So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●『サバイバル・ウェディング』で30歳の誕生日に「独りぼっちでいたくない」という女の描写について~ボクシング「山根会長劇場」の次は?~「高知代表は明徳義塾よりも高知商」という感情は? [「言葉」による革命]

●『サバイバル・ウェディング』で30歳の誕生日に「独りぼっちでいたくない」という女の描写について~ボクシング「山根会長劇場」の次は?~「高知代表は明徳義塾よりも高知商」という感情は?

末尾ルコ「人間&社会観察で、知性と感性を鍛えるレッスン」

まあ別にいいのだけれど、波瑠の『サバイバル・ウェディング』第4話。
主人公の波瑠が30歳の誕生日を迎えるのだが、「独りぼっちの誕生日」が辛くて迷走する・・・と、まあそのようなシーンがメインになっているのだけれど、独りぼっちの誕生日が辛いって、小学生くらいまでならまだしも、中学以降はそんなメンタリティダメだろう。
仮に『サバイバル・ウェディング』が結果的に「一人ぼっちでもいいんだよ」というメッセージを発するドラマだったにしても(第4話限りもう観ないので、わたしは知る由もないが)、30歳になる「独りぼっちの誕生日」が辛くて迷走するなどというシーンがあるだけで、気色悪くてもう観る気はしなくなる。

ところでわたしは、「ぼっち」という言葉が大嫌いである。

誕生日についてだが、少なくとも大人になってからは、「自分の誕生日」など祝ってほしくないし、バースデイパーティももっての外である。
ただ、人の誕生日に、例えば好意を持っている女性とか、好感を抱いている知人とかに贈り物をするのは好きだ。
そして何らかの形で人生の苦楽を共にしている人がこの世に生を授かったことを祝うためのちょっとしたパーティならば喜んで催すだろう。
しかしそのようなことは、「そのようなことに相応しい人間関係を築き上げている場合」が大前提だ。
ただひたすら、「自分の誕生日に誰も祝ってくれな~い、寂しい、辛い」という意識は、「人間関係構築」以前に、「独りでいたくない、誕生日は誰かに祝ってほしい」という形式に憧れている甘えが中心なのではないか。

日本ボクシング連盟の山根明会長が辞任したが、これで「山根劇場」もそろそろ終わりということで、メディアは次のネタを見つけるのに躍起になっているに違いない。
それにしてもボクシング関係者の間でしか知られてなかった山根会長なる人物を朝から晩まで放送しまくるとはご苦労なことで、山根明氏も一世一代の大舞台を存分に炎上、いやエンジョイした、かもしれない。

夏の甲子園、今年は高知県代表が高知商業である。
わたしは「甲子園での高校野球」自体、無くなってもいいと今では考えている人間なのでどうこう言うべきではないかもしれないが、正直なところ、高知代表としてあまりに明徳義塾は「出場が多過ぎた」。
出場が高知商業だと、高校野球に興味を失っているわたしでも、ちょっと観たくなる。
そしてこれは多くの高知県民の本音であると思う。
そしてさらに言えばこの感情は、「外国人に対する日本人の排他性」とはまた異なる次元のものだと思う。

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 28

コメント 2

いっぷく

>少なくとも大人になってからは、「自分の誕生日」など祝ってほしくないし、バースデイパーティももっての外である。

私も祝って欲しいと思わないし、ずっと祝ってもらったこともないですね。家族にも「しなくていい」と言っています。人間はたかが猿が進化しただけの生き物なのに、何様と勘違いしてるんだとおもいます。
ブログで、普段、巡回しない人が、めずらしくナイスを押していったので、なにごとだろうとおもって見に行ったら、わざわざ誕生日を宣言してて、「おめでとうございます」のコメントを欲しがっていることがたまにあります。しかも、本人ならまだしも、その人の息子の誕生日とか。しるかよ、そんなもん(笑)
面識がないか、あってもオフ会でうわべの交流しかない人に祝ってもらうのがそんなに嬉しいか、祝辞コジ×みたいなことするなよ、とおもいますね。
私自身は、自分も息子についても誕生日を明かしたことはありませんが、仮に明かしたとして、私は息子のことをブログで書いてるし、ネットを通じて善意の祝辞があったとしても、それはありがたく受け止めます。でもそれを宣伝する目的の記事を書いたり、ふだん巡回していないところまでナイスをばらまいたりなんて考えられません。
もっとも、私に敵意を持っているSo-netブログユーザーはおられるようで、たとえば私が息子のことを書いても絶対にコメントを書かず、他の人のお子さんの他愛ない話には熱心にコメントを書いている人もいます。
最近では、私の息子についての記事にはナイス自体がなく(そもそも読んでないか、評価しない)、それでいて私の記事やコメントがお気に召さないかのような示唆をよそでされている方もおられるので、まあ、それは私の不明を恥じるところでもあるかもしれませんが、私は家族については今後も「障害のリハビリ」以外の情報は書かないつもりです。
行事については、誕生日だけではなく、私は結婚式も葬式も否定しているのですが、それを書くと上記の3倍ぐらいの字数になるので(笑)、それはまた機会を見て書かせていただきますます。

>メディアは次のネタを見つけるのに躍起になっているに違いない。

レスリング、アメフト、そしてボクシングと続いてますが、次は何でしょうね。

>高知では放送してなかったかもです(笑)

テレビ東京になってだいぶかわりましたが、東京12チャンネルの時代ですから、ネット局は少なかったと思います。

>『タモリ?楽部』はこちらでは放送が始まってからすぐ終わりました(笑)。

俗悪とも思わなかったのですが、オープニングでお尻をふるところがまずかったのでしょうか。

>ただこの『プレイガール』、馴染みのない女優がかなり出ております。と言いますか、22人の中で、知っている人の方が少ないですね。

そうでしたか。東映でくすぶっていた女優や、番組が登竜門になったもともと無名の人もいますが、戸川昌子はシャンソン歌手で作家、沢たまきは歌手ですし、應蘭芳や緑魔子ももう売り出していたとおもいます。宮園純子は、もうこのときは水戸黄門で風車の弥七の女房役をやっていたと思うのですが、彼女は番組でもヌードにはならなかったし、顔が大きくて洋服があまりにあわないし、レギュラーの中ではちょっと異質でした。西尾三枝子は、番組の宣伝もあってマイティ井上と結婚しましたがすぐに離婚しましたね。ほぼ偽装だと私はおもっているのですが、新間寿は藤波辰爾にもその手を使おうとしたらしいですが、そうならなかったのは、また藤波がコンニャクぶりを発揮して、イエスと言わなかったのかもしれませんね。
by いっぷく (2018-08-10 04:30) 

hana2018

振り返って見て自身の30歳の誕生日は、それがプレゼントで良い、たまには独りぼっちにさせてくれ!状態でした(笑)
今の30歳は見た目だけでなく、中身も若いですからね。
・・・そう言えば家も私の誕生日は祝ってもらっているのに、夫の誕生日は好きなものをテーブルに並べるくらいで済ませてしまっているような。
テレビを点ける気持ちも失せる、山根会長ネタ。
どれだけ語彙が少ないのか、頭の中身が少な目なのか、数日間にわたって放送されたインタビュー内容、会見内容共に同じ。
それを延々放送し続ける・・・テレビの世界って本当に懲りないなぁと、今更ではないですけれど。
山根の次は尾長氏でしょうか。
マスコミは左寄りの方が多いから、退任もせず亡くなってしまったと言うのに大いに持ち上げています。
by hana2018 (2018-08-10 23:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。