So-net無料ブログ作成
「言葉」による革命 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

●学校教師はなぜ「恐縮」や「へりくだり」ができないのか? [「言葉」による革命]

●学校教師はなぜ「恐縮」や「へりくだり」ができないのか?

末尾ルコ「教育論で、知性と感性を鍛えるレッスン」

1月のある午後、「歌う会」的な集まりに参加していた母が帰って来たようなので、ガレージまで見に行くと、タクシーではなく参加メンバーに一人が車で送ってくれたようだ。
それはとても感謝なのだけれど、やや遠めに母に声をかけていたわたしに対してその母と同年配らしき婦人だが、わたしに向かって、
「こっちへ来なさいや」と。

(来なさい?)
これは命令形の日本語ではないか。
確かにその婦人はわたしよりもずっと人生の先輩ではあるけれど、わたしも「けっこうな大人」(笑)である。
面識のない婦人に「命令される」覚えはないのだが。

母は元小学校教員で、現在もリタイアした教員のグループに所属している。
母の現役時代は日教組が極めて強かった時期であり、父も母もほとんど自動的に組合員だった。
しかし特に母は、「日教組の思想や運動」についてまったく無頓着で、要するに、「ほとんどの教員が日教組入り」する時代だったから入っていただけである。
もちろん組合員の中には母にとって「よき友人」も少なからずいるようだけれど、だからと言って母が日教組の思想や活動に意識的だったことは一度もないし、今後もないだろう。

といった話もまたじっくり掘り下げていきたいが、ここで語りたいのは、

「教員」あるいは「元教員」たちの「態度」である。

なぜ「教員」あるいは「元教員」の人たちの多くは、

「へりくだった態度」が取れないのか?

「なぜ」と取り敢えず書いているけれど、その答えは明確ではある。
つまり、「教師だから、へりくだった態度が取れない」というわけだ。
教員になった時点で若くして「先生、先生」と、生徒だけでなく、自分よりずっと年上の保護者にまで言われる。
何かを売る必要も、販路を拡大する必要もない・・・しかしだからと言って、「へりくだれない」わけはないし、人間同士のコミュニケーション上、へりくだって当然の状況も多くあるはずなのだけれど、わたしの知っている範囲では、「へりくだる教師」はなかなか目にしないのである。
例えば自宅の固定電話に母の元同僚などから電話がかかることがあるが、普通突然の電話であれば、かける方は、「お休みのお時間に、突然のお電話失礼いたします」などと恐縮する言葉を入れるのが普通ではないか。
面識ある母が電話に出たのであればまだしも、わたしは母の同僚と普通は面識がないのである。
いつも(ちったあ、恐縮しろ!)と、特に忙しい時に電話に出た場合は不快なのである。

「教師は学問さえ教えていればいい」という意見もあるが、わたしはそうは思わない。
などということも、テーマとして今後も深めていこう。

タグ:アート
nice!(23)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「一体」篇。2018年2月23日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「一体」篇。

「一体」

海へ潜り、
海と一体になる
となれば
ぼくは

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです。)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●末尾ルコ偏愛、お薦め「恋愛映画」トップ5。~そもそも「恋愛映画」とは? [「言葉」による革命]

●末尾ルコ偏愛、お薦め「恋愛映画」トップ5。~そもそも「恋愛映画」とは?

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

ほとんどの映画の中に「恋愛の要素」は入っている。
だから作品のどこにフォーカスを当てるかによって、「アクション映画」とカテゴライズされている映画でも、「恋愛映画」と見做すことは可能だ。
「自分」がその映画の中で描かれている「恋愛」に心を動かされたのなら、それは「恋愛映画」である。

まずわたしは次の映画を挙げよう。

『アデルの恋の物語』(フランソワ・トリュフォー監督)

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「ロベール・ブレッソンの歴史的傑作『スリ』はつまらないのか?」。2018年2月22日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「ロベール・ブレッソンの歴史的傑作『スリ』はつまらないのか?」

