So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

●わたしの2019年1月中盤までの身体コンディション(腰痛、風邪など)を語ることもいささかの普遍性があるに違いない~麗しき映画『婚約者の友人』についてもひとこと。 [「言葉」による革命]

●わたしの2019年1月中盤までの身体コンディション(腰痛、風邪など)を語ることもいささかの普遍性があるに違いない~映画『婚約者の友人』についてもひとこと。

末尾ルコ「医療健康と映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

2019年1月中盤までのわたしの身体コンディションについて触れておくのも無駄なことではあるまい。
まずチョキに渡ってわたしを苦しませてくれている腰痛を軽減させるために次の動画のエクササイズを取り入れ、比較的早い段階で改善の兆しが見えてきたことは既に書いた。

骨盤矯正エクササイズ
https://www.youtube.com/watch?v=4dfEe1NB_fs

ただ万全にはまだ程遠かったので、次のサイトの方法も取り入れた。

https://mediaid.sigmax.co.jp/distress/waist/recommend/2-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81/

シンプルなエクササイズだけれど、これを初めて数日、さらに改善の兆しが見えてきた。
実はこのエクササイズ、わたしは以前から知っていたけれど、真面目に継続的に取り組んだことなかったのですな。
やはりこういうことはまず、「基本的なことをしっかり継続する」のが大切ですね。
ちなみに、前記サイトはリンクしているページのエクササイズのみを(今のところ)試しております。

で、世の中インフルエンザ大流行の様相を呈しておりますが、わたしは今のところと言いますか、記憶している限り、少なくともここ20年来はかかっておりません。
特に予防接種もしてないし、特段の予防法を試みているわけでもないので、「たまたま」かもしれないし、あるいは対インフルエンザということではなく、わたしの生活全般がインフルエンザに罹り難いようになっているのかもしれないが、当然ながらこのまま「Noインフルエンザ」を続けたいものである。

ただ1月になってからも、(まずい!風邪か?)と際どい状況は何度となくあった。
風邪はひきはじめが本当に大事で、その兆候はわたしの場合、「体のだるさ」「軽い寒気」「熱っぽさ」などである。
そんな自覚症状を感じたら真っ先に保温を試みる。
場合によっては市販の風邪薬を飲むようにしているが、今年は既に3回飲んだ。
それが効いているかどうかは誰にも分からないけれど、今のところこの1月は大風邪には至ってないのです。
でも油断は禁物なんだなあ。

あと、美しいお話ではないけれど、たまに「下す」のである。
まあこれは子どもの頃からの体質のようなものだけれど、胃腸は強くないですな。
そして数年に一回くらいの稀なペースだけれど、「下し」に「吐き気」が伴うことがあり、この1月は数年ぶりのそれがあった。
数年に一回くらいで、なっても30分程度で回復はするけれど、真っ最中の時間は当然ながら極度にしんどいのである。
「胃腸をより壮健にする」というのも、今年の課題の一つと考えている。

・・・

フランソワ・オゾンの『婚約者の友人』がとてもとてもよかったのです。
モノクロとカラーを織り交ぜた映像は一瞬たりとも揺るがせなシーンはなく、常に映画が映画である醍醐味を味わい続けられる。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「お餅つき」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「お餅つき」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

(1月6日、山田姉妹はお餅つきしておられる動画を公開しておりました)

お餅つきをされてますね~(笑)。まさにわたし、ミューズのお二人の新たな魅力に今感電ビリビリすう!そして今まさに、つかれているお餅が羨ましい!!2019年1月6日の今ほどわたし、つかれるお餅になりたいと思った瞬間はありません!世界の餅米さんたちよ、山田姉妹様の元へ集おう!RUKO



・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年1月17日 [愛の景色]

あなたは言った。
「(わたしの名)が来てくれたら、元気が出るのにな、と話してた」と。
それだけでなく、


nice!(7) 
共通テーマ:アート

●菅田将暉のファンである20代カフェスタッフは、どうして『ディストラクション・ベイビーズ』や『あゝ、荒野』を観ないのか~「バランスの取れた映画鑑賞方法」の薦め。 [「言葉」による革命]

●菅田将暉のファンである20代カフェスタッフは、どうして『ディストラクション・ベイビーズ』や『あゝ、荒野』を観ないのか~「バランスの取れた映画鑑賞方法」の薦め。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

菅田将暉が当代トップの20代男優だということに異論のある人は・・・いるかもしれないけれど、客観的に見れば、「トップクラスの一人」ではなく、「トップ」と言い切っても違和感を持つ人は少ないのではないか。
それだけ菅田将暉の活躍はここ10年ほどの若手男優の中では突出している。
もちろんすべてが素晴らしい作品というわけではないが、既に約30本の映画へ出演しており、その多くは主演であるし、ハードなバイオレンスシーンやベッドシーンも渾身の演技で取り組んでいる。
広いファン層からアイドル的な人気もありながら、ここまでやる若手俳優など他にはそうそう見当たらない。

菅田将暉出演映画の中でわたしが気に入っているのは次の5本。

『共喰い』
『ディストラクション・ベイビーズ』
『二重生活』
『セトウツミ』
『あゝ、荒野』

『あゝ、荒野』なのだけれど、これちょっと惜しかった。
大傑作になる可能性はあったけれど、過剰な部分が少なくなかった。
芸術やエンターテインメント表現の中の過剰は時に強力な創作に繋がることもあるけれど、『あゝ、荒野』の場合は逆の目が出ていた。
それでも観応えは十分の作品だが。

ところで行きつけのカフェの若い女性スタッフの一人。
20代だと思うけれど、菅田将暉のファンである。
とは言え別の日には、「吉沢亮になりました。あの顔が一番好きなんです」とか、また別の日には、「あ、菅田将暉、好きですよ」
とまあこんな調子ではあるけれど、菅田将暉のファンであることに間違いはない。
が、例えばわたしが次のような質問をする。

「『ディストラクション・ベイビーズ』、観た?」
あるいは、
「『あゝ、荒野』、観た?」

するとこのスタッフ声を細めて、「いや、観てないス・・・」
で、わたしが、

「どうして観ないの?ファンなんでしょ!」と軽く追及すると、
「生々しいのはあんまり・・・」

と述べるのである。

要するにこの女性、好きな俳優の作品でも、

「生々しい内容、リアリスティック内容、暴力的な内容」のものは端から「鑑賞対象外」にしているわけだ。

う~ん、こういう人、けっこう多いのでは。
でもこの女性は「生々しい内容、リアリスティック内容、暴力的な内容」以外で、お気に入りの俳優が出演している映画はまめに映画館へ足を運んでいるので、平均的に本陣よりも遥かに映画好きと言えるわけだが。
しかしお気に入りの俳優が心血を注ぎ、時に命懸けで挑んでいる役を「端から除外」では俳優もやってられない。
もちろんその女性の気持ちが分からないわけでもない。
わたしとて毎日シビアでリアリスティックな映画やドラマを観たいとは思わない。
時にと言うか、しょっちゅう激烈アホ映画とか、エログロナンセンスとか、ゆるふわ愛され映画とかを観たくなることもある。
しかし・・・シビアでリアリスティックな映画無くては、鑑賞も熱が入らない。
件のカフェスタッフの女性のことだけでなく、このあたりの「バランスの取れた鑑賞」をぜひ多くの方に試みてほしいのだが。

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~シモーヌ・ヴェイユのことを知り、「信を置く」と「信じ切る」の違いを知りましょう。 [「言葉」による革命]

※2019年1月18日配信予定 末尾ルコ メルマガ(有料)より抜粋

●〈「言葉」による革命〉・・・・「戦いの最前線」は、「家庭」・「カフェ」、そして「あなた」~シモーヌ・ヴェイユのことを知り、「信を置く」と「信じ切る」の違いを知りましょう。

わたしの大好きなと言いますか、尊敬する思想家の一人にフランスのシモーヌ・ヴェイユがおりますが、同じ名前の政治家もおりますけれど、「思想家」のシモーヌ・ヴェイユの方です。
シモーヌ・ヴェイユについて簡単に説明することはできませんが、1909年生まれで1943年に死去しています。
深い思索と行動を合致させようと血の滲むような努力をし続ける人生だったのですが、生まれつき虚弱な彼女の身体は長い人生を与えてくれませんでした。
しかしそのあまりに純粋で美しい思索と言葉は、いつ読んでも心を救ってくれます。

なぜ今回シモーヌ・ヴェイユのお話から始めたのかと言いますと、「信を置く」と「信じ切る」の違いをより深く知っていただきたいためです。

(続きは、有料メルマガでお願いします)



・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -