So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

●『外国人レスラー最強列伝』を読みながら気づいた、ミル・マスカラスと棚橋弘至の共通点~安藤サクラ『まんぷく』に「愛人タイプ」とされる橋本まなみが。 [「言葉」による革命]

●『外国人レスラー最強列伝』を読みながら気づいた、ミル・マスカラスと棚橋弘至の共通点~安藤サクラ『まんぷく』に「愛人タイプ」とされる橋本まなみが。

末尾ルコ「肉体美と女優論の話題で、知性と感性を鍛えるレッスン」

門馬忠雄の『外国人レスラー最強列伝』でも取り上げられ、「相手レスラーに合わせない」と語られていたミル・マスカラス。
エピソードとして、スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディとのタッグマッチで、これまた我が儘レスラーの代表選手の一人であるブロディとまったく手が合わず試合にならず、
結局ハンセンがマスカラスの腹を蹴ったとかどうとか・・・こんな話を読むとマスカラス観たくなるし。

などと書きながらわたしはミル・マスカラスの肉体を頭に浮かべ、以前にも書いたけれど、その膨らんだような筋肉のつき方はナチュラルとは程遠く、気に入っていなかった。
そこでふと、しかしかなり強烈に頭に浮かんだのが新日本プロレス 棚橋弘至の肉体だ。
今、プロレスラーの中で「肉体美」と言えば、「棚橋弘至」となるようで、どのような交渉があったかは知らないが、国立西洋美術館で開催された展覧会『ミケランジェロと理想の身体』でも「自慢の肉体」を披露したというではないか。(いつもお世話になっております『戦後史の激動』(https://sengoshi.blog.so-net.ne.jp/)のいっぷく様に教えていただきました。いつもありがとうございます)

棚橋の「肉体美」についてはわたしの考える「美」とはやや異なっている点も以前から書いているが、マスカラスについてのエピソードを読んでいて、(この二人の肉体は似ている)と思い当たった。
どちらも背は高くなく、筋肉の質が「膨らんでいる感じ」、そして特に大胸筋を含めた上半身の横幅が広い。
そして二人ともわたしの中ではもう一つ、「美しい肉体」というのではないのだな。
では誰が?

日本人レスラーではやはりアントニオ猪木です。
全盛期の猪木の肉体、筋肉の付き方は、理想的なバランスではないか。
ボディビルで作り上げたような不自然さがまったくない。
猪木がどれだけ強かったかについてはいまだ議論の余地があるが、全盛期のあの肉体の機能美とも言える見事さは外国人レスラーの中にも簡単には見つからないだろう。

・・・

この秋はNHK朝ドラマ主演が安藤サクラの『まんぷく』となり、しかも共演が、長谷川博己、桐谷健太、橋爪功、松坂慶子ら一線級が多く、しかも「インスタントラーメン発明」がテーマだというので、「熱心に」とまではいかないけれど、ある程度は観てみようと思っている。
キャストの中に橋本マナミが入っているけれど、この前何かのトーク番組で、「わたし自身は誰かの愛人になったことないのに・・・」とか、自らの「愛人イメージ」について述べていた。
芸能界にいて現実に「愛人になってくれ」といったお誘いは、特にまだ売れてない頃に多いとか、金持ちの老人からそのようなオファー(笑)を受けたことがあるとか、まあしかし、生活の中に「愛」が無ければ、究極的には空虚に襲われるものなのだが。



nice!(22)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 22

コメント 1

いっぷく

マスカラスが自分勝手なのは、レスラーみんな口にしていますね。以前書いたかもしれませんが、マスカラスとソリタリオのコンビが馬場と坂口組だったかのタッグマッチで、馬場の痛め技でソリタリオが本当にのびちゃったのに、マスカラスは助けないで試合を終わらせてしまったという話。
馬場は好き嫌いが激しいですが、そんなマスカラスでも使ってましたから、リアリストだったとおもいます。

猪木の体というと、このへんでしょうか
http://www.showapuroresu.com/collection/japan/710206.jpg

誰かに憧れて体作っていたと「当然プロレスの味方です」のインタビューで言ってましたが、たぶんこの頃でしょうね。
馬場はこの頃はすでに肉が落ちつつあるのはともかくとして、同情スべき点は、この人は扁平胸なんです。人体の断面は肋骨が体を覆うようにできていますが、それが凸ではなく平べったくつぶれたようになっていて、筋肉をつけても大胸筋がきれいに出ないのです。ただ肋の下骨が漏斗胸になっていないだけ「軽度」だと思いますが、力道山時代の体はまあまあ見られましたが、ちょっとトレーニングをサボると骨が出てきちゃうんですね。
実は私も扁平胸なので、中学ぐらいからは学校時代もプールはなるべく休んでいました。
それで克服しようとしてエキスパンダーとか頑張りましたが、陥凹から盛り上げるというのは大変なので挫折しました。馬場が腕が細いように見える一因として、扁平胸もあるとおもいます。胸板が薄くて広く見えるので、相対的に腕は細く見えてしまうのです。
扁平胸はレスラーでは馬場以外お目にかかったことはありませんから、扁平胸の人ははじめからレスラーは目指さないんでしょうね。

>橋本マナミ

橋本マナミが出るんですか。正直、橋本マナミは壇蜜よりはマシですが、個人的には妄想ができません。目がどうも惹かれないのです。そうですね、昔東映のお色気で池玲子がもてはやされたときも、まあ温泉みみず芸者などはたしかにすばらしいお体なのですが、やはり今ひとつ熱中できない目でした。
ただまあ、出身が山形の富沢学園ということなんで、少し好意的に見ようかなと(笑)私の母の姉妹はみんな高校は富沢なんです。昔は田舎だから私立は富沢含めて2つぐらいしかないような話でしたね。今はもっと選択肢あると思うのですが、女子プロレスの井上京子も富沢です。どうも偏差値低そうですね(笑)
by いっぷく (2018-10-08 05:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。