So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記61日目、手術後母が「語る言葉」の内容を少し振り返る~『アニソン・アカデミー』で、ささきいさおを誉めまくる中川翔子の「言葉」とは。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記61日目、手術後母が「語る言葉」の内容を少し振り返る~『アニソン・アカデミー』で、ささきいさおを誉めまくる中川翔子の「言葉」とは。

末尾ルコ「母の話、言葉の話題」

5月19日(日)手術後61日目
転院26日目

前日の母は比較的穏やかに過ごしたけれど、例えば夕方の面会でふと、「どうやって帰ろうかと思いよった。タクシーを呼ぼうか、バスにしようか、どうしょうか考えよった」などと現状ではあり得ないことを言う。
まあこのような現実の中に想念が入り込んでくるようなことは徐々に無くなっているとは思うが。
今まであまり詳しくは書いてないけれど、手術直後意識を取り戻し、話ができるようになってからしばらくは、夢と現実が何の違和感もなく交じり合った内容の話が主だった。
例えばとうに亡くなっている母の両親が生きているかのような話を普通にしていたが、そうした内容は現在ではまったく無くなっている。
最近でも出てしまうのが、「すぐに息子と一緒に替えることができる」という想念であり、それは恐らく母の強い願望が時に出てきてしまうのだろう。
しかし圧迫骨折が判明した時にその治療法を調べたのだが、「コルセット着用によるベッドでの生活が長期間に渡る場合、特に高齢者は認知症が進む懸念がある」という意味の情報もあり、わたしも懸念していたのだが、今のところまったくその心配はなさそうだ。
母の認知機能は手術直後に大きく落ちてしまった時期が現在までの最低ラインだとすれば、
そこからは日増しにレベルを上げてきている。
もちろんわたしも常に母の精神や知性、感性を刺激するよう心掛けている。

・・・

わたしは特に午後の時間、カフェでFM放送を聴きながら仕事するのが定番なのだけれど、NHK FMの土曜日午後2時から毎週中川翔子の『アニソン・アカデミー』を放送していて、(毎週アニソンの番組をやらなくても・・・)といつも思っていた。
ところが5月18日のことであるが、同番組に佐々木功(「ささきいさお」と平仮名でかくのがせいしき?)がゲストで招かれていたのである。
『宇宙戦艦ヤマト』のささきいさおであるから『アニソン・アカデミー』に招かれて当然ではあるけれど、驚いたのは中川翔子の褒めっぷり、持ち上げっぷり。
もう本当に身も世もないといった風情で、「いさお様!」を連発。
「この温かさ、このダンディズム!」とか、いや、正確にこの通りの言葉だったかは覚えてないけれど、「涙で化粧が全部取れてしまいました!(←そのために化粧が濃いのか?・・・というのは冗談ですが)」とか、本人を目の前にしてここまで興奮気味で称賛しまくれるのもなかなかのものだなあ、と。

実はわたしは書き言葉だけでなく、日常会話の中でも(いいな!)と感じたことはすぐに相手に伝えます。
中川翔子のようにあからさまに興奮してということはないけれど。
そしてもちろん、「褒める」という行為は、「心から」でないと空疎な言葉になってしまう点も要注意だが、さすがいくつになってもアニソンの道を突き進む中川翔子だけに、明らかにささきいさお、「滅多にないほど高揚している」ことがヴィヴィッドに伝わってきたのである。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「声楽とスポーツ」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「声楽とスポーツ」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

(5月13日のメッセージです)

スポーツとのコラボは確かに珍しいですね。しかし麗様はアスリート的な身体能力をお持ちですし、華様の梅ジャムをお作りになるお手並みはあたかも新体操のようです(←わたしの想像の中では 笑)。そして声楽の鍛錬とスポーツの鍛錬には共通点もあるのではとも想像する次第です。RUKO




●「言葉を語れ 美のように 戦士のように」

・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2019年5月23日 [愛の景色]

緊迫した時間
緊迫した表情
その中で
あなたの肌の白さに
目を瞠った。

nice!(5) 
共通テーマ:アート

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記60日目~時の訪れる精神的揺らぎを徹底的にサポートしたい~初めて機能訓練室でリハビリ。~就寝中のふくらはぎの攣り「わたしの症状」に即効があった方法とは。 [「言葉」による革命]

