So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●『news zero』でタモリ、珠玉の言葉、「好きな女性に叱られたい」~そして炎上の落合陽一という人物の父が『スーパードライ』落合信彦だという事実を見逃してはならない! [「言葉」による革命]

●『news zero』でタモリ、珠玉の言葉、「好きな女性に叱られたい」~そして炎上の落合陽一という人物の父が『スーパードライ』落合信彦だという事実を見逃してはならない!

末尾ルコ「メディア批判で、知性と感性を鍛えるレッスン」

有働由美子アナウンサーについては、米国へ行く前は嫌いであって、帰国後自虐ができるようになってからは(まあ、悪くないか)と思うようになったけれど、もちろん「好き」とは言い難い。
『news zero』という番組も早い段階で櫻井翔や桐谷美玲を「キャスター」と称して使い、「ニュース番組」を「ニュース番組でないもの」にさせていく原動力(笑)の一つとなった番組であるから「好き」とは言い難い。
けれど10月2日放送分を観たその理由は珍しくタモリが出演していたからで、有働由美子アナと対談をしたのである。
そして(さすがはタモリ!)の話の内容で、(観てよかったっと!)といったところだった。
一部ネットでは、この時にタモリが、「頑張らないことが大事」と言ったことが取り上げられているが、わたしがおもしろかったのは、

「講演会や対談などはお断りしているが、そういう姿勢だと余程〈深い考えがあるのだろう〉と思われるけれど、ぜんぜんそんなものない」

という意味の話だ。
昨今、お笑い芸人などが「ご意見番」を気取る風潮が強まっているが、そうした人間たちとは真逆の、タモリならでは余裕に感じた。
さらに、
「好きな女性には叱られたい」と言って、有働アナに叱らせるとか。
その舌の根も乾かないうちに、
「最近は褒められたい」と言い出すし。
こういうのを「文化度が高い」と言って間違いないだろう。

あと、『ミュージックステーション』のエピソードとして、

「歌手は皆、スタジオで歌うのが苦手」

という言葉もシンプルだけれど、タモリが語ると深みがある。

ところでわたしは当日の『news zero』、録画してタモリのところだけ観たのでよく分からなかったのだが、コメンテーターとして出演していた落合陽一という人物が、「下駄ばき」&「態度ワルッ!」などの理由で炎上していたそうなのである。


わたし全然知らなかったのだけれどこの落合陽一という人物、メディアアーティスト、Pixie Dust Technologies.Inc CEO、筑波大学 准教授・学長補佐といった肩書を持っているそうではないか。
まあわたしは「下駄ばき」&「態度ワルッ!」のシーンは見てないし、知ったばかりのこの人をすぐにどうこう批評することはできないが、しかし「父親が落合信彦」だという事実を見つけ、つい心で(うふふ・・・)と笑ってしまった。
なるほど、あの『アサヒ スーパードライ』の落合信彦のご子息なわけですねえ~。
落合陽一という人物に賛否を書き込む前に、「父があの偉大(うふふ)な落合信彦」という事実を見逃していては片手落ちとなるだろう。

nice!(26)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 26

コメント 1

いっぷく

芸能人のご意見番ですか。なんかあると必ず出てくるのが、フィフィ、カンニング竹山、小籔千豊、和田アキ子、松本人志、あと誰でしょう。美川憲一はマツコが出てから出番がなくなりましたね。でも視聴者の一部が芸能人の「ご意見」をありがたるのはホント情弱だなとおもいます。飲み屋のホステスなどが、客に話を合わせるために政治やスポーツに広く浅く知ってるのを「賢い」と思うのと同じですよ。
私はカンニング竹山の場合、「本職」について「キレ芸」といわれることも「そうか?」とおもいます。あればつっけんどんに乱暴な言い方をしているだけで芸ではありません。
キレ芸というは、特捜最前線の大滝秀治のような演技を言うのだとおもいます。
最初はセリフが棒読みになる。といっても関口宏の弟とは違い、棒読みでない言い方はできるのに棒読みにする。そしてだんだん早口となり、句読点を飛ばして続けていうようになり、そして声か裏返る。「おー、沸点間近だな」と見るものに思わせてから爆発する。キンチョーのCM で、岸部一徳に「つまらん」と怒鳴っているのがありましたが、あれはそうなる前のプロセスが大事なんですけどね。
カンニング竹山にはそういうのがまったくなくて、普通に話していていきなり怒鳴るから、その変化が笑うところらしいのですが、私は、そういう「タメのない笑い」は刹那的で、それこそ「つまらん」とおもいます。
落合陽一についは、最近はマスコミの情報量が足りないのか、名前だけは聞いたことありますが、どんな人物なのかとか、ネットで叩かれていることなどは知りませんでした。しかし准教授で学長補佐というのはバランスの悪い肩書ですね。落合信彦は噂の真相で叩かれていましたね。落合信彦の文章は、なんかガラの悪いことを気取っているような文章だったので熱心に読もうとは思わなかったですね。

>もんのすごい必殺技ですよね
絶対にフォールを取れる技なので「もんのすごい必殺技」に違いはないですね。ビル・ロビンソンなどは、「それで気を失ったために試合が終わってないと勘違いする」芝居までやってましたから。ちなみにあの技を一番見栄え良く受けているのは、やはりハーリーレイスでしょうね。思いっきり体浮かせてますし、そのまま頭から落ちてますからね。外国人レスラーの中には待遇で馬場を褒める人はいますが、レイスはほんとに馬場といい関係だったんだなと、あの受けっぷりを見るとおもいます。

>健康を損ねた経験のない人、挫折を経験したことのない人などの中には、実に浅いものの見方しかできない人がいますし、傲慢な人間もしばしばおります。

以前、足に障害が残る人が私のブログを見に来ていたのです。それで私の記事で、長男が尖足を直して足を真っ直ぐにするリハビリをして普通に歩けるようになった記事を書いた時、自分は足が悪いからその道具を使えないのに当てつけか、みたいなコメントを書いていました。
私はてっきり、自分が障害者になることで、他の障碍者の事情や心境を積極的に理解しようとかるのではないかと性善説でおもっていたのです。でも、そういうひとばかりではないようで、自分の不幸を呪い同情は乞うのですが、他の障碍者の立場や気持ちなどは知ったことではない人もいるわけです。
発達障害にしても、自閉とアスペルガーとADHDの総称ですが、たとえば自閉の子の親に、自分のとこの障害こそが重いもので、アスペルガーなんて知ったこっちゃない、という人がやはりいます。
私は、障害者になったからこそ障碍者のことがわかるだろうに、何てもったいないことよ、と思うのです。そういう意味で、羅心盤は、たとえば異なった障碍者、もしくは健常者と障碍者と両方含まれているメンバーでやっても面白いとおもいます。
もっとも、世の中にはせこいやつがいて、他者の悩みや弱点は聞き耳立てるくせに、自分のことは一切明かさない奴がいますからね。そんなのとは羅心盤に限らず何もしたくないですね。
by いっぷく (2018-10-05 05:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。