So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●映画『ぼくのおじさん』の、いささか筋張った真木よう子を観て、『獄門島』の坂口良子の魅惑がさらに引き立つ。 [「言葉」による革命]

●映画『ぼくのおじさん』の、いささか筋張った真木よう子を観て、『獄門島』の坂口良子の魅惑がさらに引き立つ。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

『ぼくのおじさん』という映画があって、監督は山下敦弘。
山下敦弘は現在の邦画界ではトップクラスの一人であって、生まれも1976年と若い。
『リンダ リンダ リンダ』『松ヶ根乱射事件』『天然コケッコー』『もらとりあむタマ子』などはなかなかに愉しんだ作品である。
しかし北杜夫原作の『ぼくのおじさん』は、ちっとばかし緩過ぎるかな。
松田龍平は以前は「アブない男」役ばかりだったけれど、このところ緩い人間を演じる機会が多い。
もちろん龍平が選んで演じるそれぞれの役だから、「緩い」とひと言で括れるわけもなく、しっかりと役作りをして取り組んでいることは分かっているが。
『ぼくのおじさん』の中で、大きな役ではないが、寺島しのぶと宮藤官九郎が出演していて、この二人はなかなかよかった。
わたし、俳優としての宮藤官九郎が好きなのです。
『ゲゲゲの女房』なんかも、一般的には朝ドラの向井理が念頭に上がるのだろうけれど、わたしのポイント・オブ・ヴューからすれば、「向井理なんて、水木しげるじゃないのに!」となるわけで、映画の宮藤官九郎の方が遥かに水木しげるだった。

『ぼくのおじさん』には戸田恵梨香も本当にちょい役で出ているのだが、キャリアの中でかなり微妙な状況になっている戸田恵梨香が、
(いずれ山下敦弘作品に主要な役で出してほしい)というアピールだろうか。

『ぼくのおじさん』の大きな問題はヒロイン格の真木よう子であって、松田龍平が一目惚れし、ハワイまで追いかけて行くというストーリーなのだけれど、2016年公開のこの作品の彼女はデコルテから顔まで、どうも筋張った外見になっており、(う~ん、一目惚れねえ・・・)と、そりゃあ登場人物の好みはいろいろだろうけれど、やや首を傾げてしまうのである。

真木よう子は『さよなら渓谷』で主演女優賞を独占し、キャリアの絶頂を迎えたが、それは2013年。
その後、ネット上のトラブルや激やせなどネガティブな話題ばかりになり、さあ、今後どうなるのだろう。

真木よう子の話題と関係ないようであるのだけれど、市川崑作品、映画『獄門島』の坂口良子がなかなかに魅惑的で、坂口良子と言えばテレビドラマでの健康的でポジティブなイメージがとても強く、しかし『獄門島』の中ではかなり怪し気な美貌と色香を発散しているのである。
テレビドラマの坂口良子の緩やかなファンでもあったわたしだけれど、プロポーションも素晴らしく、映画で例えば谷崎潤一郎作品などに挑戦していれば、とても素敵なキャリアンの一つになっていたかもしれない。

nice!(21)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 21

コメント 1

いっぷく

真木よう子ですか。うーん、あまり関心は……(笑)。妄想が出てこないですね。絶世の美女というわけでもないですし、今のポジションに居るためには並々ならぬ努力精進の日々なのでしょうが、愛おしくて仕方ない、という感情は湧いてこないですね。
戸田恵梨香もそうかな。SPECぐらいしか見たことないのでわかりませんが、関ジャニ∞の村上との熱愛報道が7年前にあったはずですから、まだ芸能界で頑張っているというのは、見込みはあるわけですね。

>坂口良子と言えばテレビドラマでの健康的でポジティブなイメージがとても強く、しかし『獄門島』の中ではかなり怪し気な美貌と色香を発散しているのである。

そうですね。怪し気な美貌と色香を発散するような役はなかなかお目にかかれなかったですね。
私がはじめて知ったのは、篠田三郎が主演のドラマ「若い!先生」です。このときはまさに健康的でポジティブなんだけれども、たった1歳上の水沢アキが恋人役のヒロインで、坂口良子は生徒役で水沢アキの引き立て役でした。
水沢アキは、石立鉄男の「気まぐれ本格派」で、置屋の娘の役でしたが、石立鉄男に片思いをして、縁側に座って、膝から下をぶらぶらさせていたときの足首に私はエロスを感じ、以来、水沢アキの人間性はともかく、体については認めてもいいとおもっていたのですが(←エラソー)まだこの頃は、それほど魅力を感じなかったので、坂口良子の方が明るい太陽のようで良いじゃないかとフンガイしたものです。
「前略おふくろ様」でも、怪し気な美貌と色香を発散とか、そういう役ではなかったですね。わがままで悪気を知らないお嬢さんという感じで。
西郷輝彦の「ジグザグブルース」も社長の娘役でしたが、婚約者が消えてしまい、それを西郷輝彦に探してもらうのですが、見つかって、さて結婚ということになったらまた消えて、結局最後は西郷輝彦とキスしていました。婚約者から西郷輝彦にいつ心変わりしたのか、だったらどうして婚約者探しをやめなかったのかなど不可解なストーリーで、案の定視聴率が悪くて打ち切りになりました。西郷輝彦の歌やオープニングなど、なんとなく好きだったので残念な展開でした。
「犬神家の一族」で出てきたときは、ゴムのズボンでゴムをいじりながらお給仕してましたが、自分がもしどこかの地方に長逗留したら、こういう人にお世話してもらうのがいいなと思わせましたね、ラストのお別れのシーンも、自分が金田一なら、そのまま連れて帰って一緒に暮らすかも、などという妄想までしました。「帰ってきた若大将」のときは、一応ヒロイン扱いでしたが、事実上はプロポーションでアグネス・ラムの引き立て役で、なんかちょっと損な役のような気がしました。
こうしてみると坂口良子、私も結構見てるかもしれませんね。
by いっぷく (2018-08-06 04:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。