●我が母、心臓バイパス手術後闘病記60日目~時の訪れる精神的揺らぎを徹底的にサポートしたい~初めて機能訓練室でリハビリ。~就寝中のふくらはぎの攣り「わたしの症状」に即効があった方法とは。

末尾ルコ「母の話、健康医療の話題」

5月18日(土)手術後60日目
転院25日目

前日の夜の面会時、母はまた情緒不安定の様相を呈していた。
なにせ病室へ入ると完全に外されたコルセットが転倒防止用のソファにきれいに置かれてある。
よくこんなにきれいに置けるものだと、関心するやら呆れるやらだったが、もちろんこれは現段階でやってはいけない行為だ。
看護師を呼んで少し話を聴けば、夜7時前後から柵センサーが何度となく鳴り、来てみると「寂しい」などと言いだして、3回くらいコルセットを外し、ベッドの外へ出ようとする意志もあったという。
さらに、その時のことではないがホール(的な場所)に集まっての食事の際に、自分はさっさと食べて済ませ、何と車椅子から降りて病室へ帰ろうとしたという。
この時点で母の歩行能力はやはり介助や歩行器などを必要としており、自力で立つこともまだ覚束ない。
もちろん日々体力も歩行能力も驚くほど回復してくれてはいるが、勝手に車椅子から降りて歩こうとする行為はまだ厳禁である。

しかし考えてみればこうした状況、つまり体力回復してきて、本人もいろいろ(できる)という意識を持ちつつある時期だからこそのリスクはあらかじめ予想できることではあった。
幸いにも母の回復が予想以上の進展を見せているからこその際どい状況であり、ここをいかに乗り越えるかによって、退院も見えてくるというものだろう。
「寂しい」とか「帰りたい」とかいう精神の波についても、入院生活が2か月を越えてきた時期でもあり、その精神的サポートはまさにわたしがやるしかないことで、ありとあらゆる方法を試みてみよう。

この日は初めて「機能訓練室」でリハビリをやっていた。
ご存知の方も多いだろうが、機能訓練室とはちょっとしたジムのような場所であり、身体トレーニングのための様々な器具が用意されている。
この日に母がやっていたのはこれまでやってきた2本のバーや歩行器を使った歩行訓練と同様のものだったが、「普段と違う場所」へ来られるだけでも気分転換になるだろう。
ただリハビリ後、「今日は帰れるがかね」とか言い出し、また説明にある程度の時間を要したが。

・・・

わたしの身体コンディションの話だが、就寝中にふくらはぎや向う脛が攣ってかなりの痛みで睡眠を妨げられるという件については何度か書いている。
このところまたしょっちゅう攣るようになって困っていたけれど、「ある方法」を試したら、少なくともそれからはまだ攣っていない。
ただこれは、「わたしの症状に効いた」というだけのことで、多くの人に適用できるかは分からない点はご了承願いたいが、その方法とは、

「仰向けで眠る時、シーツを丸めたものを腰の上部に当たるように敷く」というものだ。

今後もこの方法で攣らないで済むかどうかはもちろん分からないが、今までのところ功を奏している。

nice!(28)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「敬礼」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「敬礼」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を磨くレッスン」

(山田姉妹は5月10日、伊勢佐木警察署で一日署長をお務めになりました)

制服姿がとても素敵です。お二人のステージは華麗なドレス姿が基本ですが、このような制服姿でお歌いになる企画なんかもすごくおもしろいなと思いました。そして敬礼の凛々しいこと。本当の意味での「強さ」や「優しさ」をお持ちのお二人ならではの凛々しさです。周囲の空気も自然と凛と引き締まる感じですね。RUKO



●「言葉を語れ
美のように
戦士のように」


・・・・・・

山田姉妹『故郷 〜日本の愛唱歌Ⅰ』絶賛発売中!


山田姉妹『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

革命・芸術 末尾ルコ

▲原稿ご依頼受付中 つまらないライターばかりに書かせていては、あなたのメディアは結果的に社会を害していることになります。わたしにご依頼ください。一緒に社会をよき方向へ進めましょう。
▲〈「言葉」による革命〉に関する多様なレッスン、受付中。あなたも「言葉の戦士」として生き抜いてください。
直接レッスンは、現在は高知市のみ。
有料メルマガで格安にレッスン可能です。ぜひ、ご登録を!

少しでもご興味を持ってくだされば、気軽にご連絡ください。  末尾ルコ

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -