャラクターを題材に、知的かつ審美的な会話は可能か?

結論から言えば、可能です。
と言いますか、「言葉の戦士」へと踏み出したあなたであれば、そのような題材でも、「知的かつ審美的会話」へと導かねばなりません。

サンリオに限らず、漫画的キャラクターやゆるキャラなどの氾濫には批判的なわたしですが、悪いと見做しているのは「無批判な氾濫と追従」であって、漫画的キャラクターやゆるキャラそのものがいけないと言っているわけではありません。
(大人の女性でサンリオのキャラクターを好きでい続けるってどうなんだ???)という深い疑念はありましたが、現実にいろんな女性と接していると、実に素敵な大人の女性で、サンリオのキャラクターと絶妙のスタンスで付き合っている人もいるんですね。
まあ、(困ったなあ)という人もかなりいますけど。
それと、子どもさんなんかと話をする機会がある時に、当然ながら、サンリオのキャラクターや漫画、アニメは有効な題材になります。

(続きは有料メルマガでお願いします)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、▲「新たなる教育機関」です。

[ダイヤ]末尾ルコのこのブログ、そして有料メルマガは、より多くの方が「新たなる日本人」として人生を思う存分生き抜いていただくための、「末尾ルコだけに可能」な

▲「新たなる教育機関」です。

毎日当ブログを訪問し、お読みくださるだけで、「新たなる日本人」としての資質が身に付いていきます。

▲感覚・感性・知性・理性を中心に、そして非認知能力(スキル)」をも鍛錬します。

有料メルマガを購読いただければ、さらに深く、より強力に「新たなる日本人」として、あなたは日々成長していくことができます。

注1 「読む」という行為にも様々な方法があり、どんな方法を使うかによって「成長」の度合いも違います。「方法」に関しては、当ブログ、そして有料メルマガで適宜お伝えしていきます。

注2 末尾ルコによる「新たなる教育機関」に年齢性別学歴職種などの制限はありません。「誰も」が「今すぐ」に「新たなる日本人」としての第一歩を歩み始めることができます。 

注3 当然ながら、「効果」には個人差があります。しかしより正確にお読みいただければ、間違いなくほとんどの方に「効果」が出てきます。

●〈「言葉」による革命〉・・・その基本的かつ画期的方法論。

〈「言葉」による革命〉の基本的方法論の優位性を記しておきます。

まず、
1どこにいても、その場所でいながらにして参加できる。
2どんなに忙しくても参加できる。
3老若男女、どなたでも参加できる。
4「趣味」「生きがい」として始めても、それが強固な社会貢献に結び付く。


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | 次の10件 「言葉」による革命 ブログトップ