So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

〈「言葉」による革命〉・・・●末尾ルコ「新たなる日本映画のスタンダード、『ディストラクション・ベイビーズ』の小松菜奈、トランクの中に」。2018年2月10日 [「言葉」による革命]

●末尾ルコ「新たなる日本映画のスタンダード、『ディストラクション・ベイビーズ』の小松菜奈、トランクの中に」

末尾ルコ「映画で知性と感性を鍛えるレッスン」

『ディストラクション・ベイビーズ』は柳楽優弥と菅田将暉が理不尽なヴァイオレンスを炸裂させているのは言うまでもないが、今一つ大きな映画的「観もの」が「小松菜奈」である事実にもさらに注目していただきたい。
NHKドラマ『スリル』は、あの脚本、あの演出ではおもしろくなりようがないので初回の途中で観るのを止めたが、それは小松菜奈が「映画的」である真実をよりクリアにした点で功績がなかったわけではない。
『ディストラクション・ベイビーズ』の柳楽優弥と菅田将暉が見事であることは言うまでもなく、この映画が現代日本映画のスタンダードに加えられるべきであることも映画ファンだけでなく、日本人の多くの間で共通理解されるべきであるが、映った瞬間に画面を浚っていく小松菜奈が存在する現実を讃えるべきである。
例えば映画中車のトランクを開くと、生きているか死んでいるか分からない小松菜奈がそこにいる。
このシーンだけで、ついぞ日本映画に希薄になり過ぎていた甘美なエロスとタナトスが濃密に漂うのである。

●原稿依頼などは、気軽にサイドバーのアドレスへご連絡を!

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 6

コメント 1

TBM

「悪魔のような女」だけ、観ていないです...
by TBM (2018-02-10 21:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0