So-net無料ブログ作成

●驚くべき美声、田川寿美の「浜辺の歌」、そして耽美的なまでの、若き日の由紀さおり。 [「言葉」による革命]

●驚くべき美声、田川寿美の「浜辺の歌」、そして耽美的なまでの、若き日の由紀さおり。

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

山田姉妹も大活躍の『由紀さおりの素敵な音楽館』2時間スペシャルに田川寿美も出演していたのだが、この

田川寿美、美声である。

博多人形を思わせる可愛らしい顔だちと小柄な体、そして持ち歌の中でも軽快な曲想の場合はフレキシブルでかつデリケートな所作を交えながら小唄調で歌う。
ところがいざシリアスな曲想を歌唱するとなると、(一体どこからこんな豊かな美声が生まれるんだ?)と驚くような声を聴かせてくれる。
件の『由紀さおりの素敵な音楽館』2時間スペシャルでは、日本の叙情歌として、「浜辺の歌」を独唱してくれたのだが、これがまた絶品なのである。
「浜辺の歌」の中にそもそも含まれる、美しいメロディと歌詞が田川寿美の絡み付いてくるような粘りと品格と厚みのある美声により、そのポテンシャルを限界以上に発揮させられていく。
そして歌う姿もまた見事だ。
楽しい歌は楽しく可愛らしく歌える田川寿美だが、「浜辺の歌」のごとき伝統を持つ美しい曲に対しては、直立不動の姿勢で口の開き方も正面切っての正統派。
何よりも歌う姿に悲愴美さえ醸し出ているのが素晴らしく観応えがある。
歌手は「歌」が第一。
しかし「ステージで観客に観ていただく存在」である以上、「ステージングの魅力」も大きな要素になるのは当然である。

ところで『由紀さおりの素敵な音楽館』で素晴らしい番組を提供してくれてますます有り難い由紀さおりだが、現在の彼女はとても包容力のある雰囲気の、誰もが(この人とお話したい)と思ってしまう素敵なご婦人という感なのだが、若い頃の姿を見ると、これまた独特の美を醸し出していることに驚かされる。
若い時代の由紀さおり・・・もちろん現在よりもかなり細く、頬のラインもシャープである。
そして持ち前のやや細い目の面立ちを生かした化粧法や、その品格ある歌いぶり・・・あたかも平安時代の貴婦人が現代に蘇り、わたしたちの眼前で歌っているかの如きではないか。
若き日の由紀さおり・・・日本的耽美の世界の体現者でもありさえしていたわけだ。


nice!(23)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ詩D「猫、元日」篇。2017年11月21日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ詩D「猫、元日」篇。

「猫、元日」

2017年の元日は
朝日も輝かで
雑煮ととろろ昆布が
昨夜の胃の疲れを慰撫した

・・・・・・

2007年元日も、
ぼくの素敵なネコ!!

(毎日、「末尾ルコ詩D」を書いてみましょう!わたしの創ったものを写すのではなく、ご自分で創ってみるのです)

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

[ダイヤ]「言葉」による革命・「美」による革命[ダイヤ]  「末尾ルコ 革命広場」/「末尾ルコ 会話芸術」高知(土佐)薊野より全国、世界へ ●「カッコいい」図書館職員はどのくらいいるでしょうか?2017年11月20日 [「言葉」による革命]

※2017年11月21日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋。

●〈「言葉」による革命〉・・・「言葉の戦士」訓練&「真の恋愛講座」~「カッコいい」図書館職員はどのくらいいるでしょうか?

あなたの周りに、「カッコいい人」はどのくらいいますか?

そもそも、あなたは「カッコいい人」ですか?

では、「カッコいい」とはどういうことで、「カッコいい人」とはどんな人でしょうか?

そして、はい。

日本全国、「カッコいい」図書館職員はどのくらいいるでしょうか?

今回は、「カッコいい」について、どんどん探求していきましょう。

(続きは、有料メルマガでお願いします)

nice!(9) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年11月20日 [愛の景色]

あなたをどれだけ想っているか、
 あなたにどれだけ感じてもらえるか

nice!(4) 
共通テーマ:アート

●アニエス・ヴァルダ、アカデミー名誉賞を受賞!その作品はどんなだったか?その1 [「言葉」による革命]

●アニエス・ヴァルダ、アカデミー名誉賞を受賞!その作品はどんなだったか?その1

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

フランスの映画監督アニエス・ヴァルダがアカデミー名誉賞を受賞した。
89歳である。

アンジェリーナ・ジョリーはアニエス・ヴァルダについて、

「わたしたち全てにとって、インスピレーションの一つの源泉です」と語っている。

近年のアンジェリーナ・ジョリーの動きをどう評価するかはさて置いて、アニエス・ヴァルダに対するこの言葉はとてもとても素晴らしい。

nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:アート