So-net無料ブログ作成

末尾ルコ傑作詩「ただフイフイダンスの日もある」篇。〈「言葉」による革命〉・・・多くの日本人は、ソクラテスの時代さえ。末尾ルコ「映画女優演技論」~「問題のあるレストラン」クレジットにおける二階堂ふみの扱いに苦言。 [吉高由里子]

[ハート]「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ傑作詩「ただフイフイダンスの日もある」篇。

いよっ!はあっ!ふいっく!
ふい!!
フイフイフイフイ
フイフイフイフイ
フイフイフイフイ
フイフイフイフイ
フイ~~~
フイっ!!

フイフイフイフイ
フイ~~~
フイっ!!

フイフイフイフイ
フイ~~~
フイっ!!

フイフイフイフイ
フイ~~~
フイっ!!

ただフイフイと
そんな日もいい
高知県で
高知市で
日本国の

●〈「言葉」による革命〉・・・多くの日本人は、ソクラテスの時代さえ。

あ、わたしよく「多くの日本人は」などと現代日本人批判的文章を書いておりますが、もちろん「反日」ではありません。
それどころか「日本のよき部分」は大好き!
同時にフランスを中心として外国文化も大好きなものが多くある、というわけです。
「日本のよき部分」が大好きだからこそ、現代日本の「悪い部分」もよく見えるということ。
「悪い部分」の一つが、「知らないことを知らない」人が多い事実なのですね。
はい。
ソクラテスが提唱したとされる「無知の知」という概念がありますね。
うん、わたしは強く言いたいんです。
「その分野の於いて、自分がどの程度の知識を持っているか知った上で意見を述べよ!」と。
シャルリーエブド襲撃事件の時も、「何も知らないのに」出鱈目な「意見」を書きまくる日本人が多かった。(日本だけではないのですが、わたしは「まず」日本を少しでもよき社会にしたいので、「日本」に言及しています)

●末尾ルコ「映画女優演技論」~「問題のあるレストラン」クレジットにおける二階堂ふみの扱いに苦言。

上原ひろみとチック・コリアの「Fool on the Hill」を切々と聞きながら。

真木よう子、二階堂ふみ共演のドラマ「問題のあるレストラン」ですが、第2話は案外おもしろかった。
危惧していた極端な坂元裕二(脚本家)節も出なかった。
ここで言う「坂元裕二節」とは、ワザとらしいまでの「です・ます体」の多用などを指しています。
坂元裕二のファンという人たちがいるとしたら、おそらくそんな「坂元裕二節」も心地よく聴いているのでしょうが、わたしはファンではないので、(あ、またか・・・)と辟易する方です。
もう一つ、「問題のあるレストラン」に関して内容とは異なる部分で苦言を呈したいのは、エンディングで二階堂ふみと高畑充希が並んでクレジットされていること。
二階堂ふみの方が先に載っているとはいえ、この2人を「並べる」とは「芸術文化に対する侮辱」と言っても差し支えないです。
二階堂ふみと高畑充希では女優としての実績、ポテンシャルに比較にならないほどの差がある。
今後高畑充希が変身する可能性がないとはいいませんが、二階堂ふみは既に「日本映画史上の女優」というポジションを築き上げつつあるというレベルですから。

上原ひろみとチック・コリアの「Fool on the Hill」を切々と聞きながら。

[スペード]マスメディアの操作」と「日本人の弱さ」によって膨張した人気者たちは、もちろん本物ではないし、「スター」でもありません。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0