So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

●この夏、本当に「感動」したい方にお薦め映画~『チョコレート・ドーナツ』その1 [「言葉」による革命]

●この夏、本当に「感動」したい方におすすめ映画~『チョコレート・ドーナツ』その1

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

トラヴィス・ファイン監督の『チョコレート・ドーナツ』はゲイのカップルがダウン症の子どもを引き取って育てるというエピソードが軸となっている。
原題は、『Any Day Now』。
ゲイのカップルとはルディとポールであり、ダウン症の子供はマルコだ。
時代設定は、1979年。
米国でもゲイはまだ「普通」という基準の蔑視を浴びていた時代だ。
ルディをアラン・カミングが、ポールをギャレット・ディラハントが、マルコをアイザック・レイヴァが演じている。
レイヴァは自身が本当にダウン症を患っている。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年7月22日 [愛の景色]

それにしても冷めてしまった
我が心の
この文字通りの冷淡さは
いったい何なのだろう

nice!(2) 
共通テーマ:アート

●山田姉妹へのメッセージ「リコピンさん」 [「言葉」による革命]

●山田姉妹へのメッセージ「リコピンさん」

末尾ルコ「音楽の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

素敵なリコピンさんが画面の外まで「こんばんは」と言ってくれているようです♪わたしも毎日、野菜、フルーツを食べてます。このところキュウリが高いので(笑)、キウイ、バナナ、トマトが中心です。それではおまじないを。リコピンさん、リコピンさん、そしてキュウリさん、GO GO!酷暑をぶっとばして、ネ♪リコピンリコピンリコピンさん、あなたならできるGOGOGO!だってきゅうりとリコピンさんは、太古の時から相性バッチリ♪太鼓をたたいて、ドンドコ、リコピンさん!RUKO



・・・・・・

3月7日、山田姉妹ニューアルバム(セカンド)
『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』絶賛発売中!!!

山田姉妹の公式ブログ
https://ameblo.jp/karei1224/
山田姉妹の公式ツイッター
https://twitter.com/karei1224

山田姉妹『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』インタビュー
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2265

9月9日、山田姉妹高知公演、音楽を愛する方であれば、絶対です!

ポピュラーソングコンサート山田姉妹<よみがえる、青春のメロディー>

http://kkb-hall.jp/event/event_detail.cgi?event_id=271


高知公演だけでなく、山田姉妹のあらゆる公演、あらゆる活動を徹底的に応援します!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D5210002


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「言葉」に関するあらゆることは、下記へご打診ください。 sueoruko?mail.goo.ne.jp (?を半角のアットマークに変えてください)

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

●この夏、ゴールデンキウイをよく食べるわたしは常に、「希少な食材の価格と味」に疑問を持っている~疑問と言えば、炎天下の甲子園応援、酷暑の今年も普通にやるのか? [「言葉」による革命]

●この夏、ゴールデンキウイをよく食べるわたしは常に、「希少な食材の価格と味」に疑問を持っている~疑問と言えば、炎天下の甲子園応援、酷暑の今年も普通にやるのか?

末尾ルコ「社会観察で、知性と感性を鍛えるレッスン」

このところ夕食の食材としてよく利用する野菜がニラともやしである。
「どうしてそれらをよく使うの?」とおませな少女に尋ねられたとしよう。
わたしは即座に、「安いからさ!」と答えることができる。
しかし一旦落ち着きかけていた野菜の値がまた高値で安定してきた。
高知特産のニラもこのところ高い。
この前の豪雨、そしてその後ずっと続く酷暑の影響は必ず野菜、そして物価総体に影響してくる。

スーパーへ行って、安定してリーズナブルな価格で提供されているフルーツがバナナとキウイだ。
どちらも栄養豊富である。
ビタミン類、抗酸化物質も多く含まれているという。
テニス選手も試合中、ベンチに座っている時にバナナを食べることが多い。
バナナはかつて高級フルーツだったというのに需要供給の関係で、「庶民の味」と言うか、マスクメロンやマンゴーなどと比べてまるで「味まで劣る」ように捉えられる傾向があるけれど、わたしは特に食材に関してこうした一般的風潮には与しない。
要するに、「希少だから、高い」というのはどんな分野の価格も同じだけれど、「希少だから、高い=味もよい」ではないし、「豊富な供給量があるから、安い=味も大したことない」でもないのだ。
しかし、「そう」認識している人って、けっこう多いですよね。
この「問題」については常にわたし、半ば憤っているので、いずれじっくり追及するつもりです。

キウイなんだけれど、スーパーにはグリーンキウイとゴールデンキウイが普通置いてあって、20~30円ゴールデンの方が高いけれど、甘みはとても強く、夏場の朝食には相応しい。

夏場と言えば、「夏の甲子園」だが、高校野球選手たち、どうしてあんな暑そうなユニフォーム着て炎天下で試合できるのか、以前から不思議だ。
しかも今年は毎日のように「危険」という言葉が使われる猛暑であるのに、生徒を動員しての応援など、いつも通りやるのだろうか。
もとより炎天下の甲子園客席へ、「ただ応援するため」に動員されるなど、わたしの感覚では「まともじゃない」のだが、しかも連日「危険」レベルの暑さである。
さらに言えば、「夏休み中」である。
もちろん学校によって、「どれだけ強制か」は差があるのだろうけれど、それにしても、である。
幸いわたしが通っていた高校は甲子園とかほぼ関係なかったけれど、もし高校時代に「夏休みは甲子園へ応援へ行くぞ!」と強制されたら、わたしなら、即刻自主退学するだろう。
いや、せっかく入学したのに自主退学も何だから、「炎天下の強制応援」という理不尽に対して戦うだろう。


nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

極限の愛、日常の愛、その言葉 2017年7月21日 [愛の景色]

あの人への気持ちが
わたしの愚かさの総仕上げだったなら、
あなたへの想いは
わたしの人生の最高の美と
しなければならない

nice!(8) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -