So-net無料ブログ作成

〈「言葉」による革命〉・・・末尾ルコ「映画で強靭さと美を手に入れる講座」~綾瀬はるか「きょうは会社休みます。」と視聴率の関係は?2015年2月1日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「映画で強靭さと美を手に入れる講座」~綾瀬はるか「きょうは会社休みます。」と視聴率の関係は?

2014年秋ドラマでは綾瀬はるか主演の「きょうは会社休みます。」が視聴率的によいということですが、視聴率と言えばテレビドラマ界では米倉涼子が大方さらっていくというけれど、わたしは「米倉涼子主演」と付く作品にまったく興味が持てないもので、まったく観ておりません。
まあそれはさて置き、「高視聴率=いい番組」であるわけではまったくない。
よく視聴率が出てから、「高視聴率(低)の原因分析~」なんていう記事が出るけれど、だいたい「阿呆ライター」が書いていると考えて構いません。
あんなもの誰でも書ける。
日本の言語空間を薄汚くしている人たちは多いが、「阿呆ライター」もその一部をなしています。
「ホタルノヒカリ」「きょうは会社休みます。」の綾瀬はるかですが、両方のキャラクターとも「さえない」けれど結果的に主役・準主役の男たちが奪い合いをするという、少女漫画の伝統的パターンを踏襲したストーリーです。
と言っても、わたしはさほど少女漫画読書歴はないので、各種情報からの類推ですが。
このような役を嫌味なくできるのは、綾瀬はるかに質実剛健の雰囲気があるからでしょう。
沢尻エリカ、北川景子、堀北真希あたりがやってもそれらしくは見えない。
堀北真希はかつて「野ブタ。をプロデュース」で「さえない」役を演じたけれど、現在はもうそうした役は難しいですね。
それと綾瀬はるかに顕著なのは、もうずいぶん前から押しも押されもしないスター女優なのに「自然な普通感」が無くなることがない。
「わざとらしい普通感」ではなく、「自然な」であるところが重要。
「わざとらしい普通感」を醸し出そうとするタレントは多いですが、「自然な普通感」を持つスターは貴重なんです。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0