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

ロベール・ブレッソン監督の『スリ』や『抵抗』は映画史上の傑作と見做されているが、たとえば『スリ』は70分台の短い映画だけれど、最近観返したがそれほどおもしろくない。
80分足らずの時間がけっこう長く感じられるのである。
その理由はいろいろあると思うけれど、一つは間違いなく俳優の演技だ。
しかし「俳優」といってもロベール・ブレッソンの映画は多く「素人」を起用しており、それは監督の確固たる創作方針に基づくもので、素人起用で成功している映画も多い。
が、『スリ』の場合は、公開当時はその内容の尖鋭さが衝撃を呼んだのだろうが、「現在の目」で鑑賞すれば、ほとんど台詞棒読み、無表情の主人公を延々見続けるのはかなり退屈だ。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「ストライザンド」 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

素晴らしきご滞在だったようで、なによりでございます。お写真も、お二人の美しいドレスと背後のオブジェがとてもいいバランスになっております。タイ(旧シャム)と言えば、『王様と私』ですよね。きっとこのミュージカルの中の曲もお歌いになれるのでは想像します。お話やや逸れますが、バーブラ・ストライザンドの『Evergreen』をお聴きになったことはありますでしょうか。わたしの大好きな素晴らしい歌で、その美しい曲想は既に歴史的スタンダードになっていると思います。いつかお二人がお歌いになるのを聴きたいな、なんて思いまして。日本はまだ寒いですね。お風邪など召されませんように。RUKO

・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』発売です!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●ザ・デストロイヤーの流血、アントニオ猪木の流血、そして色彩論へと。 [「言葉」による革命]

●ザ・デストロイヤーの流血、アントニオ猪木の流血、そして色彩論へと。

末尾ルコ「プロレスの話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

ザ・デストロイヤーに関しては、日本テレビのスペシャル番組で特集が組まれていたことを覚えている。
1時間半か2時間枠の番組で、その中で和田アキ子が、「プロレス中継のデストロイヤーを観ていると、こんな凄い人を番組でどついたりしているんだと思う」的な談話を述べていた。
わたしが『全日本プロレス中継』を観始めたのと、このザ・デストロイヤー特集番組を観たのと、どちらが先だったかは覚えてない。

ふと考える。
現在わたしが小学生だったとして、プロレスファンになるだろうか?
そもそも現在であれば、「小学生」がまず「プロレスを知る」ルートにはどのようなものがあるのか?
よしんば「プロレスの存在」を知ったとして、わたしが「原則流血禁止」の新日本プロレスの試合に夢中になるだろうか?
なぜならばプロレステレビ観戦初期段階のわたしを夢中にした最も重大な要素は間違いなく、「流血試合」だったから。

初めて流血試合を観た感覚というのは、「あってはならないこと・見てはならない事態」を見てしまった背徳感を伴った快感だった。
(こんな世界があるのか)・・・しかし背徳も何も、それは夜8時というメインの時間帯に堂々と放送されていたのだが。

そしてそもそもザ・デストロイヤーが「白覆面」だったことに大きな意味があった。
「白」以外のマスクでどうして「流血」が映えるだろう。
「濃い色のマスク」を着用したレスラーが流血したところで、まったく映えない。
ミル・マスカラスやマスクド・スーパースター、ストロング・マシン、獣神サンダーライガーなど、「流血するだけ無駄」である。
その意味では「流血」は、黒人に生じても大きな効果を生まない。
これはもちろん「差別発言」ではなく、一種の「色彩論」である。
「黒に赤は合わせられない」どころか「黒の上の赤は見えない場合もある」・・・だから別に黒人でなくとも、日に焼けた白人や黄色人種であっても、「流血」は効果を発揮しないとなる。

「流血」に関しての一般論だが、当然ながら健康上はかなりリスクを伴うプロレススタイルであり、あらゆることがまだ曖昧模糊として霧に包まれていた昭和プロレスならではの方法論だったのかもしれない。


日本人レスラーで「流血が最も似合う」となれば、やはりアントニオ猪木に軍配を上げたい。
全盛期のアントニオ猪木。
ウエーブのかかった黒髪と、彫りが深いわけではないがはっきりした顔だち、そして比較的白く滑らかな肌質・・・そんな猪木の額が割れ、鮮血が滴る時、他では見ることのできない凄愴美が出現した。

nice!(20)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「海の中」篇。2018年2月22日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「海の中」篇。

「海の中」

それは
海の中へと
戻る
それは
海の中へと
戻っている

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです。)

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・「話題」論~なぜ「花を贈る」よりまず「花の話題」なのか?2018年2月21日 [「言葉」による革命]

※2018年2月26日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●「話題」論~なぜ「花を贈る」よりまず「花の話題」なのか?

はい。

なぜ「花を贈る」よりまず「花の話題」なのか?

と言いますか、あなたは誰かに花束、あるいは花を贈ったことがありますか?
わたしはもちろんありますし、そのようなことはわたしにとって、日常的な感覚です。
だからと言って、そうそうしょっちゅう誰かに花束を贈っているわけではありません。
そもそも花束、価格が高いですよね(笑)。
「自分が気に入った鼻を贈りたい」となれば、ますます価格はつり上がっていきます。
そして誰が相手であろうが、花束を贈る場合には、

「誰に、どんなタイミングで」

という点をよくよく検討する必要があります。
もちろん、「母の日」にお母様に花束を贈ると言った場合には、特に難しく考える必要はありません。
しかしその他の場合、特に「気になる異性」などの場合は、

「自分とその人の距離感はどうなのか」を

できるだけ正確に把握している必要があります。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

nice!(9) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「本当に恋愛や男女関係に興味があるのなら、『近キョリ恋愛』だけでなく、『レボリューショナリー・ロード』を鑑賞すべきである」。2018年2月21日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「本当に恋愛や男女関係に興味があるのなら、『近キョリ恋愛』だけでなく、『レボリューショナリー・ロード』を鑑賞すべきである」。

末尾ルコ「映画と恋愛講座で知性と感性を鍛えるレッスン」

『近キョリ恋愛』とか観ていたら、(こんなのを「素敵」と真に受ける人ってどうなんだろう)と感じてしまうがいかがなものか?
ま、わたし、小松菜奈チェックということで鑑賞してみたのですけどね。
まあ少女漫画原作で、その原作をわたしは読んでないけれど、そしてもちろんクオリティの高い漫画、少女漫画が無数に存在していることも知っているけれど、多くの「人気」少女漫画は「漫画だからOK」というストーリーや描写が中心であって、軽々に実写化すべきでないことは誰もが分かっているだろうけれど、「多くの原作ファン」を市場にできるということで少女漫画原作がやたらと多い現在の日本映画界なわけなのですね。
わたしは出鱈目な設定、出鱈目な人物描写が際立つトンデモ映画も好きなのだけれど(おもしろければ、ですが)、それらは社会の中心に「真っ当な映画」が存在しているからこそ楽しめるのであって、現在のようにヒットする映画が「トンデモ」中心では困った状況であるとしか言いようがないのである。

というわけで、「恋愛」や「男女の心理」に興味ある方は、と言うか、誰もが興味を持つべきだと思うのだけれど、
サム・メンデス監督、レオナルド・ディ・カプリオ、ケイト・ウィンスレット主演の、

『レボリューショナリー・ロード』

をぜひ鑑賞していただきたいわけですわ。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「国」 [「言葉」による革命]

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

クイズ、当たりましたね(笑)。
山田姉妹のお二人、どこにいらしても、
「歌と美と愛の調和(harmony)国」なのだから間違いありません(笑)。
ともあれ、素敵なコンサート、素敵なご滞在でありますように!RUKO


・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』発売です!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | 次の10件 「言葉」による革命 ブログトップ