So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●昭和後半の「日本3大美女(美人女優)」を選定!山本彩や柏木由紀とはとても違う。 [「言葉」による革命]

●昭和後半の「日本3大美女(美人女優)」を選定!山本彩や柏木由紀とはとても違う。

末尾ルコ「映画の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

「美女」が世の中に必要かどうか、あるいは「美女に生産性があるか否か」に関しては、ぜひ杉田水脈センセーにお尋ねしたいところだが、あの人、顔が不気味なのでもちろん関わりたくない。
いやもちろん、この場合の「顔が不気味」とは生まれ持った造作について語っているのではなく、杉田水脈センセーの人格から醸し出されている雰囲気に問題がある点、誤解なきように。

例えば現在、「日本で非常に人気の高い女性」として、山本彩や柏木由紀などを挙げられたら、わたしなら、(え、この人たちが?)と首を傾げざるを得ない。
例えば山本彩や柏木由紀などしか女性芸能人を知らない人が外国人に「日本を代表する美人女優は誰か」と問われたときに、「山本彩です!」とか「柏木由紀でしゅ!」とか答えるケースは考えられるだろう。
この答えを与えられた外国人は、
(ん?この人が日本を代表する美人なのか?)
と思い込み、しかも演技もできない歌も上手くない、ダンスができるわけでもないと来れば、日本人が女性芸能人に何を求めているか理解できず、ゲシュタルトが崩壊するかもしれない。
もちろん外国人と言っても、日本に来る前からアイドルグループに詳しい人もいるだろうし、そもそも外国人が「美人」と感じる日本女性と日本人が「美人」と感じる日本女性はかなりタイプが異なるものだ。
しかしそれはまた別の話であり、日本人はただただ「今はアイドルが最高!」などと志向停止するのではなく、「今、日本で最高の美女はは誰か」というテーマなども常に思考する習慣をつけたい。

というわけで、「日本映画黄金時代」を過ぎてから活躍した女優の中で、わたしは次の3人を「日本を代表する美人女優」として選んでみた。(あくまで彼女たちの「ピーク時」が基準であるが)

松坂慶子
大原麗子
夏目雅子である。

この3人、まさしくスケール感も十分の美女、そして「大輪の花」という言葉に相応しい女優たちだ。
もちろん「日本映画黄金時代」には多くの「大輪の花」がいたけれど、敢えて今回はそれより後の女優から選んだ。

この3人がいかに図抜けた「美人女優」であるか、他の女優、女性芸能人を並べてみれば、よく分かる。
山本彩や柏木由紀らは言わずもがなであるけれど、世の中に「かなりの女優」と一般的には見做されている松嶋菜々子や山口智子、現代活躍中の、二階堂ふみ、宮崎あおい、蒼井優などと比べても、「ぜんぜん違う」ことがよく分かるだろう。
なぜこのような人たちが今はいないのか、よく考えてみなければならない。
「美人女優や大輪の花なんか、古いよ!」などとのたまう、「目の前のことしか目に入らない」人は、あまりものを言わない方がいい。

nice!(24)  コメント(2) 

nice! 24

コメント 2

Ujiki.oO

So-netブログ在籍中はお世話になりました。
So-netプロバイダーの解約によって、7月末にSo-netブログは削除されました。
コメントを戴いたことを感謝して、
「 So-netブログ 転出 Movabletype 」の3ワードで Google検索しますと、わたしの fc2 や WP の記事がトップページに表示され、So-netプロバイダーをキャンセルする前に So-netブログを転出させる方法を解説しております。
色々とありがとうございました。
by Ujiki.oO (2018-08-08 00:09) 

いっぷく

「代表」というのはむずかしいですね。もともと私は、BIよりミスター林というように、志が低いというか、独自の価値観をもっているので、誰がトップかを追求するより、その他大勢について、めいめいキラリと光るものを探そうとする方が性に合っているので、順位付けは考えたこともありませんでした。もうしばらく考えます。
夏目雅子については、あまりに「ほしのもと」が辛いので、規定打席不足、もうちょっと作品を見たかった、ということにして触れないようにしようというところが正直私にはあります。感情移入しすぎることで、早逝者の評価に下駄を履かせてしまうところが私にはあるからです。これは松田優作の前夫人もたびたび指摘していますよね。松田優作自体は、私は面白いエピソードに満ちていて好感をもっているのですけど、私のようにリアル生き様と重ねたがる者にとっては、前夫人の指摘にも一理あるなと思うのです。私自身に余裕がないかもしれませんが、これからも余裕を持てるとも思えないので、夏目雅子論はこのまま棚上げになってしまうのかという心配もあります。
松坂慶子、そうですね。この人が一番かもしれません。この人も出自に少し苦労して、まあちょっと父親が往生際が悪かったですが、夏目雅子ほど不幸の塊というわけではなく、ほどよく(?)恵まれない「ほしのもと」でしたね。岡崎友紀の「なんたって18歳」のようなライトコメデイに出ていた頃から「美貌」を売り物にしており、美人女優の王道といってもいいかもしれません。
大原麗子は、弟の書物によると、それほど美人ではないのに、努力で美人に見えるようにしたというようなことが書かれています。整形でもしたのかなとおもいましたが、すでに業界から声がかからなくなった頃の彼女のすっぴん写真も本に公開されていて、まあ病気もあったでしょうが、普通のおばさんといってもいい感じでした。彼女は「少し愛して、長く愛して」のCMがすごく評価されているのですが、それこそ坂口良子のような、健康的でおきゃんなキャラクターで、たとえば「だいこんの花」では関根恵子の引き立て役をやっていたこともあり、、美人女優にのしあがったという評価はできるとおもいますが、松坂慶子のような王道ではなかったのかもしれません。その点で、わずかに松坂慶子>大原麗子かな、とおもいました。「男はつらいよ」における山田洋次監督の描き方は、松坂慶子には毒をもたせ、大原麗子は木綿でくるんで大事に扱ったような感じでしたけどね。

>大往生でよかった」などと語り合っているのを見て、「何でそんなことが分かりんだよ!もっともっと生きたかったかもしれないじゃないか!」と怒りを爆発させるところにはとても共感しました。

これは素晴らしいセリフですね。
死なないまでも、「不幸中の幸い」のようなことがあると、その「幸い」の部分について、おおもとの「不幸」を打ち消してしまうかのような逆立ちした過大評価をする「なぐさめ」があるのですが、言った人は善意のつもりでも、カチンとくることがありますね。
日本人はそれが優しさだとおもっているのか、どうもきれいごとでおさめたがりますね。悪く言わないようにすると。誹謗中傷されるのも困りますが、綺麗事でまとめようとするやつは、こちらの心の中の悲しみを見てくれない不誠実な奴だなと私はおもってしまいますね。
by いっぷく (2018-08-08 03:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。