So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「現代日本映画女優概観 小松菜奈の真っ赤な口紅、あるいは有村架純の倒錯的真っ赤な口紅とは?」。2018年1月14日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「現代日本映画女優概観 小松菜奈の真っ赤な口紅、あるいは有村架純の倒錯的真っ赤な口紅とは?」。

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

有村架純に真っ赤な口紅。
なかなか画的におもしろい。
有村架純は普通「真っ赤な口紅」など塗らない。
まだアイドル的女優のイメージが強い。
小松菜奈は最初からアイドル女優のイメージなどないから、どんな破壊的な外見を作っても違和感がない。
有村架純は意外にも映画の世界で売れに売れている。
しかし有村架純が「素晴らしい映画」で「素晴らしい存在」として屹立したことは、まだない。
『ビリギャル』や『女子ーズ』の有村架純はよかったですよ。
特に『女子―ズ』、「おバカ映画」としては実に充実した内容です。
しかしこうした映画は、「想像していたよりずっとよかった」という悦びであり、「この映画の有村架純を観たい!」と期待して鑑賞し、期待に応える、あるいは期待以上の内容である、というものではないのです。

で、有村架純に「真っ赤な口紅」。
倒錯的な画となるのは間違いなく、アートでパンクな大人は、そんな映画を欲しているのです。

などと、デヴィッド・ボウイの「ブラック・スター」を聴きながら。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0