So-net無料ブログ作成

末尾ルコ傑作詩「ピロスマニと四国山脈の関係」篇。『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その12。末尾ルコ「映画俳優演技論」~「まっしろ」堀北真希は、いったい何を考えているのか? [吉高由里子]

[ハート]「末尾ルコ 革命広場」/〈「言葉」による革命・「美」による革命〉[ハート]

★「言葉」で「あなた」はもっと強くなれる。
「あなた」が強くなることで、「日本」はもっと強くなる。
高知から日本の隅々まで、末尾ルコ〈「言葉」による革命〉で、あなた自身があなたの住んでいる場所で「革命戦士の一人」に!

[スペード]現在実験的にブログをつついています。
その一環としてブログテーマや順位は表示しておりません。

●末尾ルコ傑作詩「ピロスマニと四国山脈の関係」篇。

ピロスマニの歩いた後に
大きな山ができたという
その山が四つの足を持ち
少しずつ歩き始めて
海を渡りそれは、
四国山脈になったとか

しかしある午後
高知県は香美市の役場近く
スヴェトラーナ・ザハロワと
オレリー・デュポンは語り合う
「あの説はおかしいわ」
「そうよ、四国山脈は
ピロスマニが生まれる前から
そこにあった」

●『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その12。

『驚異のはちきん小説!「はちきん」と呼ばれる女』その12。

メロメロ。
そして、
ヘンなぼっちゃん。
この二人は何者か、いつはちきんと出会ったか・・・そうしたことを明かす段階では、まだない。
ただ、いずれはちきんの人生にとって重要な人物として大いに動き始めるはずだ。
それにしても「メロメロ」とは、そして「ヘンなぼっちゃん」とはどのゆな人物なのか?
ここではその外見について少々記しておこう。

メロメロ。
目は黒くやや太めの点のように見える。ピンク系の装いを好み、全体的にもこもこした感じ。そして多くの時間を長い耳の付いた被り物を着用して過ごす。
ここまで読んで、あなたの脳裏には何かの図が浮かばなかっただろうか?
そう。
あの「マイ・メロディ」だ!

●末尾ルコ「映画俳優演技論」~「まっしろ」堀北真希は、いったい何を考えているのか?

キザイア・ジョーンズの「シナーマン」でノる!

北川景子と堀北真希。
日本国内でのネームバリューや「芸能界」でのポジションはもうずいぶん以前から不動のものがありますが、どうも皮相的な作品への出演が多くて、いろんな意味で「時間の無駄だな」と最近特に感じます。
特に堀北真希は、ドラマ「まっしろ」でも(いいかな?)と思いきや、やっぱり「いつものテレビドラマの堀北真希である」という状態になってしまい、いい加減(堀北真希はずっとこのままなのか・・・)とも思うようになってきました。
それでも北川景子は、「本当に望む作品」になかなか巡り合えないながらも、もがきつつ進んでいる気配は十分うかがえる。
最近でも映画「ジャッジ!」やドラマ「独身貴族」などは悪くなかった。
堀北真希の場合、(よくいつもこれだけ同じような役をやるな)と、いささか呆れてしまいます。

キザイア・ジョーンズの「シナーマン」でノる!

[スペード]マスメディアの操作」と「日本人の弱さ」によって膨張した人気者たちは、もちろん本物ではないし、「スター」でもありません。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0